猫は追いかけっこが大好き!その理由と遊び方

猫は追いかけっこが大好き!その理由と遊び方

今回は、猫とする追いかけっこの遊び方や追いかけっこをする理由について紹介したいと思います。猫と遊ぶ=おもちゃだけではないことを知っていますか?猫同士でよく見られる「追いかけっこ」、実は飼い主さんと猫でも出来るんです。

3725view

猫は追いかけっこが大好き

蝶を追いかけている猫

猫と目が合った瞬間、猫が猛ダッシュで走り去ること、ありませんか?
猫は追うのも本能なので当然好きなのですが、追われることも好きなんです。
なので、急に走り去ったらそれは「追いかけっこしよう」の合図かもしれません。
猫との追いかけっこは猫のストレス解消に一役買ってくれますし、飼い主さんと猫のスキンシップにもなるので、猫が「追いかけっこしよう」と誘って来たら出来る限り気持ちに応えてあげましょう。

猫が追いかけっこが大好きな理由

ネズミを見ている猫

猫にとって追いかけっこは遊びのひとつです。
追うことで狩りのように「捕まえてやるー」と燃えて必死に追いかけようとしますし、追いかけることで大好きな飼い主さんと遊んでいる、楽しさを共有しているという気持ちになるのでとても喜びます。

猫との追いかけっこの遊び方

ハチを見ている猫

ポイントは4つあります。

  • 追う、追われるを交互に
  • 走ったり立ち止まったり多彩なアクションを入れる
  • 隠れる際は完全に姿を隠さない
  • 10分を目安に

追う、追われるを交互に

追われ続けるのが好きな子もいますが、追いかけられっぱなしだと本能的に恐怖を感じてしまうこともあるので、追う、追われるを交互にしてあげます。
追われるときは、猫じゃらしやリボンを使って興味をひきましょう。

走ったり立ち止まったり多彩なアクションを入れる

追いかけっぱなしよりも、急に立ち止まってじらしてみたり、かと思えば急に追いかけたりする方が喜びます。隠れたところから出ていくのも良いですよ。

隠れる際は完全に姿を隠さない

隠れる時は、猫から見てここにいるというのが分かるように顔だけ出す、または目の前で隠れてわざと居場所を教えてあげるなど、手加減してあげましょう。

10分を目安に

猫は長いこと遊び続けると疲れてしまうので、10分を目安にして遊びましょう。
成猫は疲れるとその場で横になったり走るのをやめたりするので分かりやすいですが、子猫の場合は疲れていても無限に遊ぼうとします。
子猫には、10分遊んだら休憩、また10分遊んで終わりにすると機嫌が良くなりますよ。

猫の追いかけっこの気をつけること

ネズミとにらめっこ中の猫

要注意

猫と飼い主さんの追いかけっこでは、上記にもあったように追い過ぎないことが重要です。
追い過ぎることで「追いかけっこ」から「追いかけまわす」になりかねません。
場合によっては人間不信になったり、ストレスをためて病気になったりしてしまうこともあるので注意しましょう。

別名、「大運動会」と言われる猫同士の追いかけっこですが、お互い代わりばんこで追って追われてをしているようなら問題はありませんが、片方が執拗にもう片方を追いかけまわしている状態が続くようであれば要注意といえます。

意外に大丈夫

逆に、人間から見ると「ウー」と唸っていたり、「シャー」と怒っていたりすると、仲が悪いのかな?喧嘩しているのかな?と思いがちですが、猫たちにとったら遊びの延長で激しくなりすぎたくらいですので心配しなくても大丈夫です。
本当に仲が悪いとそれこそ「血を見る争い」なので、すぐにわかります。

まとめ

シャボン玉で遊んでいる猫

猫の追いかけっこに付き合うのは体力的に疲れるかもしれませんが、これも大事なコミュニケーションであり、猫にとってはストレス解消にもなります。
多頭飼いの場合、猫同士で追いかけっこしてくれるから楽だなーなんて思うかもしれませんが、夜中に大運動会をしている時は遊び足りないということでもあるんです。

ですので、寝る前など時間が出来たときは飼い主さんの方から追いかけっこに誘ってあげてみて下さいね。きっと愛猫ちゃんは瞳をキラキラさせて喜ぶこと間違いなしです。

スポンサーリンク

人気のキーワード