猫が作業中の飼い主の腕を押さえる理由4つ

猫が作業中の飼い主の腕を押さえる理由4つ

集中して作業に当たっているとどこからか猫がやってきて、はっしと腕を押さえる…「作業できないやん…」でも叱ることも無下にすることもできず、固まる飼い主さん。そんな光景が日本中の猫がいるお宅で繰り広げられていることでしょう。さてどうして、猫は飼い主さんの腕を押さえてくるのでしょう?

557view

1. 撫で要求

腕を押さえつける猫

「撫でて〜!」と飼い主さんの腕をあのキュートな前足で押さえ、要求することがあります。ホント、自分が可愛いことを分かっているとしか思えない行動。「こうすれば、飼い主さんはメロメロだにゃ」確信犯的な匂いさえ漂ってきます。

あんな可愛い前足で押さえつけられたら、思わず作業の手を止めてしまう方は多いでしょう。更にまん丸お目目で上目遣いされたら、イチコロです。心を鬼にして耐えるか、それとも屈してしまうのか…。できればちょっとでも撫でてあげた方が、猫は満足するようですが。

2. 狩り

飼い主の腕を狩る猫

作業の内容によっては、腕が獲物のように見えることもあるでしょう。そんな時は眼光鋭く、ハンターの目をして挑みます。パシッと前足で押さえられた腕、どうしたら良いのでしょう?

そのままにしていたら、猫にかじられてしまうかもしれません。早々に腕を引くのが、おすすめです。避けた後も狙ってくる可能性がありますが、ケガをしないようご注意ください。

飼い主さんの腕を狩ろうとするのは決して悪意があるわけではなく、本能なので許してあげましょう。いわば勝手に体が動いてしまうのです。猫が悪いわけではないので、叱らないであげてください。

3. もうやめてこちらを構うにゃ

構って欲しい猫

作業に夢中でいつまで経っても飼い主さんが構ってくれないことに、痺れを切らしたのでしょう。強行手段に出ます。

飼い主さんの腕を押さえつけ、「そんなコトよりこちらを構うにゃ!こっちのが大事だにゃ」と訴えかけているのでしょう。振り向いてくれないことで邪魔をしてくることはありがちな行動。

「忘れちゃったのかな…?」と不安を感じるようです。または、「私を無視するにゃんて、プライドが許さないにゃ!」との憤りで、邪魔猫になってしまうよう。ですから多少は構って、猫の存在を忘れていないことを伝えてあげてください。

4. 甘えている

手を押さえる猫

もし子猫が作業中、腕を押さえてきたらそれは、甘えているサインです。母猫のように慕っているのでしょう。「遊ぼう!」と無邪気にじゃれている時もあります。

猫は基本的に人の都合を考慮しませんが、子猫となるとその傾向は更に強まります。飼い主さんが何をやっているかなど分からず、ただ本能だけでじゃれついてくるでしょう。

可愛い子猫の時期はすぐに過ぎ去ってしまいますから、少し作業の手を止めて一緒に遊ぶのも、おすすめです。どちらを優先するかは、状況次第でしょうが。でもできれば、思う存分子猫の時期を満喫させて貰うのも、アリだと思います。

まとめ

腕をつかむ猫

作業中の飼い主さんの腕に絡みついてくる猫は、とにかく構って欲しい!大好き!という気持ちが溢れているのでしょう。いつも意識しておいて欲しい、と思っているのかも。そんな可愛い猫のわがまま、たまには叶えてあげてもバチは当たりません。

毎回毎回手を止めているとそれが当たり前になり、ことあるごとに腕を押さえてくる可能性がありますのでたまにでOKです。猫との絡みを、楽しみましょう!

スポンサーリンク