飼い主の席を横取りする猫の気持ち4つ

飼い主の席を横取りする猫の気持ち4つ

猫から席を横取りされることはありませんか?猫が席を横取りする時には様々な状況があります。嬉しいのですがちょっと困ってしまう、猫の可愛い行動について少し考えてみたいと思います。

825view

1. 座っていた所は暖かいニャ!

ソファに寝る猫

猫は温かいところが大好きですよね!そうなんです、猫は飼い主の座っていた後の温かさから暖をとるために席を横取りする傾向が強いようです。猫の体温は38〜39℃台で人間の36℃前後はほのかな温泉のような温かさなのでしょう。そして人工的な温かさではないじんわりとした感じと、飼い主の匂いに猫も、うっとりとしてしまうのかもしれません。特に寒い季節は猫に席を取られやすい要注意時期ですから、トイレ休憩後は座れないかもしれませんね。

2. 何か楽しい事があるニャ?

身を乗り出す猫

飼い主のリラックスしている場所は「何か楽しいことあるニャ?!」と特別に良い事を感じる愛猫がいるようです。食事をしている椅子も美味しい物を食べられる場所として、認識してしまっているかもしれません。テレビを観て笑っている様子、インターネットをしている状況も猫から見ると楽しそうだなと感じるようです。寒がりな飼い主は膝掛けも置いたりしていて、猫にとって大変に魅力的なスペースなのでしょう。

3. 注目をしてほしいニャ!

媚びる猫

遊んで欲しいニャ、飼い主に構ってほしいニャなどちょっと要求のある猫も飼い主の席を横取りします。ご飯の時間が近づいているから、席を横取りするのかもしれません。何か忘れている事はないか、猫と遊んでいなかったか考えてみてくださいね。もしも心当たりがあればすぐに対処して猫から席を譲ってもらいましょう!

4. 飼い主の席は自分の席だニャ!

主張をする猫

飼い主は猫にとって自分のテリトリーなので「飼い主の居場所=自分の居場所」と思っているタイプは、飼い主の席以外は座らないでしょう。飼い主を親猫と思い甘えているタイプは、飼い主以外の家族の席に座る事が多いようです。飼い主と関わる他の家族へのライバル意識があるのかもしれませんね。

まとめ

なつ

飼い主の席を横取りする猫の気持ち4つについてお伝え致しました。猫が飼い主の席を横取りできるとのは、猫がリラックスしているからなのですよね。猫は自由気ままに好き勝手な様子が一番良いのです。少々飼い主が我慢する位が猫との暮らしはベストなのだと思います!

スポンサーリンク