猫が心を許した時だけにする行動5つ

猫が心を許した時だけにする行動5つ

突然ですが「猫が心を許している相手に見せるサイン」というのをご存じでしょうか。猫は心を許している相手にだけ見せる行動をいくつも持っているのです。今回はとっても可愛らしい「猫が心を許した時だけにする行動」を紹介していきます。

2523view

猫は心を許した時にどんな行動を見せる?

人間にスリスリしている猫

猫と仲良くなりたいのであれば「心を許してくれた時に見せてくれるサイン」を知っておくのも重要です。人間同士の場合は会話によって「心を許しているかどうか」を判断できますが、猫は会話ができないので、猫の様子を見ながら「心を許しているかどうか」を判断しないといけないのです。

本記事では、猫が心を許している時に見せてくれる行動をいくつか紹介していきましょう。

1. 近寄ってくる・後をついてくる

人間と額を合わせる猫

当然のことではありますが、警戒している相手にわざわざ積極的に近寄っていく猫は少ないです。反対に、心を許しはじめたら相手にも近寄ることが増えていく傾向にあります。

また、大好きな相手に対しては「後をついて回る」といった行動を見せることもあるのです。相手のことを母猫のように慕っていたり、信頼している場合、後をついて回る傾向にあるようです。

2. お腹を見せるようなポーズをとる

あおむけで眠る猫

猫にとってお腹は弱点でもあります。警戒している猫はお腹を見せるような行動はとりません。その弱点を堂々と相手に見せるということは「心を許している」といえるでしょう。

お腹を見せながら眠っていたり、お腹を見せて甘えているのは、猫に好かれているサインなのです。

3. 「ゴロゴロ」「ニャーン」といった鳴き声を出す

人間にスリスリしている猫

猫は相手に甘えたい時「ゴロゴロ」と喉を鳴らしたり、高い声で「ニャーン」と鳴くことがあります。このような鳴き声を出している場合も「心を許している」といえるでしょう。警戒している相手に対して甘えようとは思わないですからね。

4. スリスリをしてくる

人間の足にスリスリしている猫

猫は気に入った物や気に入った相手に対し、頭やからだをスリスリとこすり付けることがあります。スリスリとこすり付けて猫は自分のにおいをつけているのです。

においをつけることにより「これはお気に入りの物だから他の人は手出ししないでね!」という猫なりのアピールになるので、このような行動が見られた時も心を許している可能性が高いです。

5. 見つめてくる

見つめる猫

猫は好きな相手をじーっと見つめることがあります。ゆっくりと瞬きをしながら見つめてきたり、目を細めた状態で見つめている場合は「大好きだよ」「あなたに対して敵意はないよ」と相手に伝えている可能性が高いです。

ただし、お互いに瞬きすらせずに、じーっと見つめ合ってしまうと「あなたに対して敵意があるよ」という”喧嘩寸前のサイン”になってしまうので、猫が見つめていることに気づいたら、じーっと見つめ返さないように注意しましょう。

まとめ

とおふ

猫は相手に心を許すと、さまざまな行動を見せてくれるようになります。可愛らしい仕草や鳴き声で反応してくれるようになるので、猫と接する機会がある人はこれを機に、信頼関係を築いてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク