窓の外を見ている猫は外に出たいと思ってるの?

窓の外を見ている猫は外に出たいと思ってるの?

猫が窓の外を観察することは「ニャルソック」なんて呼ばれているように、猫は窓の外を眺めるのが好きですよね。「室内飼いだから、外へ出たいのかな?」と思ってしまいますが、猫はどんなことを思って窓の外を眺めているのでしょうか?

766view

外に出たいわけではないらしい

窓辺に座って外を見つめる子猫

猫ちゃんが窓の外をじっと見つめている後ろ姿を見ると、外の自由な世界に憧れているのかな…と少し不憫な気持ちになってしまうかもしれません。しかし、猫が窓の外を眺めているのは必ずしも外に出たいからというわけではないようです。猫が窓の外をじっと見ることには、

  • 窓の外の動くものに興味がある
  • 縄張りを観察している

の主に2つの理由が考えられます。

窓から見える範囲も自分の縄張り

並んで窓辺に座って外を見る二匹の猫

猫は警戒心が強い動物

猫は自分の縄張りを大切にする動物です。そして猫は警戒心が強く、危険を回避しようとする野生の本能が強いため、自分の居場所である縄張りが「今日も安心安全であること」を望んでいます。そして、危険を察知した際には無事に回避できるよう全力で身構えます。

縄張りのチェックは習性の1つ

室内飼いをしている猫ちゃんは、窓の外に出た経験はないかもしれません。しかし、猫ちゃんにとっては、生活している室内だけではなく窓から見える範囲の外も自分の縄張りである、と認識していると考えられています。自分の縄張りの安全を確認することは猫の習性であるため、窓から外を観察して「危険はないかな?」とチェックしているのです。

地域猫ちゃんが窓の外に来ると…

窓から見える範囲も自分の縄張りだと思っているため、地域猫ちゃんが窓の外に現れることは猫ちゃんにとって"未知との遭遇"です。すでに地域猫ちゃんの出現に慣れていたり、あまり神経質ではなかったりする猫ちゃんであれば問題はないと思われますが、地域猫ちゃんの出現にビックリして興奮してしまったり、威嚇モードになってしまったりすることもあるので注意しましょう。

自宅の窓のすぐ近くが地域猫ちゃんの通り道になっている場合、猫ちゃんが神経質になってしまう様子であれば、その場所を見えないように工夫すると良いでしょう。

窓の外はテレビのような娯楽

ブラインドの外を見る猫の横顔

安全第一、しかし退屈すぎるのもストレス

室内飼いの猫は、活動範囲が限られています。猫は「いつもと同じ」に安心する動物ですが、全く刺激がないことも退屈に感じてしまいます。猫が窓の外を眺めるのは、ごはん、睡眠、遊びの時間以外の楽しい娯楽になっているとも考えられます。

猫にとって窓がテレビ?!

猫の視力は人間よりも弱いのですが、動くものをとらえる動体視力は飛びぬけて優れています。そのため、猫が動くものに興味を持ったり反応したりすることは習性の1つと言えます。窓の外を歩く人、飛ぶ鳥、車など、窓の外の動くものを見ていることは、私たちがテレビを見ているのと同じような娯楽の一種であるという考えもあります。

風、匂い、音も興味深い刺激に

動くものだけではなく、窓を網戸にしていると音や匂いも感じることができます。遊ぶ子供の声、鳥の声、どこからか漂ってくる料理の匂い、風のそよめき…。このような外部刺激を感じることもまた、猫ちゃんにとって刺激となることでしょう。

網戸にする際には、猫ちゃんが爪で網戸を破ってしまったり脱走したりしてしまわないように対策をしてあげてくださいね。飼い主さんが外出する際には窓を閉めておくと安心ですね。また、近くで工事中の場合は、窓を閉めておいた方が大きな音によるストレスを受けにくくなります。

外に出ることがストレスになる場合も

ハーネスをして散歩する黒猫

知らない世界にパニックを起こす恐れ

猫用のハーネスやリードも販売されており、猫ちゃんをわんこのようにお散歩させている飼い主さんもちらほらといらっしゃいます。猫ちゃんに自由に外を歩かせてあげたいという気持ちはとてもよく分かるのですが、外に連れ出すことが猫ちゃんに大きなストレスを与える恐れもあるのです。

猫は警戒心が強く、野生の臆病さを持っている動物です。自分の縄張りを大事にするという習性もあり、自分の知らない外の世界に置かれるとパニックになってしまうことがあります。そして、猫を外へ連れ出すことは脱走や感染症、ノミやダニなど、リスクの方が高いのです。

猫は外に出なくても満足できる

基本的に、猫に散歩は必要ありません。それは、犬と猫の進化の歴史に理由があります。犬と猫はもともと、4800万年前まで森に生息していた「ミアキス」という同じ動物を祖先に持ちます。やがて、森に住み続けた方が猫へ、食料を求めて平原に進出していった方が犬へと分岐していきました。

このことから、犬の場合は適度な範囲を歩いたり走ったりすることが欲求としてあるのですが、猫は広範囲を歩くことよりも「上下運動」の欲求が満たされていることの方が重要です。そのため、猫の場合は犬のようなお散歩をしない代わりに、キャットタワーがあると運動不足やストレスの解消となります。

まとめ

虎(トラ)

我が家の猫たちも、日中は各々で窓の外を眺めています。猫がじーっと見つめている視線の先を追って、猫が何を見て興味を持っているのかを私自身も観察してみたり、少し遠くに止まったカラスを見て「ケケケ!カカカ!」と反応している姿に驚かされたりしています。

猫が窓の外を眺めるのは外に出たいというわけではなく、窓の外の安全を確認したり外部刺激を娯楽として感じたりしていると考えられています。逆に、猫を外へ連れ出すと大きなストレスとなる恐れがあり、脱走や感染症などのリスクの方が高いです。

猫ちゃんたちはたとえ外へ行けなくても、室内の生活環境が整っていて、窓の外をのんびり眺めることができれば十分満足できますので、安心してくださいね。

スポンサーリンク