猫が上目遣いをする意味と心理

猫が上目遣いをする意味と心理

猫が上目遣いをするのには実はきちんとした理由があるのです。この記事では、上目遣いを中心に猫の視線とその意味について紹介します。

1522view

猫が上目遣いをする理由・訴えていること

猫

猫が飼い主を見ながら上目遣いをしている時

  • 親しみや甘えを伝えている
  • ごはんが欲しい時に上目遣いをする
  • 遊んでほしい時に上目遣いをする

ふと気がつくと、飼い猫がこちらをじーっと上目遣いで見ていたという体験をしたことがある飼い主さんも多くいますが、この上目遣いにはきちんとした理由があります。

猫が飼い主さんを見ながら上目遣いをしている時は、親しみや甘えを伝えようとしています。ごはんが欲しい時や遊んでほしい時などに、飼い主さんにその旨を訴えようとしているのです。

お皿をみた後上目遣いをする

  • お腹が空いた時に上目遣い
  • 甘えたい時に上目遣い

ごはんのお皿を見つめたあとに飼い主さんを上目遣いで見つめてくる時は、お腹が空いたことを表している可能性が高いです。また、ゴロゴロいいながら飼い主さんにすり寄ってくる時は甘えたい気持ちを表現している可能性があるので、かまってあげることをおすすめします。

上目遣いをしながらしている仕草

  • 飼い主の服の上で寝ながら上目遣いをする
  • 飼い主の顔に手を置きながら上目遣い
  • 飼い主の背後に回って上目遣い

上目遣いの他にも、飼い主の服の上で寝る、顔に手を置くなどの行動をしながら、上目遣いをしてくる時は甘えたい気持ちや、好意を表しています。

また、上目遣いをしながら飼い主の背後に回る行為も、猫から好かれている証拠です。基本的に、猫は真っ正面を向いて見つめあうことを苦手としています。そのため、真っ正面とは真逆である背中側に回るという行動は、敵意がないことを表現しています。

このように、飼い主さんに対して上目遣いをしてくる時は基本的に好意を表しているので、猫に見つめられた時はそれに応えてあげましょう。

猫が上目遣いをしている相手が面識のない猫の場合

逆に、猫が面識のない人を上目遣いをしながらじーっと見つめてくる時は、様子を伺って警戒している可能性があります。

信頼関係がある人なら見つめあっても問題ないのですが、基本的に猫にとって視線を合わせることは、ガンを飛ばしていることになり、敵意を表します。

そのため、初めて知り合う野良猫などが上目遣いだからといって、目を合わせてしまうと威嚇されてしまうので注意しましょう。

上目遣い以外の猫の目線と気持ち

流し眼の猫

猫は上目遣い以外にもさまざまな視線の動きを見せる生き物です。上目遣い以外の視線の動きについて、以下の項目で紹介します。

猫が何もない場所を見つめている

何もない場所をひたすら見つめているといった行動をみせる猫は少なくありません。「猫が何もない場所を見つめているのは、そこに幽霊がいるからだ」といった意見をよく耳にしますが、実はこの行動にもきちんと意味があるのです。

このような行動を猫が見せている時は、何かの音を聞こうとしている時です。猫は人に比べてはるかに耳が良く、人間の聞こえない音まで聞くことができます。そのため、かすかな音でも反応して、音がする方を見つめながら聞き取ろうとしているのです。

猫が目をうっとりと細めている

猫を撫でている時や、猫が日向ぼっこをしている時にうっとりと目を細めることがあります。これは表情からみて分かる通り「心地よい」といった気持ちを表しているのです。

飼い主さんが猫を撫でたり、触ったりしている時にこのような視線をした場合は、飼い主さんを信頼しており、リラックスしているといえるでしょう。

猫が目をそらす

猫を叱った時や、猫に罪悪感がある時に、飼い主さんから目をそらすことがあり、これは反省の意味が込められているのです。

猫同士が喧嘩する際、お互いの顔を見つめあう習性を持っていますが、戦いたくない時や降参したい時は、相手から目をそらし、敵意がないことを表現します。

そのため、飼い主さんから目をそらす時は敵意がないことを表しており「参りました」「すみません」などの気持ちを表現していることもあるのです。

猫がTVやパソコンを見つめる

TVを見ている時や、パソコンで作業している時に、猫が一緒になって画面を見つめてくることがあります。これは、画面の中のものに猫が興味を示している証拠です。

特にTVやパソコンの動画などで、人や物が動いている時に興味を示す猫が多く、中には、動いているものに対して、猫パンチを繰り出す猫もいます。

まとめ

猫の顔のアップ

猫の上目遣いを中心に、猫の視線の動きについて紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

猫は上目遣いをするなど気分によってさまざまな目の動きを見せてくれます。猫が飼い主を見ながら上目遣いをしている時は甘えている時。お皿を診た後上目遣いをするのはお腹がすいている時などの意味がありましたね。

身近に猫がいる時は、目の動きを細かく観察してみるのも面白いのでおすすめです。

人気のキーワード