猫が睨むのは怒っている?気持ちや心理

猫が睨むのは怒っている?気持ちや心理

猫ちゃんは表情豊かで見ていてとても楽しいですが、そんな中で睨む姿を見たことはありませんか?「えっ?怒っているの?」と何か悪いことをしてしまったかと愛猫にドキドキしてしまったなんて経験ありませんか?確かに怒っている時に睨むこともありますが、必ずそうだとは言い切れません!今日は猫ちゃんが睨む意味について考えてみましょう。

2207view

猫は怒っている時に睨む?

睨むように見る猫

確かに怒っている時に睨むこともありますので、怒っている時に睨むかと聞かれれば「YES」ということになります。

でも猫が睨む理由には怒っている以外にも意味があります。まずは猫がどんな時に睨むのか見てみましょう。

猫が睨むタイミング

うたたねする猫

猫が恐怖を感じている時に睨む

猫は何か驚いた時、目を丸くして固まる姿を見たことがあると思いますがその後なにもないことに気づいて目を細めて睨むことがあります。

これは睨む事で怒っているというよりは「なんだよ、びっくりしたな~」という感情です。人によっては怒っているともとれるかもしれませんが猫にとってはゆっくりしているところを邪魔されて面倒だという気持ちです。

猫が眠い時に睨む

人間も眠い時に睨むような目つきが悪くなることってありますよね。猫ちゃんも一緒で極限に眠たい時は睨むように目つきが悪くなりがちです。

もちろん、もともと可愛いタイプの猫ちゃんや子猫なら「眠そうで可愛い!」ということになりますが、少しふてぶてしいタイプやもともと目つきが悪いタイプの猫ちゃんなら、眠くて目を細めている姿が睨むように見えることもあります。

猫が要望を訴えている時に睨む

「お腹すいた」「寒い」「暇」という要望を訴えるために飼い主様を見つめている姿が猫ちゃんによっては睨むように見られることもあります。

しかしこの場合は猫ちゃん自身睨むつもりはなく、むしろ信頼している飼い主様に要望を無言で伝えている仕草なのです。

元々目つきが悪い猫ちゃんが睨むようにジッと見つめてきたら何かを訴えていると思って優しく聞いてあげるようにしましょう。

猫が気になるものがある時に睨む

人間では気づかないような小さな音や、小さな虫に目を細めて集中して見ている時の姿が睨むように見えるときもあります。

人間だって集中している時や何かを考えている時眉間にしわを寄せて睨むような表情になることありますよね?それと同じです。

睨む以外で猫が怒っている時の仕草

怖がる猫

猫ちゃんにとって睨むことは=怒っているということではないのですが、それでも睨んでいる時は怒っている時に見せる仕草だといえます。

では猫ちゃんが本当に怒っている時、睨む以外にどのような仕草をみせるのでしょうか?

威嚇

睨みながら「シャー」「ウー」とうなり声をあげ威嚇していたら間違いなく怒っています。睨むようにこちらを見つめているようにも見えます。

この威嚇している状態はまさに臨戦態勢なのでむやみに手を出すと引っかかれたり噛まれたりする可能性がかなり高いです。この状態の時はそっとしておくようにして、落ち着くまでジッと待っておきましょう。

尻尾が膨らむ

尻尾をたわしのように膨らませているのは興奮している時に見せる仕草です。何か獲物を見つけたときや、楽しいことがあったとき、喜んでいる時にもたわしのように尻尾が膨らむことはあります。

しかし睨むような顔で尻尾を膨らませているときは間違いなく怒っているときです。何か怒らせるようなことはしていないか考えてみましょう。

撫でている手を見つめる

  • もう撫でられたくない
  • やめてほしい
  • これ以上触らないで

膝の上に座った猫ちゃんを撫でている時、急に愛猫が撫でている手を睨むことってありませんか?これは最初は撫でられていることが気持ちよかったけど、もう撫でられたくない、やめてほしい、これ以上触らないでという猫ちゃんからのサインです。

そのサインに気づかないで撫でつづけていると急に怒って手に猫パンチや噛みつかれたりします。気持ちよさそうにしていたとしても、猫ちゃんのそのサインを見逃さないようにしましょう。

高いところから見下ろすように睨む

猫ちゃんは怒っている時に人の手が届かない高いところから睨むという仕草を見せることがあります。これは猫を叩いてしまった時や何か猫に痛い思いをさせてしまった時によく見られる姿です。

これ以上何かされないように、高いところに登って飼い主様の手の届かないところに避難しているのです。

また人見知りの猫ちゃんなら知らない人が自分の縄張りであるお部屋の中に入ってきた時も、侵入者をみるような目で睨みつけます。そのような行動が見られたら猫ちゃんのご機嫌をとってあげるようにして許してもらいましょう。

猫が何もない所を睨む理由

テーブルクロスから覗く猫

猫が何もないところを睨むことってありませんか?これはフェレンゲルシュターデン現象と呼ばれるもので、猫は不思議な力があり霊の姿が見えている。

そのため何もないところを見つめている時は霊を見つめているのでは?ということからこの現象を発見し、研究証明したシュターデン博士とその愛猫フェレンゲルの名前から命名されたのです。

というのは真っ赤な嘘です。

驚いた方は申し訳ございません。このフェレンゲルシュターデン現象というのは某巨大ネット掲示板にて投稿された嘘の話が、あまりにも本当っぽかったのでこの話が一人歩きしてしまったことで本当の現象のように広まってしまったのです。

もう一度言いますがフェレンゲルシュターデン現象なんてものはありませんので安心してください。

実際の所、猫ちゃんが何もないところを見つめる理由は、猫の耳は人間の10倍もいいので人間では到底聞こえないはるか遠くのエンジン音や生活音や話し声に反応してその方向をジッと睨む言われています。

特にマンションだと上の階の生活音や物音が気になって何もない天井を見つめているのでしょう。

まとめ

睨む子猫
  • 猫が恐怖を感じている時に睨む
  • 猫は眠い時に睨む
  • 猫が要望を訴えている時に睨む
  • 猫が気になるものがある時に睨む

今回は猫ちゃんが睨むことについてご紹介しました。

睨む意味は様々ありますが、やはり怒っている時に睨むのが多いようです。

またあまりかまってあげなかったり、帰りが遅くて寂しがらせちゃったりすると睨んでくる猫ちゃんも多いようです。

ふと視線を感じた時に猫ちゃんがこっちを睨んでいることに気づいたら怒っているのか何かを訴えているのかを察するようにしましょう。

人気のキーワード