愛猫に無視されるとき、考えられる原因4つ

愛猫に無視されるとき、考えられる原因4つ

愛猫に無視される場合、いったい猫はどのような考えを持っているのでしょうか。今回は猫が飼い主さんのことを無視する原因とその解決策について、よくある例をいくつか紹介していきます。

425view

なんで無視をするの?原因と解決策を解説

猫の後ろ姿

「いつもは愛猫の名前を呼んだらリアクションをしてくれるのに、なぜか今日は無視されてしまう…」そんな経験をしたことがある飼い主さんは意外と多いのではないでしょうか。

「もしかして愛猫に嫌われてしまったのでは…?」と不安に思う飼い主さんもいるかもしれませんが、実はさまざまな原因が考えられます。今回は愛猫が飼い主さんのことを無視する理由について、詳しく解説していきましょう。

1. 一匹で過ごしたいと思っている

寝そべってこちらを見る猫

猫はとても気ままな生き物です。飼い主さんに構ってほしい気分の時もあれば、一匹だけの時間を楽しみたい気分の時もあります。なので、猫に無視されてしまう時は「ひとりきりにしてほしい時」なのかもしれません。

人間にも「放っておいてほしい時」ってありますよね。それと同じで、猫にもひとりでマイペースに過ごしたい時があるのです。

2. 飼い主さんに興味がない

横を向く猫

猫との信頼関係がまだ築けていなかったり、クールな性格の猫の場合、飼い主さんにさほど興味を抱いていない可能性も考えられます。興味を抱いていないから、飼い主さんに呼ばれても無視をしてしまうのかもしれませんね。

今はまだ猫と親密な関係ではないかもしれませんが、飼い主さんの接し方次第で猫との関係を変えていくことはできます。無視されるからといって、焦って無理にスキンシップをとったりするのは逆効果です。ゆっくりと時間をかけながら、猫に興味を持ってもらえるように接していきましょう。

3. 自分の名前を理解していない

そっぽを向く猫

猫を飼い始めたばかりの場合、自分の名前をまだ猫が理解していない可能性も考えられます。意図的に無視をしているのではなく、自分の名前をよばれていることに気づいていないから、リアクションがないのです。

そのような場合は、時間をかけて猫の名前をよぶことを心がけましょう。途中であだ名をつけることはせず、毎回必ず同じ名前でよぶのがポイントです。猫が自分の名前を理解したら、リアクションをくれるようになるかもしれませんよ!

4. 飼い主さんに構っている暇がない

遊びに夢中な子猫

獲物を追いかけている途中だったり、美味しいものに夢中になっているといった時に、無視されてしまう飼い主さんも多いのではないでしょうか。

このような場合、猫自身に余裕がないから飼い主さんを無視している可能性が考えられます。「今は○○に集中したいから、それどころじゃないんだ!」と思っているのかもしれませんね。

このような場合も、猫を無理やり呼びつけたり、スキンシップをとろうとするのではなく、そっと様子を見守るようにしましょう。

まとめ

メル

大好きな愛猫に無視をされるのはちょっぴり悲しいですが、無視する=飼い主さんのことを嫌っているとは断言できません。さまざまな原因が考えられるので、猫が飼い主さんのことを無視する場合は焦らず、何が原因で無視をしているのか探ってみましょう。

スポンサーリンク