猫が「るんるん気分♪」な時の仕草5つ

猫が「るんるん気分♪」な時の仕草5つ

猫は自分の気持ちを、様々な仕草で表現しています。嬉しい時、嫌な時、怒っている時など、猫は感情豊かな生き物なのです。そんな猫がるんるん気分な時、どんな仕草をするのでしょうか?

990view

1. しっぽがピンと立つ

しっぽをピンと立てて歩く猫

大好きな人を見ると、しっぽがピンと立つ猫。このときの猫は、るんるん気分と言って良いでしょう。大好きな人が側にいて、とてもご機嫌な証拠なのです。

しっぽは、猫の気持ちを如実に表現しています。もしあなたを見て猫のしっぽがピンとなっていたら、それはあなたに会えて猫が嬉がっているのです。しっぽをピンとさせた猫が近づいてきたら、たくさん可愛がってあげてくださいね!

2. ゴロゴロ言う

顎を撫でられてゴロゴロいっている猫

猫は嬉しいとき、ゴロゴロ音を発します。飼い主さんに撫でられたとき、美味しいご飯を食べたときなど、ゴロゴロいうシーンは多いでしょう。

大抵の場合、猫がるんるん気分なことが多いのですが、稀に猫が痛みを感じていたり、死期が近づいていたりしても、ゴロゴロ言うことがあります。

猫の様子を見れば、るんるんなゴロゴロなのか、苦しいゴロゴロなのか、分かるでしょう。もし苦しいゴロゴロなら、楽になれるよう対処してあげてください。

3. 高い声で鳴く

鳴いてこちらにアピールする猫

飼い主さんが遊んでくれるとき、おやつをくれるとき、飼い主さんが帰ってきたときなど、るんるんな猫は高い声で鳴くことも。

「にゃんっ!」と甲高い声で鳴いて、表情もるんるんに。そんな猫の気持ち、大切にしてあげましょう。

4. 走ってくる

芝生を走る子猫

飼い主さんが名前を呼んだとき、るんるんで走ってくることもあります。「もしかしたら、おやつ?」などと期待しているのかも?

嬉しそうに走ってくる猫、可愛いですね。ナデナデしてあげても良いですし、ほどほどにおやつをあげても、Goodです。

5. ゴロゴロする

お腹を見せて寝転がる猫

猫のご機嫌が良いとき、お腹を見せてゴロゴロすることがあります。るんるんな気分なので、飼い主さんを「一緒に遊ぼう?」と誘っているのでしょう。甘えたい気分のこともあるようです。

猫がお腹を見せながらゴロゴロしていたら、ご機嫌が良いときと思って良いでしょう。でもお腹を見せているからといって、お腹を触ってほしいわけではないようですので、ご注意ください。

まとめ

かんぱち

猫がるんるん気分のときは、どこかしら浮き足立っている雰囲気がします。一緒に暮らしているとだんだんと、猫の気分が分かってきます。るんるん気分な猫は、とっても可愛いです。そんな可愛い瞬間を、見逃さないようにしてくださいね!

スポンサーリンク