猫がつい甘えちゃう飼い主の性質3つ

猫がつい甘えちゃう飼い主の性質3つ

気まぐれで、ツンとした振る舞いも猫の魅力ではありますが、甘えてきてくれる姿もかわいいですよね。猫が甘えたくなる飼い主さんにはどのような特徴があるのでしょうか。猫に甘えられたいという飼い主さん、参考にしてみてください。

980view

1.優しく穏やかに接してくれる

女の子と鼻を合わせる子猫

猫の特徴といえば、ツンデレ、自由気まま、気まぐれなどの性格が挙げられますよね。また、猫によって性格は人懐っこかったり、警戒心が強いなど様々です。どんな性格の猫でも穏やかに対応してくれると、猫はリラックスすることができるのではないでしょうか。

例えば猫がいたずらなどやってはいけないことをしたとき、大声を出したり、叩いたりして叱っても猫にはその意味がわかりません。怒らずに猫がやってはいけない行動をしないように誘導するなど、穏やかに接する人には猫も甘えやすくなるでしょう。さらに、猫との距離感のとり方も大切です。

猫の嫌がることはしない

くっついて一緒に眠る二匹の猫

寝ているとき、毛づくろいをしているときなど、猫が一人でいたいときを邪魔しないようにしましょう。飼い主さんの行動も優しく穏やかだと、猫に好かれやすくなります。ゆっくり動く、高くて小さな声で話しかけると猫がびっくりしません。

触るときも優しくゆっくり、猫が気持ちいいと感じる顎や背中などをなでてあげましょう。猫は飼い主さんの気持ちを察知しています。優しい気持ちや、優しい表情でいることも猫が甘えやすくなります。

我が家の猫はとても警戒心が強いですが、家族が猫の気持ちを汲み取って窓を開けて外を見せてくれたことや、こたつの布団をまくってくれたことはよく覚えていて、そのシチュエーションのときはその家族に甘えます。

2.猫が喜ぶ遊び方をしてくれる

猫じゃらしで遊ぶ猫

猫におもちゃを渡して一人遊びさせるのではなく、飼い主さんと一緒に遊ぶと猫がとても喜びます。猫の狩猟本能を刺激するように、おもちゃを小動物の動きを真似て動かしてみましょう。

一日に15分ほどの遊びを数回すると、猫の運動不足解消にもなります。また、猫から遊びのお誘いをしてきたり、おもちゃに飽きたら次のおもちゃを使ったり、猫の気持ちを汲み取って猫が喜ぶように遊ぶこともポイントです。

3.ごはん、おやつをくれる

飼い主の手からおやつを食べる猫

猫におやつをあげると、喜びますよね。食べ物をくれる人は猫にとって「いい人」とみなされ、懐いてくれることが多いようです。猫に甘えてほしくておやつばかり与えてしまうのは問題ですが、健康面を考慮したうえで、おやつを与えると猫が甘えやすくなるかもしれませんね。

また、家族で猫を飼っている方で、猫に甘えてもらいたいと考えているなら、猫にごはんをあげる係になるといいでしょう。

まとめ

ラン

猫が甘えてしまう飼い主さんの特徴をご紹介しました。猫を大切にお世話することはもちろんですが、穏やかに優しく接したり、気持ちや性格を汲み取って接したりすること、猫を楽しませる遊び方をする、猫が喜ぶおやつをあげるなどが、猫が甘えたくなってしまう要素となります。猫ともっと仲良くなりたい、甘えてもらいたいという方は参考にしてみてください。

スポンサーリンク