猫が嫌悪感を持っている『5つのモノ』

猫が嫌悪感を持っている『5つのモノ』

猫にも苦手なものがあります。それは、意外と身近なものかもしれません。今回は、猫が密かに嫌悪感を抱いているアイテムについてご紹介いたします。

1297view

猫が密かに嫌っているモノ

睨む猫

人間の日常はモノで溢れています。我々は便利なものに頼り、効率よく活用しながら生活しています。実は、画期的なアイテムの中には猫が密かに苦手意識を持っているものがあります。

これから紹介するものは猫が苦手としているアイテムです。

1.インターホン

インターホン

インターホンが鳴るのは来客があったときです。予め予告がある場合を除き、いつ鳴るかは我々にも分かりません。時々突然なったインターホンにハッとするという経験はないでしょうか?

人間でさえ驚くことのあるインターホンは、猫にっては恐怖の対象といっても過言ではないでしょう。突然なる大きな音は猫にとってはストレス要因のひとつです。

2.トースター

トースター

トースターに関しては、パンをセットした人間には予測のつくものです。インターホンのように驚くことは稀でしょう。

しかし、猫にとってはインターホンと同等に嫌悪感を抱くでしょう。作動中は興味を示すことがあります。"ジー"という音やパンが焼ける香りに誘われて食い入るように眺める猫もいます。

ところが"チンッ"という音が鳴った途端、驚きのあまり飛び上がってしまいます。パンが飛び出すタイプでは、どちらが先に飛ぶかタイムを競うように大きな反応を示します。

3.掃除機

掃除機と猫

猫と暮らすご家庭において、掃除機は必須アイテムです。特に換毛期に毛が抜けやすい長毛種の場合は、抜け落ちた被毛にホコリが付着して浮遊することを防ぐためにも重要なアイテムです。

しかし、掃除機は猫にとっては騒がしい存在でしかありません。ましてや強力な吸引力で吸い込むヘットに対しては、"いつか食べられる"と誤解しているかもしれません。

お子様に掃除機をかける手伝いをさせる際は、逃げ回る猫を執拗に追いかけ回さないようにレクチャーしましょう。

4.ぬいぐるみ

ぬいぐるみと猫

ぬいぐるみは幼い頃の思い出の品です。大人になっても尚、大切に保管し時々手に取るような愛着のある一体を持っている方も多いのではないでしょうか?

この人畜無害なぬいぐるみに対して、猫が嫌悪感を持つのには2つの理由があります。一つは他の動物であると誤解すること。そして、もうひとつは嫉妬です。

誤解である場合は、縄張りに侵入来てきた存在として攻撃することもあります。ただし、全く動かないことを理解するとピタリとやめることがあります。

嫉妬の場合は少々根が深くなることがあります。特に独占欲の強い性格の猫は嫉妬から、拗ねてイタズラをしたりぬいぐるみをいじめることがあります。常に愛猫への愛情表現を意識してあげてください。

5.きゅうり

きゅうりと猫

きゅうりは猫が見ると、その見た目が蛇に見えることから苦手意識のある食材です。猫の背後にきゅうりを置く動画が一時期話題になっていましたが、猫が過剰に反応するのは蛇が天敵だからです。

猫にとってきゅうりは、天敵のような存在です。くれぐれも、きゅうりの扱いには気をつけましょう。

まとめ

にらむ猫

猫が嫌悪感を抱くものの全てを排除することは不可能です。それでは生活が成り立たなくなります。そこで大切なことは配慮です。

苦手意識から怖いと感じたときに、安全だと思える避難場所を作ることや、我々も手短に済ませることです。必要以上に怖い思いをしなくて済むように、生活環境を整えるようにしましょう。

スポンサーリンク