猫がついついしちゃっている『だいすきサイン』5つ

猫がついついしちゃっている『だいすきサイン』5つ

猫はクールな性格のイメージがありますが、ツンデレの「デレ」もしっかりと表現してくれる動物です。猫が表現する「好き好きサイン」をバッチリ受け止めると同時に、私たちも盛大に好きを伝えてラブラブスイートなひとときを過ごしましょう!今回は猫が飼い主さんに愛情を伝える時のサインを5つご紹介します。

12160view

1.スリスリごっつんする

足元でなでられている猫

スリスリには「好き」の意味も!

猫は頬や口のあたりに臭腺があり、さまざまな場所にスリスリとこすり付けることでマーキングをします。スリスリは物だけではなく、猫同士や人間に対しても行います。これは相手に自分の匂いを付けて安心したいという理由のほか、親しい間柄でのあいさつとしても行われます。

猫にとっては「頭突き」も愛情表現

スリスリのほか、猫が頭をごっつんと頭突きしてくることもあります。猫のごっつんもまた愛情表現の1つで、スリスリよりも好き度が高めです。特に自分を甘やかしてくれる人や遊んでくれる人などに頭突きをすることが多いと言われています。感極まって結構な強さでごっつんすることもあるのでご注意を!

2.前足でフミフミする

男性の上に乗る猫

猫が前足を交互に握ったり放したりして、まるでマッサージをするかのようにフミフミすることがあります。これは子猫時代に母猫のおっぱいの出を良くして、たくさん飲めるようにするための行動で、成猫になってからも甘えたい時に見せることがあります。

柔らかいブランケットでする子が多いのですが、母猫のように大好きな人の身体でフミフミすることも。フミフミしている時の心はすっかり赤ちゃんになっているのでしょうね。

3.喉をゴロゴロ鳴らす

喉を撫でられる猫

猫がゴロゴロと喉を鳴らすのも愛情表現の1つです。こちらも子猫時代の習性で、おっぱいを飲みながら喉を鳴らすことで母猫に「ちゃんと飲んでるよ」と伝える役割があると言われています。

成猫になってからは「満足」「安心」「甘え」の気持ちで鳴らすことが多くあります。一方、ゴロゴロ音は不安な時や調子が悪い時にも鳴らすこともあるため、飼い主さんは猫ちゃんの様子で見極めてあげてください。

4.ゆっくりしたまばたき

ウインクするグレーの猫

敵意はないよ=好きだよ

猫にとって「目を直視すること」は敵意の表現です。そのため、好きな相手と目が合った時にはゆっくりとまばたきをして「敵意はないよ」「好きだよ」と伝えます。人間に対しても同じで、目が合った時にゆっくりと目を閉じたり目を細めるような仕草は「好きだよ」の合図です。中にはウインクのように片目だけ閉じることもあります。

愛のまばたき合戦をしてみよう

猫と目が合った時にわざとらしくゆっくりと目を閉じて開くと、猫もそれに応じて目を閉じてくれることも。ぜひみなさんも愛のまばたき合戦をしてみてくださいね。

5.鼻でキスする

鼻を合わせる男性と猫

「鼻チュー」とは?

猫にとってのキスは唇ではなく、鼻と鼻で行います。「鼻チュー」とも呼ばれるこの行為は、自分の鼻を相手の鼻に近付けることでお互いの匂いの情報交換をし、軽くあいさつをしているのです。

ヒヤッと感も愛しい

これは仲の良い猫同士だけでなく、好意を寄せる人の鼻や口元にも自分の鼻をくっつけてきます。猫の鼻はしっとり濡れているので、鼻でキスをしてくれた時にヒヤッとするのもたまらない瞬間です。

まとめ

こてつ

猫の愛情表現に犬ほどの派手さはありませんが、猫の穏やかな愛情表現は猫と暮らす方々の癒しになっているのではないでしょうか。

猫は警戒心が高く繊細な動物ですが、心を許した人間に対しては時にアマアマな姿を見せてくれます。猫流の愛情表現をしてくれた際には、みなさんも思い切り「好き」を伝えてあげてくださいね。

スポンサーリンク