猫を『撫でると威嚇してくる』ときの原因4つと対処法

猫を『撫でると威嚇してくる』ときの原因4つと対処法

猫を撫でたら威嚇された…そんな経験はありませんか?最初は気持ち良さそうにしていた猫が、突然怒り出したら戸惑ってしまいますね。でも、撫でているときに猫が威嚇するのには理由があるんです。

872view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

1.撫でられたくない場所だった

振り返って威嚇する猫

撫でられて気持ち良さそうにしてる猫。でも、撫でる場所をちょっと間違うと怒らせてしまうかも。

猫には触られたくない場所があるんです。尻尾や足は特に嫌がります。

ヘソ天で寝ていると、かわいくてついお腹を撫でたくなりますが、お腹も猫にとっては急所なので撫でられるのを嫌がることが多いです。

猫を撫でていて最初はご機嫌でも、時間がたつと威嚇することもあります。猫は長時間構われるのが苦手なので、ほどほどでやめておきましょう。

猫がパタパタと床に打ちつけるように尻尾を振り始めたら、それはイライラしているサイン。それ以上撫でると怒らせてしまいます。

2.いきなり撫でられてびっくりした

驚いたような顔でソファに寝転がる猫

猫が自分から甘えてきたときは撫でてほしいのだとわかりますが、猫が他に気を取られているときにいきなり触ると、驚かせてしまうことがあります。

びっくりして威嚇することもあるので要注意です。

食べているときもびっくりさせてしまうので、食事の邪魔をしてはいけません。

眠っているときの猫も触りたくなりますが、驚かせてしまうことがあるので気をつけましょう。

3.飼い主に懐いていない

家具の下から上目遣いでこちらを覗う猫

お迎えしたばかりの猫は、まだ警戒心があります。特に保護猫では、信頼関係が築けるようになるまで時間がかかることがあります。

猫は、家に馴れていなかったり、飼い主に懐いていないと、なかなか撫でさせてくれません。無理に撫でようとすると、威嚇します。

焦らずに、少しずつ猫との距離を縮めていって下さいね。

また、狭い所にひとりでじっとしているときも不安になっていることがあります。無理に構わずに、そっとしておいてあげましょう。

4.興奮しているとき

カーテンに飛びかかる猫

猫が興奮しているときは、うっかり手を出すと威嚇されてしまうかも。

窓の外に他の猫が来ているとき、虫を見つけたとき、おもちゃで夢中になって遊んでいるときなどに、興奮することがあります。

そんなときに撫でようとしてしまうと、噛みつかれたり引っかかれて怪我をしてしまうことがありますので、そっとしておいた方が良さそうです。

まとめ

猫の背中を撫でる人の手

かわいい猫を見ると、猫好きなら撫でたくなりますね。猫の方も撫でてもらって気持ち良さそうです。

しかし、中には人に撫でられるのがあまり好きではない猫もいますので注意しましょう。

また、撫でられるのが好きな猫も、撫でられる場所やタイミングによっては不愉快に感じてしまうことがあります。

猫を怒らせてしまうのは、人間の方が猫の気持ちをきちんと理解していないことが原因かもしれません。

猫がどんな動物なのかを学び、猫の気持ちになってあげれば上手につき合っていくことができますよ。

スポンサーリンク