猫が好む『冷たいもの』ランキングTOP5選!与えるときの注意ポイントとは?

猫が好む『冷たいもの』ランキングTOP5選!与えるときの注意ポイントとは?

夏になると、猫もひんやりとした物を好む傾向にあることをご存知でしょうか。猫は一体どのような「ひんやりアイテム」を好むのか、ランキング形式で解説をしていきます。また、なかには「猫が好んでいるけど与える時に注意をしないといけない物」もあるので、その注意点についても紹介していきますよ!

893view

SupervisorImage

記事の監修

山口大学農学部獣医学科卒業。山口県内の複数の動物病院勤務を経て、ふくふく動物病院開業。得意分野は皮膚病です。飼い主さまとペットの笑顔につながる診療を心がけています。

猫が好む「冷たいもの」TOP5を発表!

蛇口の水を飲む猫

「猫は寒がりだから毛布やヒーターなどの温かいものが好き」というイメージをもっている人も多いかもしれません。しかし、夏本番になるとさすがの猫も、冷たいものや涼しいものの近くに寄ってくる傾向にあるのです。

そこで今回は、猫が好む冷たいものTOP5を発表していきます!猫に冷たいものを与える時の注意点も一緒に解説していくので、参考にしていただけたら幸いです。

第5位「飲み水や氷」

コップの水を飲む猫

「猫は水が嫌い」とよくいわれていますが、暑い時期になると飲み水を飲む量が増えたり、氷などに近寄ってきてペロペロと舐めることがあります。

暑くなると猫も本能的に「水や氷で涼もう」と思うのかもしれませんね。

第4位「クーラーや扇風機の近く」

扇風機の近くで涼む猫

猫も人間と同じように、クーラーや扇風機などの近くに陣取ってくつろぐことが多いです。

また、なかには涼むためではなく「クーラーや扇風機から鳴っている音が気になる」という好奇心から近寄ってくる子もいます。

暑い真夏の時期においてクーラーや扇風機など冷房器具は、人間だけでなく猫にとっても快適なものといえるでしょう。

第3位「アイスクリーム」

ソフトクリーム

アイスクリームには牛乳などの乳製品が使われている傾向にあります。そのため、乳製品のにおいに惹かれてアイスクリームをペロペロと舐めようとする猫もいるのです。

ただし、人間が食べるアイスクリームは多くの砂糖や油分が含まれており、猫が食べてはいけない「チョコレート」を使っている物もたくさんあります。

猫が好むからといって、人間用のアイスクリームを与えてしまうと肥満や体調不良などに繋がる危険性もあるので、与えないように注意しましょう。

猫がアイスクリームを欲しがる場合は、猫が食べても問題ない”ウェットタイプのキャットフード”や”猫用ミルク”などを凍らせた「猫用のアイスクリーム」を作って与えるのが好ましいです。

第2位「冷たい床やカーペット」

タイルの上で寝転ぶ猫

冷たい床やカーペットの上でゴロンと寝転んで涼む猫も非常にたくさんいます。

ペットショップやホームセンターなどに行くと「猫用のひんやりカーペット」なども売られているくらい、猫は冷たい物の上で寝転ぶのが好きなのです。

夏場は猫が快適に過ごせるように、猫のお気に入りの場所や、猫がひとりでくつろげる空間などに冷たいカーペットなどを敷いてあげるのもよいでしょう。

第1位「窓ガラス」

窓の外を見つめる猫

猫を室内飼いをしている場合、クーラーの風でひんやりと冷たくなった窓ガラス付近でくつろぐ子は多いです。

また、季節問わず窓ガラスの近くを好む猫はたくさんおり、窓から見える景色や虫、行き交う人などの様子を楽しんでいる傾向にあります。

いつの間にか窓ガラスの近くに愛猫が行っていた…というシーンは非常に多いため「うっかり窓を開けっ放しにしていたせいで猫が家出してしまった」というトラブルが起きないように、日頃から脱走対策をしておくことをおすすめします。

まとめ

窓辺でくつろぐ猫

猫はありとあらゆる「冷たいもの」が好きなようですね。もちろん猫によって好みは分かれるため、今回紹介した物に興味を示さない子もいますし、逆に寒い時期でも何故か冷たい物を好む猫もいます。

あなたの飼っている愛猫はどのような「冷たい物」に興味を示すか観察してみるのも面白いかもしれませんよ!

スポンサーリンク