絶対やめるべき!猫に良くない5つの行動

絶対やめるべき!猫に良くない5つの行動

猫との接し方によって、信頼関係を強いものにできたり、反対に猫から警戒されてしまったりすることがあります。また、飼い主さんの行動が猫の体に負担になってしまうことも。猫にとって良くない行動をご紹介します。

5503view

1.かまいすぎる

片目を閉じる猫

嫌がっているのに抱っこをする、お客さんの前に連れて行く、無理矢理ブラッシングや爪切りをするなど、ついかまいすぎてしまうことありませんか?それは猫にとってストレスであり、飼い主さんとの信頼関係に影響してしまうことがあるんです。

猫によって違いはありますが、ずっと触られたり、動けないままだったりすると、猫はイライラしてきます。そして、我慢の限界がくると攻撃してしまうことがあるんです。慣れていない人の前に連れて行かれるのも、猫にしてみれば怖いことです。

また、健康のために体のケアは大切ですが、無理矢理してしまうと、ケアされることを嫌ったり、飼い主さんに警戒してしまうこともあります。猫がしっぽをブンブンと叩きつけるように振る、耳を後ろにふせるしぐさをする、逃げようと暴れるなどの行動は嫌がっているサインです。一度開放してあげましょう。

2.大声で叱る、叩いて叱る

グレーの猫と倒れた花瓶

猫が安全に暮らすためにしつけが必要なケースがあります。しかし、猫にしつけをするのは難しく、叱ったり怒ったりしても理解してくれることはほとんどありません。例えば、大きな声を出して猫を叱っても、猫は飼い主さんが何をしたいのかわからないどころか、大声を出す飼い主さんを怖がったり、飼い主さんが騒ぐ姿を見て遊んでもらえたと思ったりしてしまいます。

叩いて叱っても、猫との関係が悪くなるばかりです。猫が困ったことをしても、猫が怖がるしつけ方ではなく、リアクションをしない、他のことで気をそらす、いたずらをしたいと思わせない仕掛けを作るなどして対処します。

3.首の後ろを掴んで移動する

子猫の首をくわえて運ぶ猫

子猫は自分で移動できないので、母猫に首の後ろをくわえられて移動します。これは子猫と母猫だからできることで、大人の猫の首根っこをつかんで運ぶことはしてはいけません。子猫と比べて体重があるので、首の筋肉を痛めてしまったり、首が絞まったりと危険であるためやめましょう。

ただ、すべての成猫ではありませんが、子猫の頃の名残で首根っこをつまむとおとなしくなることがあります。動物病院で治療を受けるときなど、リラックスしてほしいときに有効となる場合があります。

4.人間の食べ物をあげる

お皿に乗った料理を見る猫

人間が食べるものは、塩分が多かったり、油っこかったり、猫には適していません。また、ネギ類、チョコレート、ブドウ、アルコール類など、猫が食べてしまうと下痢や嘔吐など健康に悪影響となる食べ物もあります。

5.ニオイの強いものを使う

上を見る猫

猫はニオイが強いものが苦手です。タバコや芳香剤、柔軟剤などニオイが強いものが原因で体調を崩してしまう猫もいます。アロマオイルは種類によって、猫が体内で分解できない成分を含んだものもあるため、注意が必要です。

まとめ

顔をなでられて目を閉じる猫

室内で一緒に暮らしていても、猫と人間は違う生き物です。猫が可愛くてすることや、人間に当たり前のことが猫にとってはストレスになったり、体調に影響したりすることもあります。猫が嫌がること、猫がどう感じるのか、猫の体についてなど、猫への理解を深めて猫との生活を楽しいものにしていきましょう。

スポンサーリンク