猫の霊感と本当にあった不思議な話

猫の霊感と本当にあった不思議な話

時々、猫が何もない所を見つめていたり、一点を見ながら「ニャー」と鳴いたりしている所を見ませんか?気になる猫の霊感について、調べてみました。その他、私が体験した猫にまつわる不思議な話もしたいと思います。

63530view

猫に霊感はあるのか

こちらを見つめる猫

猫に霊感があるんじゃないの、と思うようなことが猫と暮らしていると多々あります。

猫が急に飛び起きてジーっと一点だけを見つめて、更には誰もいないのに「ニャー」と、話しかけるようにして鳴いた時には、何か見えるのかと気になりますよね。特にそれが夜中だったら、怖いのが苦手な飼い主さんは「もしかして何かいる?!」と、鳥肌が立つことも・・・。

また、引っ越した先で猫がある部屋にだけは近づきもせず、ずっとその部屋を見つめていたので、飼い主さんはおかしいと思い引っ越しを決意。引っ越した先では、猫の様子も落ち着いた!なんてエピソード等もあるそうです。

死期を予知する猫オスカー

「オスカー」の話をご存知ですか?オスカーはオス猫で、子猫の時に、アメリカのロードアイランド州プロビデンスにある認知症患者の居る介護施設に引き取られました。オスカーは普段人に懐かなく、自由に院内を歩きまわっていましたが、入院患者が亡くなる前、最後の数時間だけはその患者の側から離れないそうです。

そう、オスカーは死期を予知する不思議な能力を持った猫だったのです。霊感とは違うかもしれませんが、他にも日本で似たような話もあった事から、猫は臭覚が優れている為、死臭に気が付けるのではないかと推測されています。ちなみにこのオスカーの物語は、近々映画化される事になったんだとか。

猫が何かを見つめるのは霊感だけでは無い

猫の横顔

しかし、霊そのものを信じていない人たちの間では、「猫は霊感があるのではなく、ただホコリや虫を見ているだけだ」という主張もよく見られます。たしかに、それも一理あると言えます。猫は本能で狩りをする生き物です。

野生時代の猫は木の影や草むらに隠れ、じっと構え、わずかな音を頼りに狩りをしてきました。その習性は未だに残っており、虫が飛んでいたりホコリ等の小さなゴミがふわっと浮いたりして動いた時には、その些細な風を感じとり、「何かがうごいた!」と感知する事が出来ます。

その為、猫がジッと何かを見つめたり、鳴いたりしているのは猫が霊感があるわけではなく、虫を見ていたり、ホコリ等を獲物と勘違いしている可能性も否めません^^;

虫を見ているといえば余談になりますが、猫はネズミ捕りの達人なイメージですよね。友人の猫は虫取りが大の得意だそうで、ハエが飛ぶのを見つけてはソォーっと近づき、バシッ!と猫パンチをくらわすんだとか。そしてゲジゲジを見つけた時は背後から近づき、ベッドの下へと連れ込んで、のちに見てみるとゲジゲジの足は全部バラバラにされていたと聞きました・・・。何とも惨(むご)い退治の仕方です・・・。

見つめる先に「聞こえている」モノ

また、猫が一点集中してじーっと見つめる理由の1つに、その方角に人がキャッチし切れない音が存在しているからだとも考えられます。人や犬に比べて、猫が音を聞き取る耳はとても優れている事がわかっているのです。

家族が外出から帰る時、足音を早々に察知して玄関でお出迎えする光景は良くある事です。猫は、自分のいるホームテリトリーには見えないのに、その壁の先から確実に聞こえる音の正体は何なのか、集中して聞き取っているのですね。

猫の見ている方角だけでなく、耳にも注目してみると、集中している先がわかるかもしれません。ただボンヤリしているだけだったり、何も考えてなく心が無の時だったり・・・親密だからこそ察知できる行動なので、不穏と考えずにいきましょう。

猫の霊感と迷信

女の子と猫

猫には霊感だけではなく、幸福を呼ぶ力があると言われています。例えば、黒猫が現れると商売繁盛、カギ尻尾の猫を飼うと尻尾で幸運をひっかけてきてくれる、オッドアイ(左右の瞳の色が違う猫)の猫に出会えると幸せになる、等猫にまつわる迷信も様々な物がありますよね。

また、その他にも猫には、霊感だけでなく地震の予知能力もあると言われています。これも現実的に考えると猫の聴力が優れているから、遠くの異変をいち早く感じ取っての事と言えるかもしれません。

それ以外にも、猫には不思議な力があると思います。実際に私が体験した話をしますね。

猫に霊感があると感じた不思議な話(実体験)

我が家には現在3匹の猫がいますが、この子たちがくる前、5歳のオスネコと暮らしていました。その子は、家族の誰かが熱を出すと必ずその人の布団の上で眠り、翌日には熱を出した方はすっかり元気に!なんて事が2、3回ありました。

最初はたまたまだと思い、「えらいね、やさしいね」なんて猫に声を掛けながら、微笑ましく見ていたのですが、あれは忘れもしない昨年2016年の11月。息子が謎の高熱でうなされました。最初の2日、猫は寝込んでいる息子の横に黙って座り続けました。そして高熱は40℃にまで達した3日目、猫は息子の足元に乗り寝たのです。

すると翌日には熱が下がりました。するとその晩、次は娘に移り、39℃の高熱。すると、猫はやはり娘の足元に座り眠るのです。しかしその後すぐ主人に移り、主人も39℃の高熱。そうすると猫は、娘の足元、主人の足元、と交互に行き来し寝始めました。その晩、何度も寝床を交互に変えながら。

いつもは私の腕枕で寝ていた子だったので、その時「やっぱり何かあるんじゃないか」と感じ始めました。翌日も2人の高熱は続き、その晩も猫は二人の足元を行き来し眠りました。するとその翌日、2人ともすっかり熱が下がり元気になりました。

「やっぱり!」私は確信しました。「この子が熱を下げてくれた。」そう確信したのです。しかしその晩、猫はテレビ台の裏に無理やり入ったり、ソファーの隙間に入ろうとしたり、いつも行かない場所に行きたがりました。明らかに様子がおかしかったのです。

餌も水も一切口にしません。おしっこも出ません。翌朝病院に連れて行くと、末期の腎不全だと言う事がわかりました。それも、前日の晩までは腎不全の症状も出ていなかったし、毎月病院に連れて行き、健康診断を受けていました。それなのに、昨日の夕方まではピンピンしていた猫が、急に腎不全を言い渡されました。

そして猫は腎不全を言い渡された2日後の明け方に亡くなってしまいました。その時私たち家族は、「みんなの悪い病気を全部持って行ってくれたんだ」と考えています。今でも、ごめんねの気持ちと感謝の気持ちでいっぱいです。

猫と霊感に関するまとめ

黒い背景の猫

人にも霊感がありますし、もちろん猫にもあっておかしくはないと思います。実際に霊感とは違いますが、人の死期を真っ先に感じとる事ができる猫、「オスカー」の存在が猫の霊感についての不思議を物語っています。

そして猫には霊感以外にも、不思議な力があるということを私の実体験に目を通し、知っていただけたらな、と思います。長い文章をお読みいただき、ありがとうございました。

50代以上 男性 霊魂

田舎で親戚のおばさんが亡くなるとき皆が集まり布団を囲んで
息を引き取るのを見ていました。そこに叔母さんがかわいがっていた猫が
居ました。
叔母さんが息を引き取った瞬間に全身の毛を逆立てて
天井まで爪を立て駆け上がりました。
魂を追ったのです。

50代以上 男性 Ron

ひと頃、猫をたくさん飼っていました。ある時4匹の子猫が産まれ喜んでるとある日、不注意で家から子猫が出てしまい家族で探し回りました。
国道に面してる家なので交通量が多く非常に危険な状態です。
3人で必死に探してた所、飼い猫のうちの眼がグリーンな猫(子猫の親ではない)が察してくれたのか、いきなり外に出て行ったかと思うと、数分後、自分達の目の前に次々と子猫をくわえて4匹全て連れて来ました。
非常に驚いた良い思い出です。
それと家の中で放し飼いだったのですがある日、一匹の猫が障子の向こうで「こんばんはー」と鳴きました。モロにそう聞こえました。
家族で驚いた事があります(笑)

50代以上 女性 しまとら

もう今年で3年目になります。
三毛が亡くなったのは…6月20日でした。亡くなってから不思議な事が度々おこりました。お風呂上がりに首をや腕にホコリが付いた様な感じ、違う髪の毛かな?って思い何回も払いました。1日だけでなく
何回も何日も…そして初七日の日の夜
鏡台から口紅か何かが転がる音とテレビが
ビービービーとわりと大きな音がしました。まるで昔、放送時間が終了した時にテレビを付けた際の音の様でした。
すぐに分かりました。三毛が来たんだ!
って。それからホコリや髪の毛なんかじゃあなかったんだ!って。三毛が来てたんだって。きっと別れの挨拶に来てたんだと
思ってます。そして今でもまだ会いたいです。又会いに来て欲しいです。

50代以上 女性 匿名

飼い猫が死に今なら火葬にしますが、大昔の子供の頃ですから山などに埋葬しました。未だに愛猫のお墓参りに大好きな煮干しをお墓に差し込み手を合わせ、その時お墓の辺からニャーッと嬉しい声がしました。びっくりして辺りを見回しても猫は居ない…忘れられません。

50代以上 女性 ひろ

もう、あの子が亡くなって9年になります。その子は生後4日ほどでうちに来ました。弱ってるところを3時間おきにミルクを飲ませたりして育てたせいか、私を本当親のように懐いていました。名前はミー。
その子は12年生きて、病気で亡くなったのですが、その時になんとも不思議なことが起きたのです。
医者に、もう助からないから連れて帰ってといわれ、家で看取ることにしました。
その頃私は酷い頭痛に悩まされてました。
そしてその日も、いまから看取らないといけないのに酷い頭痛いやだなと思いながらミーのそばに付いていたのです。
そしたら凄い眠気襲ってきて眠ってしまいました。強制的に眠らされた感じです。
そして目がさめたら、「あれっ?」
なんと頭痛がスカッとなおっているんです。
時計をみたらたったの数分でした。
それから数分後、ミーは亡くなってしまったのですが、不思議なことにあれだけ酷かった頭痛がまったくしなくなりました。
あんなにしょっちゅう頭痛で寝込んでたのに、いっさい頭痛がしなくなったのです。
ミーが持って行ってくれたのです。
感謝してもしきれません。
今、健康のありがたさをかみしめています。

40代 女性 匿名

17年一緒にいた愛猫が亡くなる日、ふらふらで、歩くのもままならない状態でした。
なのに、帰ってみるといつものキャットタワーにいました。
きっと、ベッドの下では私が看取れないからと最後の力で登ったのだと思います。
その後は、母や友人の夢に出てきたり、初七日までは鳴き声や爪を研ぐ音が聞こえ、あるはずのない毛がいつも寝ていた椅子に残っていたりと、愛猫の存在を感じていました。
今はそういう体験はないので、無事に虹の橋を渡って行けたのだなと思っています。

40代 女性 ミケ子ママ

結婚前に住んでた家で飼っていた猫は、「腎不全の末期(ステージ4)」で亡くなりました。
結婚を機に住んでた家を引っ越す事に なり、「その子の遺骨も持って行こう」とダンナと相談し、持って行く事にしました。
⋯が⋯
引っ越しの日付が決まり、引っ越しの準備を始めた途端、私が「椎間板ヘルニア」になり、身動きが出来ない状態で私だけ先に一人、新居にて「寝たきり」になってた時、亡くなった子が寝てる私の後ろに現れて、その子が寝てる私の方に向かって、心配そうに「にゃあ〜」と鳴いてくれたのです。
私は横向きに寝たままの状態だったので、その子に向きを変える事が出来ず、申し訳なく思い、心の中で「かぁ〜ちゃんの事、心配して出て来てくれたの!?ありがとう。‎でも、ゴメンねぇ〜。おかぁ〜ちゃん、腰が痛くて、あなたの顔を見る事が出来ないの」と語り掛けたら、またひと声「にゃあ〜」と鳴き、消えてしまう気配がしました。
その後⋯言うまでもなく⋯布団の中に潜り込み、わんわん泣きました。
それ以来、一度も姿を現すことは有りませんでした。
蘭ちゃん、あの時、せっかく会いに来てくれたのに、おかぁ〜ちゃん、あなたのお顔を見てあげれなくって、本当にゴメンねぇ〜。
今でもその「後悔」が胸の奥に残り続けています。

女性 匿名

大好きなにゃーが交通事故で亡くなった日、近くの交差点で猫の死体があるから、確認して!と妹から電話があった。まさか、うちの子とは信じたくない、怖くて外に出たくないと躊躇っていたらにゃーがいつもつけてる鈴の音が聞こえた。やっぱり大丈夫!生きてる!って思って勇気を出して外に出た。家の周りを見渡してにゃーを呼んだが姿が見えない。すると足が自然と妹の言っていた交差点に向かっていった。姿が変わったにゃーの死体が見えた。急いで抱えて家に戻った。とても子供に見せられなくて箱の中にしまってとりあえず玄関に置いて、家の中に入って父と妹に報告していた時、また鈴の音が聞こえた。「鈴の音が聞こえる」と父に言うと「変なことを言うな」と言われた。この近辺で猫を飼ってる家はうちしかなかった。鈴の音は私にしか聞こえてなかった。きっとにゃーは、外で横たわっている時、早く迎えに来てほしくて私に鈴の音を聞かせたのだと今も思っている。にゃーを弔う時、また生まれ変わって、うちに来てねとお願いした。ヤンチャで人見知りしなかったところが可愛かったにゃーだけど、それが仇になっての事故だったから、次に生まれる時は臆病くらいがいいよって祈って。それから、縁あってうちに来た仔猫は打って変わって臆病で、初めは威嚇シャーをいっぱいかまされた。でも、めげずに可愛がって今はすごく甘えんぼになっています。うっかり玄関を開けはなしても、真っ先に自分の部屋に飛んでいきます。でも、ふとした仕草が前のニャンコに似ています。きっとにゃーの生まれ変わりだと信じてます。

50代以上 女性 匿名

もう14年位になるでしょうか、平屋の家からマンションに建て替えて何年かした頃に迷い込んだ足先の白い黒猫の子供を保護しましたが家ではペットは禁止だったのでお店の裏で世話をする事になり可愛いがっていたおりに裏に住んで居たお爺さんの飼い犬に噛まれて直ぐに病院に連れて行ってたら助かってたかも知れませんが運転が出来なかったので仕方無くお嫁さんが仕事が済むまで待ち病院に連れて行き手当てを受け一時、入院したのですが2日後に息を引き取ったとの連絡を受け泣きながら亡骸を連れて帰りました、埋めて上げるスペースが無いのでお嫁入りの実家にて埋める事になり亡骸に小さい花束も備えて貰う様に頼みました、何日か経った頃に寝室をかたずけていたらリビングにサッと黒い影が通ってフローリングに足先が白い、あの子猫の足元がハッキリと映ったのです、多分、花束に対するお礼とお別れを言いに来たのかと今でも思ってます、そして助けてあげれなかった事と家の子に出来なかった事に今だに後悔の念が絶えません。

30代 女性 ヘチマ

2年前に16年連れ添った猫が亡くなりました。亡くなるその年に私は仕事が原因で疲労骨折をして会社をクビになり、半年ほど療養を兼ねて猫と毎日過ごしていました。夏も何とか乗り越えたその年の秋に、私もそろそろ働かねばととりあえず派遣で仕事をする事に。派遣の顔合わせに出る日の午前にいきなり膝の上で鼻血を出して大慌てで病院へ行き、一旦落ち着きはしましたが本来、犬猫は鼻血を出す生き物ではないと先生から言われでどうすることも出来ずに落ち着くのを待つしかありませんでした。
そして午後から後ろ髪を引かれる思いで顔合わせに行き仕事が決まり、急いで帰って猫に仕事が決まったよ♪と報告をした数時間後に亡くなりました。可愛い声が自慢だった子ですが年老いてしゃがれた声になり、声量もちいさくなっていました。ですが隣で寝ていた子が、ひょっこり顔上げて、若い頃の可愛い高く大きい声で鳴き始めて私の膝にひらりと乗ってきました。そうして落ち着くのかと思ったらしばらくして、また下に降りて様子が急変!
とうとう最後の瞬間が来て口呼吸で息も荒げて母と私の前で亡くなりました。
亡くなった後も遺骨をどうするか数ヶ月悩んだ末に母が見かねて、遺骨は家の陽の当たる裏庭に埋めていいと言われたので埋めました。でもどうしても離れたくない私は少し手元に残して遺骨をペンダントに入れてその子の目の色に合わせた天然石を蓋に遺骨ペンダントにして、これからはいつでもどこでも一緒にお出かけできる様にしました。今は新しいワンパクな男の子を貰い、日々猫じゃらしで奮闘して楽しく過ごしています。思えば私がいつまでも仕事が決まらないのを心配してくれていたのか…仕事の報告をして安心してくれたのか…本当にタイミングがよく私も最後を看取ることが出来ました。今でも出かける時はいつも一緒です。

スポンサーリンク