猫の『フレーメン反応』とは?どんな動きや表情をするの?

猫の『フレーメン反応』とは?どんな動きや表情をするの?

皆様は「フレーメン反応」をご存知でしょうか?猫が時折見せる、謎の変顔の正体がこの反応です。においを嗅いだ後に見せる、あの臭そうな顔は何を感じ取っているのでしょうか?今回は猫の「フレーメン反応」についてご紹介いたします。

686view

そんなに臭い?猫が見せる変顔の正体

口を半開きにする猫

皆様は、猫が真剣ににおいを嗅いだ後、変な顔をする場面に出くわしたことはありませんか?まるで堪え難いほどの悪臭に呆然としたような表情です。自分のにおいを嗅いだ後にあの表情をされるとショックですよね。

でも安心してください。猫は決して臭いと思っているわけではありません。だから、急いで制汗剤を買わなければ、マウスウオッシュをしなければと慌てふためく必要はないのです。猫が時折見せるあの変顔を「フレーメン反応」といいます。これは猫だけではなく、馬や犬にも見られます。

フレーメン反応とは?

においを嗅ぐ猫

フレーメン反応とは、「哺乳類に起こる生理現象のひとつで、臭いに反応して唇を引き上げる仕草」のことをいいます。ここでいう「におい」とは生活臭ではありません。人間には共有することのできない「フェロモン」に反応しているのです。

フェロモンを嗅ぐってどういうこと?

怪しい顔の猫

猫は縄張り意識の強い動物です。他の猫の縄張りや発情の情報を得ることは生きるうえで欠かせません。そして、その重要な手がかりとなるものがフェロモンです。猫は仲間の猫を見た目で区別しているのではなく、主にこのフェロモンのにおいによって確認しています。

つまり、フェロモンの確認作業をしているときの表情がフレーメン反応なのです。この現象が見られるとき猫は以下のような行動を取り、その後反応を示します。

においを分析する

猫にフレーメン反応が見られる際は、必ずその前ににおいを嗅いでいるはずです。猫は様々な生活臭の中から、フェロモンを探り当てます。その分析を行う場所が「ヤコブソン器官」です。

これは鼻腔の中に存在し、その入口となる部分が上顎の門歯の後ろ側にあります。においを分析する際に、口を半開きにする行動はにおいをヤコブソン器官に送り込むためだったのです。

変顔になる

猫にとっては重要で、真剣に取り組んでいるであろうフェロモンの分析。しかし、我々人間の目にはユニークな顔だけが目立ってしまいます。目と口が半開きになり、そこからフリーズしてしまう姿は、いかにも悪臭と遭遇してしまったときの表情です。まるで「うわっ、くっさー」と思っているいるように映ります。

ちなみに馬の場合は、笑っているような表情を見せてくれます。しかしこれは、あくまでも人間の勝手な想像と、表情から推測される感情です。実際にフレーメン反応と感情に関係性はありません。

フェロモンのにおいは繊細

猫が、あのような表情でにおいを分析する理由はフェロモンならではの事情があります。フェロモンは普通のにおいとは異なります。分子が微細で、なおかつ繊細なのです。だから普通ににおいを嗅いだだけではキャッチすることが困難なにおいなのです。ちなみにフェロモン自体は悪臭ではありません。

フェロモンを嗅ぐシチュエーション

猫はどのような場面でフェロモンを嗅ぐのでしょうか。それは次のようなシチュエーションです。

  • 猫の尿がある場所
  • 爪を研いだ跡がある場所
  • 猫の顔やお尻のにおい
  • 人間の足裏など

猫は基本的に、マーキングのある場所のにおいを嗅ぎ、フェロモンの分析を行います。猫がトイレ以外の場所に尿を飛ばす行為は「スプレー」というマーキングの一種です。我々が「マーキング」というワードから連想する行動はまさにこれではないでしょうか?

しかし、マーキングは尿によるものだけではありません。爪とぎ・人間に頭を擦り付けるなどの行為もマーキングに含まれます。猫はこれらのマーキングがあるところは必ずチェックします。また、仲間の猫であることを確認する際も分析を行います。

人間の場合は、顔や声などの身体的特徴から相手が誰かを判断します。猫でいうこれは、においによって判断されます。猫が、人間の足裏を嗅ぐことでフレーメン反応を示す理由については次の項目で説明いたします。

人間にもフレーメン反応が起きるのはなぜ?

足のにおいを嗅ぐ猫

猫は他の猫が残した形跡や、猫同士と挨拶の過程でのみフレーメン反応を示すとは限りません。人間のにおいを嗅いだ後にも見られます。その主な場所は、足裏・靴下・靴などのいかにも臭いそうな部分です。

しかし先ほど述べたように、猫は人間の臭いそうな場所をわざわざ嗅いで、反応を楽しんでいるのではありません。実は、人間の足裏は猫のフェロモンのにおいと似ているのです。だから猫は、人間の足裏もフレーメン反応によって確認する必要があるのです。

まとめ

こてつ

フレーメン反応は、縄張り意識の強い猫にとって重要な行動から起こる現象でした。今まで自分のにおいを嗅がれた後に、あのような反応をされてショックを受けていた方にとっては朗報かもしれませんね。

筆者自身は愛猫のフレーメン反応を初めて目撃したとき、「大変!なんか口閉じなくなっちゃったよ」と騒いでしまいました。愛猫からしたらいい迷惑でしょうね。そして、慌てて検索した結果、たどり着いたのがこのフレーメン反応でした。

理由を知り、安心した日が懐かしく感じられます。もしも愛猫や、偶然遭遇した猫がこの反応をしていたらそっと見守るようにしてあげたいものですね。