猫がたまらなく好きな人にだけする9つの仕草

猫がたまらなく好きな人にだけする9つの仕草

猫を飼ってみると、色んな仕草を目にします。猫は好きな人には、それなりのアピール仕草があるようです。こんな仕草や行動を見せたら、好きだ!という証拠なのです。それでは仕草を見てみましょう。

19364view

好きを伝える9つの仕草

1 しっぽを立てて震わせる

尻尾を立てる猫

猫のしっぽの動きから、好きな人にしか見せない仕草があります。飼い主さんに近づいてくる時に、しっぽを立てて震わせていたら好きだと伝えています。猫がしっぽを立ててぶるぶるさせる時はご機嫌が良い、構って欲しいなどの気持ちなのです。

2 相手を常に目で追う

見つめる猫

好きな人を見ていたい、行動が気になるとついつい目で追ってしまいます。猫も好きすぎて、たまらなく感じてしまうと、相手を常に目で追う仕草をします。見える範囲にいる、よく目が合う、動くと一緒についてくるなどがあれば、猫が好きな相手に見せる行動と言えるでしょう。

3 顔を近づけてくる

男性と猫

好きな人には、猫も距離を縮めてきます。体の上に乗ってくるのも好きな証拠です。さらに顔を近づけてきたり、顔にスリスリして体温を感じようとするのは、好きでたまらない気持ちからくるようです。

4 仰向けでゴロン

仰向けで寝る猫

猫は、たまらなく好きな人の前になるとお腹を見せたくなるのです。目の前で仰向けになりゴロンとしてお腹を出します。体をくねくねさせて「ねぇねぇ」とアピールします。お腹を見せて来る時は、全面的に「私はあなたを信頼しています」と言うアピールなのです。

5 姿が見えないと不安になる

階段から覗く猫

トイレやお風呂など一瞬の間でも、姿が見えなくなると不安になってしまいます。これも好きでたまらない気持ちからくるのでしょう。待ち伏せて鳴いたり、うろうろしてみたり不安で仕方ないようです。好きな人に置いていかれたと言う気持ちに似ています。しかし、ここまでなってしまうのはあまりよい傾向ではないといえます。たまらなく好きでも、気持ちがセーブできないのは少し問題があるようです。

6 サイレントニャー

サイレントニャー

猫の無言の鳴き声をご存在ですか?声を出さないで鳴くことをサイレントニャーと言います。猫の不思議な仕草ですが、明らかに口はあいています。この心理には、母猫に甘える時にする仕草でもあるようです。人間には聞こえませんが、猫同士では伝わる愛情表現なのです。もし猫が、サイレントニャーをしたら「好きだよ」と伝えてくれているのでしょう。

7 真似してしまう

女性と猫

好きな相手を見ていると、真似したくなるのは猫も同じなようです。真似ばかりしていると、行動も仕草も似てきます。例えば、よく喋る相手に対し猫もよく鳴くようになる、優しく微笑んでくれる相手に対して猫も穏やかな性格になるなど、どことなく似てくるようです。好きな人といると自然にそうなることなのかも知れません。

8 ちょっかいをかけてくる

キャットタワーに居る猫

好きな相手にちょっかいをかけてくるのは、相手にして欲しいからです。こっちに気を向かせようとして邪魔したり、ちょっかいをかける仕草をします。猫も「好きな人にしかやる意味がない!」と思っているようです。気持ちに気づいて欲しくてわざとこんな行動を見せるのですね。

9 ゴロゴロなりやすい

眠る猫

猫の喉からゴロゴロと聞こえてくるのは、好きな人だけに見せる仕草です。猫が目を瞑り喉がなれば「安心する」「気持ちいい」と心を許してくれている証拠です。猫を抱き抱えただけでゴロゴロ聞こえたり、そばにいるだけでも喉がなる事はあります。猫の気持ちが抑えきれずに、出てしまっているようですね。

まとめ

瑠唯(るい)にゃん

猫は大きくわけると、好きな人と嫌いな人を区別しますが、好きな人には猫なりに表現してきます。好きな人にする仕草は、参考になるので知っておくと良いと思います。猫はお愛想をするのは苦手なようです。なので、好きな人にだけにしかしない仕草が存在するのでしょう。猫にとって、たまらなく好きな存在になれるようになりたいですね。