猫のおやつおすすめ商品と特徴、安全な物の選び方まで

猫のおやつおすすめ商品と特徴、安全な物の選び方まで

猫ちゃんに、食事の他におやつを与えていますか? 愛猫におやつをあげるのは楽しいひとときです。猫ちゃんが喜ぶ姿は嬉しいですよね。愛猫には、できるだけ安全で、おいしいおやつを食べさせたいものです。猫のおやつには、どんな種類があるでしょうか? 猫のおやつは、どのように選んだらいいでしょうか?

1700view

猫のおやつの選び方

目の前のチョコレートケーキを見ている猫

無添加のおやつ

できるだけ素材の味や形に近い、添加物の少ないおやつを選びましょう。特に酸化防止剤や保存料、着色料などを使用していない物の方が良いです。

猫のおやつのパッケージの原材料欄をチェックし、グルテンミール、プロピレングリコール、亜硫酸ナトリウム、エトキシキン、ジブチルヒドロキシトルエン、人工着色料と書かれていたら要注意です。無添加と表示されているものなら安全ですね。

猫が好むおやつ

せっかく猫のおやつを購入したのに、猫ちゃんが食べてくれなくてはがっかり。無駄になってしまいます。猫のおやつの素材には様々な物があります。

まぐろ味が好きな猫ちゃんならまぐろのおやつなど、ふだん食べているキャットフードに近い味の物から与えてみましょう。安全で猫ちゃんが好きなおやつがいいですね。

猫のおやつの種類

テーブルの上の数種類のジャーキー

カリカリタイプのおやつ

固めの固形のおやつで、食べ応えがあります。ドライキャットフードのような物や、クッキータイプのおやつがあります。カリカリタイプのおやつを与えるときは、水分不足になりがちなので、お水も飲めるようにしておきましょう。

ソフトタイプのおやつ

固形ですが、柔らかく、素材そのままで風味が良いおやつが多いです。

ペーストタイプのおやつ

なめて食べる液状のおやつです。風味が良いので、ペーストタイプのおやつを好む猫は多いです。固い物が苦手な高齢猫ちゃんや、子猫にもおすすめ。水分が多いので保存料を使用していることがほとんどです。

その他のおやつ

削り節や煮干しなど、自然素材をそのまま使用しているおやつです。削り節には、かつおの他まぐろや鶏肉もありますよ。いつもの食事に混ぜたり、ふりかけたりして与えることもできます。

猫用の煮干しは、塩分控えめにできています。人間用の煮干しは塩分が多いので、猫には与えないようにしましょう。

猫におやつを与える方法

飼い主の手からおやつをもらう猫

コミュニケーションとして

キャットフードの総合栄養食を食べていれば、猫の栄養は足りています。おやつは必ず食べなければならない物ではありませんが、猫ちゃんとのコミュニケーションツールとして与えると、猫も喜ぶでしょう。

おやつを食べる姿がかわいいので、飼い主さんも嬉しいですよね。おやつを与え過ぎるとカロリーオーバーになってしまいますので、猫におやつを与える頻度は多くても1日2回までにしましょう。

おやつのパッケージにも猫に与える量の目安が書かれていますので、参考にしてみてください。

しつけとして

猫ちゃんにしつけをしているときは、良くできたご褒美としておやつを与えるのもいいでしょう。トイレで排泄ができたとき、シャンプーや爪切りをさせてくれたときや、お留守番をしてくれた後などにご褒美として与えましょう。

栄養補給として

高齢になって食欲が落ちている猫ちゃんに、栄養補給としておやつを与えます。ふだんの食事では補いきれない栄養素を補給するためなので、与え過ぎには気をつけましょう。

キャットフードよりも良く食べるからと、おやつばかりを与えていると、おやつしか食べないなんてことにも。食事とおやつのバランスを考えて与えるようにしましょう。

アレルギーに注意する

猫によっては穀物などにアレルギーを持つ子もいます。ふだんのキャットフードではアレルギーに配慮していても、おやつでは油断してしまいがち。

アレルギーのある猫ちゃんにおやつを与える際は、原材料に注意してください。穀物不使用のおやつなども販売されています。

猫のおやつおすすめ10選

ペットフードで作られたパフェ

チャオ (CIAO) ちゅ~る まぐろ 海鮮ミックス味 14g×20本入り

チャオ (CIAO) 猫用おやつ ちゅ~る まぐろ 海鮮ミックス味 14g×20本入
721円(税込)

チュールはCMでもおなじみですね。ランキングでもトップのチャオちゅ~る。猫が自分で抱えて食べる姿がかわいいと話題になり、圧倒的な人気で通販でも売れ筋です。

ペーストタイプの食べ切り小分けパックになっています。まぐろ海鮮ミックス味は、まぐろのペーストに海鮮エキスを加えています。保存料不使用です。そのまま与えるだけでなく、キャットフードにかけたり、薬を飲ませたりしたいときにもおすすめ。

ママクック 猫用 フリーズドライ・ササミ

ママクック 猫用 フリーズドライ・ササミ ササミ 150g
1,928円(税込)

生の高原但馬鶏を使用したフリーズドライのササミです。さばきたてを瞬間冷凍、そのままフリーズドライすることで、ササミの旨味と香りと栄養を閉じ込めています。ほぐして与えます。ドライキャットフードにふりかけて与えるのもおすすめです。

モンプチ クリスピーキッス シーフードセレクト 180g(3g×60袋)

スナックタイプの猫用おやつです。噛むことで猫ちゃんの歯の健康をケアします。形状の違うカリカリが手のひらサイズの小袋に入っており、一粒ずつ手からあげるのが楽しいおやつです。

大容量なので多頭飼いの猫ちゃんにもおすすめ。ご褒美などにも使いやすいです。ピンクにハートのパッケージもかわいいですね。

モンプチ クリスピーキッス シーフードセレクト 180g(3g×60袋) [猫用おやつ]
694円(税込)

いなば 焼本かつお 海鮮かつお節味 12本入り

いなば 猫用おやつ 焼本かつお 海鮮かつお節味 12本入
754円(税込)

小さめ食べ切りサイズの焼きかつおです。シンプルな原材料で、保存料・発色剤・着色料不使用なのが猫のおやつとしては嬉しいです。柔らかくジューシーで旨味もたっぷり。猫たちが喜ぶおやつです。

いなば ちゅるビ~ まぐろと焼かつお&まぐろと焼ささみ 10g×10袋入り

いなば 猫用おやつ ちゅるビ~ まぐろと焼かつお&まぐろと焼ささみ 10g×10袋入
465円(税込)

ふっくらした柔らかいスナックの中に、クリーミーなペーストが入っています。まぐろと焼かつお、まぐろと焼ささみの2種類が入っています。

緑茶消臭成分配合で、うんちやおしっこのにおいを抑える効果があります。保存料・防腐剤は不使用です。

フジサワ カニかま140g

フジサワ カニかま140g
675円(税込)

猫がカニかまを欲しがることがありますが、人間用では塩分が多いので、必ず猫用の物を与えるようにしましょう。こちらは、かまぼこにカニ肉を加えた猫用カニかまです。

柔らかく、スライスされているので食べやすいです。ジッパー式の袋なので、開封後もしっかり閉じて保存できます。

ペッツルート 無添加 まぐろけずり うすうす花 20g

ペッツルート 無添加 まぐろけずり うすうす花 20g
458円(税込)

猫が大好きなまぐろを削り節にしています。削り節にすることで、旨味と風味が際立ちます。キャットフードに混ぜたりふりかえて与えたりするのもおすすめ。

キャットフードに飽きっぽい子や食の細い子でも食べやすくなります。自然素材なので安心です。開封後は要冷蔵ですのでご注意ください。

フジサワ 減塩ペットにぼし 500g

フジサワ 減塩ペットにぼし 500g
677円(税込)

塩分控えめのペットのおやつ煮干しです。塩を使用せずに、真水で加工しています。大きくて食べごたえがあり、固めで猫の歯にも良いです。

ペティオ にゃぶらし コラーゲンソフトガム ササミ 20g×6個

ペティオ (Petio) 猫用おやつ Kirei Cat にゃぶらし コラーゲンソフトガム ササミ 20g×6個(まとめ買い)
1,591円(税込)

デンタルケアができる機能性猫おやつです。弾力のある、コラーゲン繊維でできた凹凸を噛むことで、歯の汚れをブラッシングする効果があります。

ミント、エリスリトール、りんごポリフェノール配合で、猫ちゃんの息をさわやかにします。ささみにかつお粉末とマタタビ入り。猫ちゃんが喜ぶ味と香りです。

ドギーマン 猫用おやつ 猫の毛玉ケアスナック まぐろ味お徳用 130g

ドギーマン 猫用おやつ 猫の毛玉ケアスナック まぐろ味お徳用 130g
748円(税込)

毛玉ケアができる、カリカリとしたスナックタイプの猫おやつです。麦芽エキスの食物繊維が毛玉の排出を促します。猫が好むまぐろ味です。

猫のおやつを手作りする方法

猫の形のクッキー

ささみジャーキー

猫の手作りおやつでおすすめなのがささみ。猫が好む味で、低脂肪・高たんぱくです。茹でてほぐすだけでも、喜びますが、ジャーキーにすることもできます。

作り方は、ささみの筋を取り除いて綿棒などで薄く延ばしたら、クッキングシートにのせて200度~250度のオーブンで20分程度焼くだけ。猫ちゃんには、冷めてから与えてください。

猫用ツナ

ツナ缶は猫も大好きですよね。ただし、人間用のものは塩分が多いので、まぐろだけでツナを作ります。作り方は、まぐろの切り身にオリーブオイルを塗ってラップをかけたら、レンジで2~3分加熱するだけ。冷めたらほぐして出来上がりです。

まとめ

飼い主の手から餌を食べる猫

猫のおやつは、安全で、猫が好んで食べる物を選びましょう。おやつは必ず与えなければならない物ではありませんが、飼い主さんと愛猫との良いコミュニケーションツールになりますし、しつけにも役に立ちます。

猫のおやつはいろいろなタイプがあります。簡単に手作りすることもできますので、チャレンジしてみませんか。猫ちゃんのおやつタイムを楽しんでくださいね。