猫にも主従関係ってある?正しくしつけるための5つの方法

猫にも主従関係ってある?正しくしつけるための5つの方法

世の中は「従う者」と「従わせる者」に分かれる、と言うのが定説ですが、果たして猫の世界ではどうなのでしょうか?主従関係はあるのかないのか、はたまた猫をしつける正しい方法について、お伝えします!是非チェックしてくださいね。

4048view

猫と主従関係

女性に抱かれている子猫

猫に主従関係は存在するのでしょうか?

そもそも概念がない

男性に抱きかかえられている猫

ある獣医師によると、そもそも猫には「主従関係」の概念がないと言うことです。飼い主さんが「主」で、猫自身が「従」とは端から思っていなく、そんなことは考えたこともないのです。ですから、猫を従わせようとしても、徒労に終わってしまうでしょう。

相手と対等な関係を築く

女性の顔に触ろうとする子猫

主従関係がない代わり、猫は相手と対等な関係を築きます。相手が猫でも犬でも人間でも、猫が取る態度はあまり変わりません。人間のことを大きな猫だと思っているという説もあります。猫には生き物の種族など、それほど関係がないのかもしれません。

飼い主さんは母猫代わり

女性に抱かれている猫

飼い主さんに「にゃ~」と鳴いて甘えるのは、母猫代わりだと思っているようです。通常、成猫同士で鳴き声を使ってコミュニケーションを取ることはほぼありません。強いて言えば、喧嘩のときくらいでしょうか。

喧嘩以外で猫が鳴き声を使うのは、子猫が母猫に何かを伝えたいときです。このことから、飼い主さんに対して「にゃ~」と鳴いて要求をするのは、母猫だと思っているから、と推測できます!

ボス猫はいるらしい

椅子に座っているボスのような猫

主従関係はないと考えられる猫ですが、周囲から一目置かれる「ボス猫」は存在するようです。とはいえ、ボス猫の言うことは絶対のような感じではなく、ふだんは美味しいモノを優先的に食べられるとか、心地よい場所で寝られるとかの特権はあるものの、いざと言うときは体を張ってナワバリを守ります。

猫を正しくしつける方法

首を傾げてこちらを見つめる猫

1.叱るのは無意味

女性に抱かれて叱られている猫

基本的に猫を叱ってもなぜか分からず、ただ恐怖心だけを植え付けてしまうと言います。もし叱るとしたら、やってはいけないことをした瞬間に、「コラ!」や「ダメ」などの短い言葉で注意しましょう。

叩く、閉じ込めるなどの体罰は厳禁です。猫からすると、ただ飼い主さんに怖い目に遭わされたと思うだけで、信頼関係にヒビが入る可能性があります。

2.できないように工夫を

金網越しにこちらを見る猫

猫をしつけるのは、かなり大変だと思っておきましょう。ですから、猫がその行動をできないように工夫する方が近道です。例えば、入ってほしくない場所には柵を設ける、爪とぎしてほしくない場所に障害物を置くなどです。

どうすれば猫が困った行動を取れなくなるのか考えましょう。もちろん、猫に負担をかける方法は避けるようにしてください。

3.褒め称える

笑顔で猫を抱き上げる女性

飼い主さんが望む行動を猫が取ったときは褒め称えましょう。登ってほしくない場所に登らなかったとき、爪とぎしてはいけない場所で爪とぎしなかった場合などです。おやつを与えても良いのですが、肥満には要注意です。

4.天罰方式

口を開けて上を見る猫

猫がしてはいけないことをしたとき、猫にバレないように大きな音を立てたり、霧吹きで軽く水をかけたり、天罰が下ったかのようにする方法も。飼い主さんがやっていると分かると、信頼関係が崩れる可能性がありますのでご注意を。霧吹きを使う時はなるべく遠い場所からふんわりかかる程度にするようにしましょう。

「これをやると嫌なことが起きる」と猫が覚えれば、自然としなくなることが期待できます。根気が必要になる場合も多いので、焦らずじっくりと取り組みましょう。

5.おやつで芸を覚えさせる?

テーブルの上に置かれたオヤツを食べる猫

おやつやクリッカー(カチッと音がするトレーニング器具)を使い、猫に芸を覚えさせることもできます。クリッカーは数百円で購入できますので、手軽に始められます。おやつは肥満防止のため、1個が小さなものを選びましょう。

クリッカートレーニングは多少の手間はかかりますが、猫にとって良い刺激となり、飼い主さんも猫を扱いやすくなる、というメリットがあります。トレーニングの方法はネット上に多く出ていますので、トライしてみてください。

まとめ

ベッドの上で猫を撫でる飼い主

猫の場合、猫が「主」、飼い主さんが「従」な気がするのは筆者だけでしょうか?幸い猫に主従関係という意識はないようなので、猫に絶対服従はしなくて良さそうですが。

もちろん服従したい場合はあえて止めません。猫と対等な関係を築くのも、尻に引かれるのも、どちらを選ぶかは飼い主さん次第なのでしょう。