にゃん顔文字を使ってみよう(=^・ω・^=)!!かわいい猫の絵もじ特集

にゃん顔文字を使ってみよう(=^・ω・^=)!!かわいい猫の絵もじ特集

可愛い猫を表情した「にゃん顔文字」。今回は、様々なシーンで使える「にゃん顔文字」を紹介していきます。この記事を読めば、お気に入りの「にゃん顔文字」が見つかるかも!?新しく顔文字のレパートリーを増やしたい人は必見ですよ!

1128view

猫の顔文字を使ってみよう

スマホを除きこむ子猫

メールやLINEなど、様々な場面で活用することができる顔文字。みなさんの中にも、毎日のように顔文字を使っている人は、たくさんいるのではないでしょうか。

そんな方にぜひおすすめしたいのが、猫をモチーフにした「にゃん顔文字」です。人間の表情をモチーフにした普通の顔文字も良いですが、もう一工夫ほしい時や、可愛い雰囲気が伝わる顔文字を使いたい時に「にゃん顔文字」は大活躍します。

「猫の顔って、顔文字で表現できるの?」と思う方もいるかもしれませんが、特殊な記号や文字を使わなくても、猫の表情の顔文字は簡単に作れるんです。ということで、今回はシンプルで使いやすい「にゃん顔文字」を喜怒哀楽に分けて紹介していきます。

にゃん顔文字「喜」

笑っている子猫

まずは「喜」を表現している「にゃん顔文字」から見ていきましょう。機嫌の良さそうな猫の顔や、微笑んでいる猫の顔などを表現している顔文字をたくさん紹介していきます。

「喜」を表した顔文字:(=^・ω・^=)

こちらは、「^」を使って猫耳を表現している「にゃん顔文字」です。なんだか喜んでいる時の猫の顔にそっくりですよね。

ごく普通の猫の顔を表現したい時にも活用できそうです。

「喜」を表した顔文字:(=^・^=)

こちらは、微笑んでいる猫を表現した「にゃん顔文字」です。「・」で表現している猫の鼻がとても可愛らしいですね。

気分が良い時や、嬉しいことがあった時などにぜひ活用したい「にゃん顔文字」といえるでしょう。

「喜」を表した顔文字:≦(∩ェ∩)≧

こちらも、微笑んでいる猫を表現した「にゃん顔文字」です。先ほど紹介した(=^・^=)よりも、さらにご機嫌な気分を表現しているように感じられます。

「ェ」を使って、猫の鼻と口を表現しているのも、キュンとくるポイントですね。

にゃん顔文字「怒」

怒り顔の猫

「怒っていることを伝えたいけど、シリアスになりすぎるのは避けたい…」という時は、怒りを表現した「にゃん顔文字」を使用するのがおすすめです。

色々なシーンで使える怒り顔の「にゃん顔文字」を見ていきましょう。

「怒」を表した顔文字:(=`ェ´=)

こちらの「にゃん顔文字」は、かなりオーソドックスなタイプの怒り顔といえるでしょう。いじけている猫や、機嫌が悪い猫の表情にそっくりですね。

猫耳を表現している部位はありませんが、それでも猫ということがしっかりと分かる「にゃん顔文字」といえます。

「怒」を表した顔文字:(○`ω´○)

こちらの「にゃん顔文字」も猫耳はありませんが、猫の口に見える「ω」が使われているので「にゃん顔文字」として紹介させて頂きます。

ぷくっと膨れているほっぺを「○」で表現しているのがとても可愛らしいですね!拗ねている時などにこの「にゃん顔文字」を使えば、相手も構ってくれるかも!?

「怒」を表した顔文字:Σ(ノ`□´)ノシャーー!!

こちらは、猫が怒った時に出す「シャー!!」という鳴き声を含んだ「にゃん顔文字」です。表情だけでなく、鳴き声などを含めるのも「にゃん顔文字」を作る際のポイントといえます。

もっと猫らしさが欲しい人は、Σ(ノ=`□´=)ノシャーー!!といったような、猫のひげをプラスするのもおすすめです。

「怒」を表した顔文字:(p=`・ω・´=) q

こちらは、今にも殴りかかってきそうな猫を表現した「にゃん顔文字」です。怒っている時にも使えますが、ドヤ顔をしているようにも見えるので、やる気に満ち溢れている時にも活用できそうですね。

「怒」を表した顔文字:=ΦwΦ==○)゜O゜) ネコパーンチ!

こちらは、猫パンチを食らっている様子を表現した「にゃん顔文字」です。目がギラギラと光っている猫に、思いっきり殴られているコミカルな顔文字になっていますね。

「ふざけるなー」や「うるさーい」といった言葉と相性ぴったりの「にゃん顔文字」といえるでしょう。

にゃん顔文字「哀」

落ち込んでいる猫

次は、悲しい表情を表現した「にゃん顔文字」を紹介します。泣き顔やしょぼんとした顔など、落ち込んでいる時や心配している時に使える「にゃん顔文字」をさっそく見ていきましょう。

「哀」を表した顔文字:(=;ω;=)

こちらの「にゃん顔文字」は、涙を流している猫を表現しています。泣き顔は色々なシーンで使えるので、これはかなり便利な「にゃん顔文字」といえますね!

さらに猫らしさをプラスしたい場合は、(=^;ω; ^=)といった「にゃん顔文字」を使うのもおすすめです。

「哀」を表した顔文字:≦´Å`≧

こちらは、落ち込んでいる猫を表現している「にゃん顔文字」です。「Å」を使って、猫の鼻と口を表現しているのが、とても可愛らしいですね。

そして「≦」と「≧」を使って、垂れ下がっている猫耳を表現しているのも素敵です。

「哀」を表した顔文字:(=xェx=)

こちらは、完全にまいっている猫を表現した「にゃん顔文字」です。目が「x」になっていて、かなりダメージを受けている様子が伝わってきますね。

にゃん顔文字「楽」

機嫌の良い猫

次に紹介するのは「楽」を表現した「にゃん顔文字」です。楽しそうな表情の「にゃん顔文字」を見ていきましょう。

「楽」を表した顔文字:(ノФωФ)ノ

こちらは、バンザイをしている猫を表現した「にゃん顔文字」です。普通のバンザイを表現している(ノ^^)ノなどに飽きてしまった人には、かなりおすすめできる「にゃん顔文字」といえるでしょう。

「楽」を表した顔文字:V(=^・ω・^=)v

こちらは、ピースサインをしている「にゃん顔文字」です。リアルな猫はピースサインなんてしないため、とてもコミカルな雰囲気を感じることができる「にゃん顔文字」ですね。

「楽」を表した顔文字:(=^・・^)v Thanks!!

こちらの「にゃん顔文字」もピースサインをしている「にゃん顔文字」ですが「Thanks!!」といった文字もついています。

感謝の気持ちを伝える時には、ぴったりの「にゃん顔文字」ですね。

その他の猫の顔文字

スマホの上に顔を乗せる猫

最後に、喜怒哀楽以外の感情を表現した「にゃん顔文字」を紹介します。以下の「にゃん顔文字」もとっても可愛いので、ぜひ顔文字のレパートリーの中に追加してみてはいかがでしょうか。

疑問を表した顔文字:(=・ェ・=?

こちらは、質問をしたい時に使える「にゃん顔文字」です。ポカーンとした表情がとっても可愛いらしいですよね。

寝顔を表した顔文字:(= ᵕ ω ᵕ =)

こちらは、寝顔を表現した「にゃん顔文字」です。「おやすみなさい」といった文言を送る時などに使える顔文字といえるでしょう。

まとめ

スマホを持ちながら眠る猫

「にゃん顔文字」と一口に言っても、様々な表情がありましたね。

お気に入りの「にゃん顔文字」を見つけた!という人は、ぜひユーザー辞書登録しておくことをおすすめします。

人気のキーワード