子猫用のケージを選ぶ時のポイントとおすすめ商品

子猫用のケージを選ぶ時のポイントとおすすめ商品

子猫用のケージには何が必要でしょうか。そもそも何故子猫用のケージが必要なのでしょうか。とても大切な理由があります。子猫にとっても飼い主にとっても使うタイミングが合えば効果の高い、子猫用のケージについて調べてみたいと思います。

1507view

子猫用のケージはどんな物を選ぶべき?

ケージの中から外を見る子猫

猫は基本的に自由に、家の中を歩きまわれるようにしてあげなければなりません。猫の日常は縄張りのチェックや、好きなときに気持ちの良い場所で寝たり、遊んだり、探検したり、運動したりと、様々な行動から成り立っています。

自由な猫がケージの中だけで過ごす生活は、ストレスが溜まってしまいますが、子猫用にケージが必要な場合があります。

子猫の居住性を考える

ベッド、トイレ、水飲み、ご飯などの生活必需品を置ける場所が、まず子猫用のケージには必要です。
そして飛び乗ったり飛び降りたりできる子猫用の遊び場や、爪とぎも置けるような広さや高さのあるケージが必要になります。やはり、ある程度の大きさのケージか大型のケージが子猫用として最適でしょう。

子猫の安全性を考える

子猫はまだまだ猫としての運動能力は開花していませんから、思わぬ行動で怪我をすることがあります。子猫はケージの編み目から出ようとして骨を折る、首が挟まるなど、危険な場合があります。子猫が抜けられない大きさの編み目を選び、ちょっとした力でケージに隙間があかないような子猫用のケージを選びましょう。

飼い主の家とのバランスを考える

子猫用のケージですが、居住性や安全性を考えると必然的に大型になります。子猫用のケージを購入したら、人間の居住性に支障が来したなどの哀しいことにならないように、飼い主の家に見合うバランスのとれた子猫用のケージを選択してください。

子猫用のケージの使い方

ケージの中の二匹の子猫

子猫は成長に従い、周りに興味を持ち始めます。危険な場所も分からずに探検をして、隅っこに落ちてしまったり、高いところから降りられなくなったりする場合も多くあります。必要なときに、子猫用のケージで対処をすれば心配事も減ります。

家に初めて迎えたとき

慣れない家に来れば猫も緊張し、警戒します。特に多頭飼いの家では先住猫も警戒をしてしまうでしょう。子猫用のケージが、新入り猫の縄張りになれば子猫も安心できます。

子猫に留守番をさせるとき

家を留守にするときには、子猫用のケージに入れておけば目の届かない事故にも安心です。

子猫が就寝するとき

子猫が慣れてくると、飼い主の布団に入りたがる猫が多いです。子猫のときに人間の布団の中に入ってしまうと力も瞬発力もあまりないので、猫が布団の中で窒息しそうになったり、飼い主の寝返りで怪我をしてしまったりすることがあります。子猫用ケージに入れて就寝させれば、飼い主も安心して眠れるでしょう。

調理中や食事中

台所には火や危険な野菜も多くあります。好奇心旺盛な子猫には目の毒ですし、足下にいるのに気が付かず踏んづけてしまうこともあるでしょう。食べることが好きな子猫は、人間の食事にも興味津々でしょう。料理中や食事中も、子猫用ケージに入れておけば飼い主も落ち着けます。

子猫用のケージおすすめ商品

ケージの中で眠る子猫

アイリスオーヤマ ペットケージ

ペットケージ 3段
12,606円(税込)

商品情報
サイズ:93×63×178cm

居住性があり、子猫用のケージとして人気のあるアイリスオーヤマ社のケージです。大きいので子猫用のケージを置く場所を計ってからが良いでしょう。

サークルームコンフォート・ミニ

サークルームコンフォート・ミニ
10,267円(税込)

背の高い子猫用のケージではありませんが、猫の気持ちを考えたケージの作りになっています。

便利なコンパクトに折りたためるケージ

コンパクトに折りたためるケージ
9,500円(税込)

大きくはありませんが、折りたたみ式の子猫用のケージです。緊急時にもケージがどうしても必要なときにも、重宝しそうな子猫用のケージです。

猫壱 ポータブルケージ 折りたたみ

ポータブルケージ 折りたたみ
3,598円(税込)

猫壱社の折りたたみケージです。子猫用でも成猫用でも使用でき、折りたたみ式ですから場所もとらなくて良いですよね。

子猫用ケージの入手方法

ケージの中で寄り添う二匹の子猫

ケージレンタル

公式サイト
子猫用のケージをレンタルしてくれる会社もあります。ケージを購入するより、レンタルの方がお得な場合もあります。

猫ケージあげます

子猫用にケージを購入しても大きくなれば、使わなくなることが多いようです。子猫用ケージを無料もしくは、安く手に入れることもできます。

手作り

100均のワイヤーネットや、すのこを使って子猫用のケージを手作りすることもできます。安い費用でおしゃれで、かなり立派な子猫用のケージを作ることが可能です。子猫が喜んでくれること間違いないでしょう。

まとめ

ケージの隙間から手を出す子猫

子猫用のケージを選ぶときのポイントと、おすすめ商品についてお伝えいたしました。子猫用にケージは必要だと思います。

いつ子猫用のケージから出せるかと考えていましたが、子猫がある日ケージで寝たくないと抗議の粗相をして、ケージ内での就寝が終了しました。

人間が考えるより猫のタイミングで考える方が、うまく行くことが多いのかもしれませんね。