ペルシャ猫の里親になる方法や費用、心構えまで

ペルシャ猫の里親になる方法や費用、心構えまで

ペルシャ猫の里親になりたいと思ったら、インターネットで検索したり、譲渡会に参加する方法があります。ただ、ペルシャ猫の里親になるということは、一度飼われていたことのある成猫を引き取るということです。ペットショップで子猫を購入するのとは違い、手順や条件があります。ここでは、ペルシャ猫の里親になるために、どのような準備と心構えが必要なのかまとめました。

1382view

ペルシャの里親になる心構え

抱かれてこちらを見ている青い目のペルシャ猫

ペルシャの里親になる費用

ショーキャットとしても人気のペルシャ猫。猫の王様と呼ばれるペルシャ猫ですが、性格は穏やかで飼いやすく人気があります。ペルシャ猫を飼いたいと思っても、ペットショップなどで購入すると、10万~20万円ほど。それなりのお値段がしますよね。

その点、里親制度で譲ってもらうなら基本的に譲渡代金はかかりません。ただし、去勢・不妊手術やワクチン接種の費用は負担することがありますので、確認してくださいね。

ペルシャの里親で実際にかかる費用

ペルシャ猫を引き取ってから自分で動物病院へ連れて行く場合、去勢・避妊手術で10,000~30,000円、ワクチン接種は3種混合で3,000~5,000円、5種混合で5,000~7,000円が必要になります。

ペルシャの里親に向いてない人

引っ越しやアレルギーなど、何らかの理由で飼えなくなったペルシャ猫を、里親を募集して譲るので、すでに子猫ではない可能性が高いです。子猫の頃からペルシャ猫を育てたいという人には、里親制度は向いていません。

ペルシャの里親の条件

人気の高いペルシャ猫ですから、里親募集の件数が少ないのも事実です。根気よく探す必要があります。ペルシャ猫の里親になるには、一定の条件を満たしていることも必要です。飼えなくなったり、保護されたりしたペルシャ猫を引き取ろうというとき、譲ってもらうための基準が厳しいので戸惑うかも知れません。

小さな子供がいる家庭や、一人暮らしなどは譲ってもらえないことがあります。また、ペットショップなどと違って、気に入ったペルシャ猫と出会えたとしても、その日のうちに迎えられるわけではありません。里親としてペルシャ猫を迎える場合、多少の時間がかかることも覚えておきましょう。

引き取れることが決まったら譲渡契約書にサインをして里親になりますが、ペルシャ猫を飼った後で、契約内容に違反していることがわかったら、ペルシャ猫を返さなくてはならないこともあります。

ペルシャの里親を飼う覚悟

里親に出されているということは、一度飼い主から手放されているなど、何かしらの理由があるはずです。里親になったら精神的なサポートも必要でしょう。ストレスから粗相をしてしまったり、なかなか懐かなかったりと言うことも考えられます。

ペルシャ猫は15~20年生きます。他の猫と比較しても寿命は長い方です。それだけの期間、責任を持って面倒を見続けられるのか、よく考えて里親に応募しましょう。

ペルシャ猫の里親になる手順

ハートのクッションを抱えているペルシャ猫

里親募集サイト

  • インターネットなどでペルシャ猫の里親募集を探す
  • 飼いたいペルシャ猫を飼育している団体個人に里親応募する
  • 飼育している団体個人と対面
  • ペルシャ猫の飼育のトライアル
  • 譲渡契約書を交わす

里親の募集をしている相手に連絡を取るには、直接メールを送るか、掲示板のメッセージ機能を利用する方法があります。知らない相手にメールアドレスを知られるのが不安な場合は、フリーのメールアドレスを取得しておくと、トラブルの際に削除することができます。

連絡がついたら、里親を募集している相手とペルシャ猫と対面しますが、やはり初めて会う相手なので、一人ではなく家族などに同伴してもらうといいでしょう。その後、実際にお試しでペルシャ猫を飼ってみるトライアル期間に入りますが、トライアルは行わない場合もあります。問題がなければ、譲渡契約書を交わして、ペルシャ猫をお迎えすることができます。

譲渡会

  • 保健所や保護センターの譲渡会に応募する
  • 講習を受ける
  • 面接審査
  • 譲渡会に参加する
  • 気に入ったペルシャ猫が見つかったら里親申込み
  • ペルシャ猫の飼育のトライアル
  • 譲渡契約書を交わす

譲渡会に参加する場合は、各団体によって異なりますが、講習を受けなければならないことが多いです。講習の内容は猫のしつけの方法や注意点など、難しいことはありませんが、猫を飼う上で知っておかなければならないことを勉強します。講習を受け、面接審査に通ったら譲渡会で猫を探します。

譲渡会で飼いたいペルシャ猫が見つかったら、実際に飼ってみるトライアルを行い、問題がなければ譲渡になります。

ペルシャ猫の里親探す方法

ペルシャの子猫たち

ペルシャ猫の里親になりたい場合、保健所や保護センターの譲渡会に参加するか、里親募集サイトなどで探します。ここでは、全国版の里親募集サイトをご紹介します。

ペットのおうち

ペットのおうちは国内最大の里親募集サイトです。会員登録は無料で、すぐに飼いたいペルシャ猫を探すことができます。ペルシャ猫は少ないですが、利用者が多いので見つかる可能性は高いです。猫だけでなく、犬や小動物、爬虫類など、様々な里親募集があります。

いつでも里親募集中

いつでも里親募集中では、飼えなくなってしまったり、捨てられて保護されたりした猫と犬の里親を募集しています。里親を探したい人と、里親になりたい人を仲介する掲示板です。全国から探すこともできますので、ペルシャ猫の情報を根気よく見つけてみてください。

ぺネット

ぺネットは、ペットを手放す飼い主がもっとも信頼できる里親を探して大切にしてもらうための、サポートサイトです。口コミで作るトリミング情報や動物病院情報も公開しています。登録は無料で、多くの猫や犬の中から、飼いたいペルシャ猫が見つかったら、里親申込みをし、情報交換をします。

ペルシャ猫の飼い方

ブラシをかけてもらっているペルシャ猫のしっぽ

トリミング

ペルシャ猫はダブルコートの長毛種です。ふわふわの美しい被毛はもつれやすいので、1日2回程度のブラッシングが必要です。抜け毛が多く、グルーミングで飲み込んでしまった毛玉を吐くことも多いので、余分な毛を丁寧に取り除いてあげましょう。月に2回程度のシャンプーも必要です。

目と鼻のケア

ペルシャ猫は、つぶれたような短い鼻と、鼻と目の位置が近いのが特徴です。そのため、涙や目やにが出やすいので、こまめに拭いてあげましょう。鼻が低く、鼻の穴が小さいので、激しい運動の後は呼吸がしにくくなることがあります。体の熱がこもりやすく、夏の暑さに弱いので、適度に冷房を使うなど熱中症に注意が必要です。

眠りやすい環境を作る

よく寝ると言われる猫の中でも、特に寝ている時間の長いペルシャ猫です。成猫で1日15~16時間、子猫やシニア猫では20時間ほども寝ていると言われます。寝る時間が長くても心配ありませんので、無理に起こさないようにしてくださいね。ペルシャ猫が、昼でも夜でも眠りやすい環境を整えてあげるといいでしょう。

運動は苦手

ペルシャ猫は、運動があまり得意ではありません。1日の大半を寝て過ごします。キャットタワーなどを用意してあげる場合は、あまり高さのない、ベッドがついたものがおすすめです。ただし、あまり動かずにいると運動不足で肥満になります。ペルシャ猫が起きていて構って欲しそうなときは、おもちゃなどで遊んであげてください。

ベッドの上で前足を伸ばして寝るペルシャ猫

ゴージャスな外見と穏やかな性格で飼いやすいペルシャ猫は、人気の猫種です。ペルシャ猫の里親になるということは、一度飼われていたことがある子を引き取るということ、ほとんどが、性格の定まった成猫であるということを覚えておいてくださいね。

ペルシャ猫の里親募集は、里親募集サイトや動物愛護施設の譲渡会で探すことができます。里親募集の件数は決して多くありませんが、全国区の里親募集サイトなら見つかる可能性があります。

ペットショップで購入してすぐに連れて帰れるのとは違い、手順や条件などもあるのが普通です。焦らずに、しっかりと準備を整えた上で、新しい家族になるペルシャ猫を迎えてあげてください。

スポンサーリンク