野良猫が人になつく方法と注意点

野良猫が人になつく方法と注意点

猫好きの人は野良猫とも仲良くなりたいと思いますよね。でも、野良猫は警戒心が強いので人間が近付くと逃げてしまうため、人になつくのは難しいと思います。今回は野良猫がなつく人の特徴やなつく接し方、野良猫と仲良くなる方法などをまとめてみました。

130908view

野良猫がなつく人の特徴

屋根の上にいる野良猫

どんな人に野良猫はなつくのか

猫がなつくのは、ずばり次のような人です。

  • 小柄で優しい女性。
  • ゆったりとしたおばあちゃん。
  • 子どもや赤ちゃん。

野良猫がなつくために重要なのが、猫の耳の構造が大きく関係しているという事です。猫は耳の感度がとてもよく、高い音であれば6万~10万ヘルツという高音まで聞き分ける事が出来る動物です。ちなみに人間の耳では1.5万~2万ヘルツまでしか聞き分ける事が出来ないそうです。

なぜ、猫が女性や子供になつくかと言うと、女性や子供の甲高い声が野良猫には心地良いという点があるようです。逆に、男性の声は、低い音が苦手な猫にとって怖い印象を受ける音に聞こえるそうです。また、感度が高いため、大きな声や大きな音を嫌います。

野良猫がなつく方法と接し方

2匹の野良猫

では、野良猫が男性になつくことはないのでしょうか?
いいえ、そんな事はありません。次の事に注意して接すれば、野良猫がなつく事も夢じゃありません。

猫にやさしい声を出す

まず、声のトーンを少し高くして赤ちゃんをあやす感じの声を意識して出してみて下さい。とにかく野良猫がなつくためには、心からの優しさがポイントなのでしょうね。
※野良猫は何か病気を持っていたり、ノミやダニがいる可能性があるので、抵抗力の弱い子どもや赤ちゃんには近寄らせない方が良いでしょう

野良猫が怖がらせないように接する

野良猫と接する時は次の点に注意しましょう。

  • 野良猫と目を合わさない。
  • 匂いの強い物は身につけない。
  • 野良猫を追い詰めない。
  • 野良猫の前では激しい動きはしない。

まず、猫という動物はにらみ合った時に喧嘩をします。「目をじっと見つめる行為=敵に威嚇する行為」である、と認識しましょう。野良猫は視線に敏感であり、警戒心が強いということですね。

また、匂いにも敏感で、香水や洗剤、特に柑橘系の香りは苦手です。野良猫がなつく為には、自然体を心がけるといいという事でしょう。

たとえ、近寄ってきても、触らず、野良猫が好きなようにさせることがなつく秘訣です。そして可能な限り体を小さく(体育座り→親近感が湧くそうです)して、自分は敵ではないことを誠心誠意アピールすることです。間違っても、大きな声で呼んだり、手で触ったりしないで下さい。猫がなつくまで焦らずゆっくりと慎重に待ちます。

慣れてきたら、野良猫に触ってみよう

  • 触りながら野良猫の反応をみる。
  • 野良猫の気持ちの良い所を探してみる。
  • 手の甲で触ってみる
  • 野良猫を触ったら、手を良く洗うこと。

野良猫の絶対領域である2m以内に入る事ができるようにまでなったら、段々なついてきているので、手の平ではなく手の甲で触ってみましょう。

手の平はつかまれる感じがして嫌がります。猫の背中も触るのはやめましょう。どこがいいかというと猫の大半は「頭や首周辺・尻尾の手前」に触られると気持ちが良いようです。そこを手の甲で優しくなでるように触ります。気持ち良ければ猫の方から体を押し付けてきます。そこまできたら、野良猫がなついたといえるでしょう。

気を付けたいことは、野良猫はどんな病気をもっているかわかりませんので、触った後は必ず、消毒用の石けんで手を洗うことを習慣付けて下さい。

なつく野良猫への餌やりについて

人の手にじゃれている野良猫

餌やりは法律で禁止されている場合があります

野良猫でも家猫でも、仲良くなって、猫がなつくための手段としてオヤツや餌をあげるという方法があります。しかし、野良猫に餌付けするとなると、場合によっては法律違反になる場合がある事を覚えておきましょう。

例えば、京都市の条例では、周辺住民の生活環境に悪影響を与えるような方法での餌やりを禁止しており、違反した場合は5万円以下の罰金を課せられる場合があります。

野良猫への餌やりはトラブルの原因になりがち

なぜここまで禁止されているかと言うと、糞尿に関するトラブルが大きいかと思います。猫の行動範囲は約1kmといわれています。餌付けによって集まった猫の糞やおしっこが、ご近所の迷惑にもなりますし、猫アレルギーの方や、もともと猫が嫌いな方もいらっしゃるかもしれません。色々な要因が重なり、更なるトラブルの原因になることもあるでしょう。

どうしても野良猫に餌付けしたい人は・・・

このように、野良猫の餌やりには制約が多く、安易な気持ちで餌をやらない方が無難だと言えます。どうしても猫に餌付けしたい場合は、公共の場や私有地の近くを避け、自宅の敷地など迷惑をかけない場所で、次の点に注意しましょう。

  • 自治体でのルールはないか、保護団体はないのかをあらかじめ調べてみること。
  • 決まった時間にやること。
  • 糞尿は責任をもって処理すること。
  • 公共の場では与えないこと。
  • 近所の方の迷惑を考えること。

猫は一度与えられると、またもらえると思って、その時間に来ます。不規則に餌をあげていると、その周辺でずっと待ってしまう可能性もありますし、他の野良猫をも寄せてしまうことにもなります。

結果、人間に餌を頼ってしまう猫も出てくるでしょう。そのため、残った餌はすぐに綺麗に片づけること。決まった時間、そして継続して最後まで責任を持つ覚悟で餌をあげないと、野良猫の為にもよくありません。その際に避妊・去勢手術がされていないようであれば手術を受けさせる事も検討したほうがいいかもしれません。

そして、可愛い野良猫が自分になつくために、安易な気持ちであげたりしないよう、心がけるようにしましょう。

関連記事
不幸な猫の命を増やさない為にも「避妊去勢手術」を!
不幸な猫の命を増やさない為にも「避妊去勢手術」を!

猫でむやみに子供を産まないために行う去勢・避妊手術は多くの飼い主が行っていますが、この手術を受けると子供を産まない以外にも変化が起きます。その変化を知ることで、まだ去勢や避妊手術を行っていない飼い主の方に、どうすることが最良の選択になるのか判断して下さい。

  • 猫のトラブル
  • トラブル全般

野良猫を減らす取り組みが行われています

地域住民・ボランティア・行政が一丸となり、野良猫を環境問題として取り上げ、減らしていこうとする所が増えているそうです。

現在、年間合計15万頭の所有者不明の動物(犬・猫)が保健所に持ち込まれ、持ち込まれた動物の役10万頭近くが殺処分されているそうです。(平成26年:環境省データより)

  • 繁殖を抑えること。
  • 置き餌をしないこと。
  • 糞被害の対策をとること。

この3つの取り組みが重要だそうです。

野良猫を減らす活動としては、不妊治療をしてその場所に帰してあげるTNR活動などが様々な地域で行われています。

関連記事
野良猫のTNR活動の目的と内容とは
野良猫のTNR活動の目的と内容とは

野良猫に不妊手術を行い、元の場所に返す活動「TNR(Trap Neuter Return)」。この活動が必要な事なのか、無駄な事なのか。様々な意見がある中で、TNR賛成派として考える必要性と注意点やTNRをする際に心掛けたい事など成功例を交えて紹介します。

  • 猫のトラブル
  • 野良猫対策

TNR活動で不妊手術が済んだ猫たちは、手術済みという事がわかるよう、耳の先をカットされている事が多くさくらねこと呼ばれています。

関連記事
さくらねこについて その活動の目的
さくらねこについて その活動の目的

「さくらねこ」って聞いたことがありますか?ある団体が無料で野良猫の不妊手術を行い、その証として猫の耳に三角の切れ目を入れます。えっ!切っちゃうの?可哀想!と思うかもしれませんが、実はこのさくらねこは、とっても恵まれています。ここでは、そんな「さくらねこ」について詳しくご紹介します。

  • その他猫情報
  • その他

私の野良猫との経験談

野良猫と優しく撫でている人

10年程前ですが、家の敷地に野良猫が住み着いたことがあります。
その1匹がしばらく住みつくようになると、その野良猫は子猫を4匹連れてくるようになりました。その猫が母猫だったようです。

母猫は私から餌をもらうと、独特の鳴き声を出していました。それは子猫を呼ぶ声だったのです。その声を聞きつけた4匹は一生懸命走ってきて、餌を食べ始めました。

母猫は食べずに子猫たちを見守っています。この光景をみて、人間よりも猫の方が、子育ての仕方が上手なのではないかと思い、感動したのを覚えています。

子猫はなかなか私にも家族にもなついてくれませんでしたが、ある時、私が悲しみに押しつぶされそうな事があったとき、感動する出来事がありました。

私は、家族に心配をかけるのを嫌い、そしらぬ振りをして過ごしていた時の事です。外でボーとしている私の足元に、いつの間にか4匹がくるりと囲んで、温めるようにしてくれました。思わず泣いてしまいました。なんて優しい猫たちなのだろうと愛おしさで胸がいっぱいになりました。子猫たちには伝わったのかもしれませんね。

そんな出来事もあってか、今ではすっかり野良猫が大好きな愛猫家になっております。

まとめ

如何でしたでしょうか?このように野良猫がなつくようになる為には、時間も労力もかかります。猫の寿命は、飼われている猫は15年以上生きる猫も多くいる一方、野良猫は3~5年程度の寿命のようです。

野良猫はそれだけ危険にさらされているのです。毎日が危険な綱渡り状態ではどんな人間も敵に見えるでしょう。そういう野良猫の気持ちを察して、なつくようになるまで、辛抱強く待つことです。とにかく真心を込め、優しく接することが大事だと思われます。猫好きもそうでない方も、共に平穏に暮らしていける世の中であればと願っております。

女性 にゃコロ

野良猫達は、人の為に便利になった世の中で、生きることに必死だと思います。
私が住んでいる街は比較的車通りも多く、早くに命を落としてしまう猫達も多い事に心が痛みます。
数年前、愛猫とのケンカをきっかけに暫く日なたぼっこしに顔を出してくれた野良猫がいました。猫じゃらしで気を引いてみたり、チッチッと声を出したりして距離を縮め、触れる前にはまず、こちらの緊張感を取ってからアゴ下をなでていました。
人慣れしている野良猫と人慣れしていない野良猫は、目付きが違うと感じます。
日なたぼっこしに来ていた野良猫も、触らせてくれますが、決してゴロゴロと喉を鳴らす事無く、いつの間にか姿を消してしまいました。
人の世界で、人に慣れずに生活する野良猫達は、日々緊張感と警戒心を解くこと無く1日を必死で生き抜いているので、安易に野良猫の領域に関わるのは、逆にお節介になる事もあるかもしれません。
もちろん、近づいてきてくれる子にはたっぷり可愛がってあげて下さい。距離感が縮まらない時は無理に近づかず、遠目から写真を1枚撮らせて貰うのが得策です。

10代 女性 野生のsovietunion

猫大好きです。改めて思いました。
保健所に持ち込まれた猫の内10万匹が殺処分されているのをこの記事で知って
とても驚いて悲しくなりました。
どんな気持ちだったのか考えると胸がとても痛みました。
猫の為に出来ることはと考えさせられました。
猫の為に何でもいいから小さなことでもやりたいです。
わたし一人の行動はちっぽけかもしれません。だけど世界中の皆が行動をしたら
変わります。絶対に変わります。
お願いします。一人でも多く猫の気持ちを考えてあげて下さい。
それだけで良いんです。
そんな人しか世界に居なかったら一匹として殺処分はされないでしょう。
そんな世界になることを私はいつまでも願い続け呼びかけ続けます。

女性 ゆき

餌もなくお腹を空かせた野良猫にすり寄られてきたときには、可哀想で見ていられなくなります。その結果餌をあげてしまう人も多いのですが、そうしてしまうとまたやってきます。1度あげると猫も学習し、毎日通うようになるのです。

自宅、そして近所には糞尿の被害もなく、ただ餌だけを食べにくるならまだしも、メス猫の場合は安全な場所だと認識し、やがて子猫を生み子猫まで連れてやってくるようになることもあります。

そうなった時に、餌をあげてしまったことの重大さに気が付く人が多いです。しかしその時にはもうすでに手遅れ・・・。

たしかに餌をあげ続ければ野良猫でも懐いてくれるかもしれませんが、なんせ飼う気持ちがないなら懐いて貰う必要もありません。私は餌やりをする=なつかせていずれ保護をする、という気持ちで数日行うのならアリかなと思っています。

我が家の周りは野良猫だらけで、昨日の夜も近所の野良子猫が我が家の玄関の前にやってきましたが、「ここで餌をあげたら負けだね」と主人と話し、気が付かないふりをしました。3時間我が家の前の玄関に居座った後、近所のお宅の前にいったようで、大きな物音とおばさんの叫び声、そして野良猫の「ギャァ!」という鳴き声が聞こえてきました。

まさかと思い、窓から覗くと、さっきの子猫がボロボロになって我が家の玄関へ走ってきたのを見て、「やっぱり追い払われたんだ」と感じました。その後も可哀想だという気持ちを抑えて無視したのですが、玄関のドアをけなげにカリカリとひっかき、開けてくれと鳴く子猫を見て涙があふれてきました。

主人と話しそのまま玄関へいれることにしたのですが、餌をたくさん与えるとお腹いっぱいになって安心したのか、眠りにつきました。現在はゲージに隔離していますが、来週主人の休みに病院へ連れて行き、我が家の家族として迎え入れます。

女性 ふーたん

野良猫の場合、”人なつっこい子”と”警戒心がとても強い子”の2つに分かれると思いますが、やはり一般的に多いのは”警戒心がとても強い子”ではないでしょうか。

今までたくさんの野良猫をみてきましたが、自らすり寄ってきたのは2匹だけです。それ以外の子はこちらを見るなり走って逃げだすか、もしくは「ウゥ~」と低い声を出し威嚇してくる子が多かったです。

明らかに猫ハジラミがついていたり、ダニなどがついていたりと、虫のせいで体を掻きむしっている子を見ると、「どうにか保護して虫の駆除薬を・・・」と考えますが、うまいぐあいに懐いてくれないので難しいのが現状です。

こちらの記事を参考にし、時間をかけながら野良猫と仲良くなり、どうにか体の不快感を無くしてあげれたらなと思います。

女性 ひなママ

ガリガリの体であきらかにお腹を空かせている野良猫を見ると、「せめてエサだけでも」と思ってしまいますが、実は地域によっては、野良猫への餌付けは5万円以下の罰金を課せられるところもあるそうです。

市役所や愛護団体へ連絡し、野良猫への餌やりのルールを確認してみると良いかもしれません。

友人は市役所へ連絡し、野良猫への餌やりのルールを聞いた所「問題はない」と言われたそうですが、地域の動物愛護団体へ問い合わせのメールをしたところ、「餌をあげるとご近所トラブルの原因になることがあります。こちらで保護するので、野良猫がいる場所を教えてください」と言われたそうです。

このように市役所と地域の愛護団体で回答が異なる場合もあるため、念の為どちらにも連絡を入れることが大切ですね。

女性 ケロキ

我が家の猫は野良だっだので、家の周りにいる野良猫は気になってしまいますね。猫を飼い始めて思ったのは、食べ物だけで猫は人に懐かないのでは?ということです。猫は飼い主が話しかけるとちゃんと聞いてると思います。薄目でこちらを見て、相づちの様に目を閉じてくれるのです。なので、野良猫でもある程度の距離を保って話しかければ顔見知りとして覚えてくれると思います。うちの周りにいる野良猫は人に頼ってごはんをもらうという考えが全くないらしく、なつくことはないと思いますが、声をかけるようになってからは走って逃げることがなくなったように感じます。海外の動画ですが、猫に優しく話しかけることでその地域の猫に好かれている人がいました。野良猫とのかかわり方は色々な方法がありますが、地域差が大きいと思います。

40代 女性 よし

野良猫を可愛がる場合、責任を持って敷地内以外に決して出さないようにしてください。
猫よりも、可愛がる人間の無責任と利己主義が問題だと思います。

30代 女性 ノラ

野良猫を数頭保護した経験から、野良猫は身体も糞尿も病原菌等が沢山潜伏していると思って慎重に近づいてください。
殺処分での死亡数より事故死等の死亡数の方が多いと言われていますので、外飼い猫の平均寿命は極めて短いです。安らかな生活環境が得られず長生きできない辛い余生があるだけなら早く逝かせてあげる方が良いかもしれません。
延命治療を受けず、苦しむ期間を短くする人間と同じです。
家猫にするつもりが無いなら、可哀想なので絶対に餌はやらないでください。
地域猫として野良猫に餌やり等をするなら、地域全体で責任を持って完全室内飼いをして、外飼いでの危険から猫を守ってあげてください。

10代 女性 ぶち

家の近くに4匹の子猫がいました。私は、その猫にかつお節やかりかりなどあげて少しでも子猫に近づきたいと思って側で見ていました。
そしたら、近所にいる飼い猫が私の後を付いてきてしまって、、
その飼い猫は結構ヤンチャで子猫達が見つかったら追いかけ回すと思ったので、子猫が見つからないように飼い猫の気を引かせていたのですが、あいにく見つかってしまい、飼い猫は1匹の子猫を追っかけ回し、首元をくわえてどっかへ連れて行ってしまいました。私はその時「やめて!」と叫んだのですが、止めることができませんでした。あの時ちゃんと止めていたらと思うととても後悔してます。
なんで捕まえるのか、猫の本能なのかわかりませんが、子猫を想うと切ない気持ちでいっぱいになります。もう、恐怖心がしみついて猫にも人間にも心を開いてくれないと思います。野良猫の世界は野生の動物と一緒なんだなと思いました。切ないです。いま、連れていかれた猫がどこにどうなったかわかりませんが、ちゃんと生きていることを願っています。残った子猫3匹を連れていかれた子猫みたいにならないように安全な場所へ移してあげたい一心です。

30代 女性 地域猫は野良猫

野良猫への餌やりは反対です。
地域の猫というなら地域の人達が責任を持って分担して飼育可能な頭数を室内飼いしてください。
野良においておけば、車に轢かれたり殺鼠剤を食べたり虐待されたりして悲惨な死に方をします。
車に轢かれて、まだ意識があるのに後続車に轢かれてトドメを刺されペッチャンコになって死んでいくのを可哀想に思わないのでしょうか。毒餌や虐待にあって苦しんで苦しんで死んでいくのを可哀想に思わないのでしょうか。
まだ保健所等での殺処分の方がマシに思える私は変ですか?。

40代 女性 もなか

野良猫に餌を与えるのが反対な方へ

野良猫は最初から野良猫ではありません。人間が捨てた猫です。
ワタシも外猫さん4匹を養っていてみんな避妊手術して、病気の時やダニがついた時は薬を与えて外でのんびり暮らしています。うちには幸い広い畑と、猫達のための小屋があるので、そこでいつもくつろいでます。
ご飯をあげないと手術するのに捕まえる事も出来ず、ゴミを荒らして人に嫌われるよりは、ご飯をあげることで猫達も人も助かると思うのです。
手術とご飯をあげることをすることで、その子の一代限りの猫生を全うさせるということで、猫を捨てた人間のせめてもの罪滅ぼしと思うのはどうでしょうか。
保健所での殺処分の方がマシ、という言葉もありましたが、その処分方法は安楽死などではなく、狭い箱に入れての二酸化炭素充填での窒息死です。数分間苦しんで苦しみ抜いて死ぬそうです。そんな実態を分かってもらえたら、と思います。

40代 男性 匿名

地域猫を保護、受け入れました。
攻撃性治まり懐くまでに時間がかかるのは覚悟していましたが、
懐くまでの期間に、動物病院へ行かねばという怪我、症状が見えても手の出しようがなくなり
どうしていいか分からなくなりました。
親切な先生に画像で出せるお薬だけいただきましたが今後は不安です。

外猫を受け入れるなら、2,3カ月以下の子猫、外で十分懐いて顔、お腹を触れる猫が良いと思います。
でないとトラブルあった時飼い主がとても苦労します。

20代 女性 匿名

ただいま月齢2ヶ月ほどの野良猫を保護し、自宅にて世話をしているものです。
我が家の近くで目やにで汚れながらも小さい体で彼女は頑張っていましたが、衰弱が酷くなったため、地域住民さん協力の元保護。
動物病院にそのまま直行し、衰弱もしているため、できる限りの検査をということで、一回目の検便、体温測定を行いました。
その後、猫風邪を引いていること、月齢の割に体が小さい事から、流動食を処方して頂きました。
他に、抗生物質と、点眼薬の処方があり、ノミダニの駆除のため薬を塗布してもらい帰宅しました。

ここまででかかった費用は、治療費、薬代、餌代が8000円ほどです。
私の自宅には先住猫がおりますので、ゲージの金額とペットシーツ等備品代は入っていませんが、それでも1万円ほど。
ゲージ、シーツ等を1から買い揃えるとなると2万円程はかかるかと思います。

初診から1週間後に再検査に行きますが、それの料金もかかりますし、さらに保護の期間が長くなればまた餌代、備品代はかかります。
ワクチンも三種混合ワクチンで4000円ほど。
保護した猫さんは女の子なので、避妊代で2万円程かかります。
餌をやる、可愛がる、気楽な気持ちで仲良くなろうとするそれに付随して現実にはこれだけの料金がかかってきます。
家猫として迎え入れたとしても、ひと月餌代、備品代で3000円程はかかります。
保険に入れば保険料もかかりますし、病気やけががあれば、治療費もかかります。
年1回の健康診断やワクチン接種も飼い主の役目です。

これだけの事をきちんと出来るのか、一生の幸せを保証し、彼らの命の責任を負う覚悟があるのか。
様々なこと、安易に考えず、現実的に考えて下さい。
むやみな優しさは自分の手で、彼らの首を真綿で絞めて徐々に殺していくようなものです。


我が家の近くには地域猫として、避妊をさせ、餌をやり、外で責任をもって野良猫たちを管理していらっしゃる方も近所におられます。
その方もやはり金銭面は猫の安全と命には変えられないとは言われるものの、厳しいようです。
自分の身の丈に合わないのなら無闇な優しさは避けていただきたいです。

30代 女性 もも

猫にエサをあげるなら、避妊去勢手術は必ずセットにしてください。可愛そうだからエサをあげるだけ…はその場しのぎ、端迷惑な自己満足です。
栄養がつくと必ず繁殖します。増えれば増えるほど、迷惑行為に悩んだ人が駆逐しようとします。不幸な猫が増えるだけです。

予算がないなら、さくらねこ基金という団体もあります。(他人任せにできる団体ではなく自分で動くのが前提です)
また、去勢すれば雄猫のスプレー(マーキング)はほぼ無くなり、ご近所への迷惑度はかなり下がります。

地球は人間だけの物ではありません、どうか人間と猫が仲良く共存できる社会になりますように。

20代 女性 匿名

子供の頃の話です。近所に人懐こい子猫がいて近寄ったら餌を貰えると勘違いしたのか家まで付いてきてしまいました。猫の体は汚れ、消毒液の強い匂いがして、子ども頃は虐待という発想はなかったですが今思い返すと誰かに酷い目にあっていたのかと思います。そして母親に内緒でお風呂で洗いましたが母親に見つかり怒られ元の場所に置いていく事になりました。その時の子猫を救えなかった事、今でも心に残っています。

大人になった今、近所の猫がゴミを漁って食べている姿を見て当時の記憶が蘇り迷わず保護する事にしました。

今では大事な家族の一員です。

50代以上 女性 ペロミ(^^;

私も野良猫達10匹にご飯を上げています。人間の勝手で捨てて野良猫にしておいて、迷惑だとか勝手な事言っているのは人間の方なのに、1人1人が、もっとキチンと命と向き合って頂きたいですねぇ。
同じこの世に与えられた命です。殺処分されずに済む様に去勢などの繁殖を防ぐ為に協力して下さる獣医師さんが、増えて頂けると有難いですし、ふるさと納税等の利用も、そう事にも向けて頂きたいですねぇ。

40代 女性 シドアサ

皆さんのご意見を拝見し改めて思い知らされました。ほとんどの人がこんな考え方しか出来ないのが日本なんだな‥と。日本人が恐ろしく思えてきます。人間に被害が及べば即、害だと言う。思いやりの気持ちはどこにあるのか?と。私は物心ついた頃から犬猫に出会った時に触りたいという思いは無く、真っ先に空腹が気になっていました。いつの頃からか[餌を与えない様に]と表示がされていますが理解が出来ません。餓死させるのが狙いなのか?空腹の辛さを知らない人ばかりなのか?お腹が満たされた時の幸福感とかを知らないのか?選んで野良になった訳でも無く人間に仕返しする事も無く人間を避け健気に厳しい環境下で頑張ってヒッソリと生きている野良猫に対して何故ここまで非情な考えしか持てないのか?さくら猫活動は野良猫を根絶やしにするのが目標なのかと思う様になりました。日本から野良犬という存在が抹消された様に。犬の次は猫なのかと。昔から人間と深い関わりのある犬猫に感謝こそすれ今もこの先も人間は犬猫に対してどこまで非情な態度を取り続けるつもりなのか。目先の事ばかりでは無くもっと広い心と視野でもって野良達を温かい気持ちで応援しつつ見守ってあげられる社会にする事が出来たなら結果今よりもずっと健全な日本になれるのに。野良猫問題とか言ってないで、命を金儲けの商品とし仔犬猫工場で命が大量生産し続けられている根本問題の方が深刻だと理解すべきです。平均寿命が短い野良猫を目の敵にするのはもうやめませんか?人間が動物にしている事に対して1度違う角度から見直してみて下さい。

30代 女性 みきこ

野良ねこちゃん出身だったのが我が家の猫ちゃんなのですが、最初は大変でした。
なついたところで、避妊手術をするために捕まえようと一瞬で抱えて毛布で覆いました。暴れましたがなんとか、獣医師のもとへ送り出すことができました。
避妊手術以前に、肺炎寸前の体だったので、まずは、病気を治すことに専念しました。
そのあとに、避妊手術をする予定でしたが私にすごくなつき、切っても切り離せない存在になり、我が家で相談した結果、引き取ることにしました。それからは、穏やかな生活を送り4匹の子猫ちゃんの母猫になりました。とても、愛情深く育児をしていました。

30代 男性 ノラ

そもそも地球は人間だけの物ではないよ。
糞尿?人間が決めた敷地だけであって、猫に関係のない話。

40代 男性 匿名

ご自身の丹精込めた花壇や家庭菜園を便所にされて、荒らされて諦められますか?猫は食事場近くでは糞尿をしないと聞きました。近所ではなくても、遠くでは迷惑をかけていることを考えてください。餌を与えるなら、ご自身の敷地から猫を出さないでください。私も猫は好きですが、無知で無責任な人間が大嫌いです。

10代 女性 ぺふぺふ

好きだったとてもひとなつこい野良猫ちゃんに飼い主さんができて、お別れがちょっと悲しいけど嬉しいぺふぺふです。

本当に、いままで寄ってきてくれた野良猫さんはあの子だけだったけど!他の野良さんともなかよくなりたい!!

女性 匿名

野良猫、元は人間が捨てた猫、避妊もせずに、多頭飼育の中、哀れでなりません、うちも、1人、保護猫、います、マンションなんで1人しか、保護できない、いのちあるいきものです

30代 女性 匿名

近くに住んでいる叔母の家での話です。
少し前、野良だった老猫を保護して飼っていました。すぐに死んでしまうかもしれないと思うほど衰弱していましたが、世話の甲斐あってか走り回るほどに元気になりました。私もたまに遊びに行っては相手をしてもらっていました。
元が野良なので、好き勝手に出かけては帰ってくる生活をしていたのですが、ある日隣の家の人に死んでいる猫が叔母の家での猫ではないかと言われたそうです。確認したら、間違いなくうちの猫でした。死因はおそらく毒餌です。相当苦しんだ様子が見て分かったそうです。
あまり鳴かない猫でした。それでも、外から一声でも呼んでくれれば助けられたのに、と叔母は言っていました。
反対隣の家が猫嫌いだったらしく、多分その人がやったんだろうということでした。
人間だけの地球ではありません。私はピラミッド最底辺が人間だと思っています。それでも、人間至上主義の人たちのほうが多いのは事実です。かわいそうなんて考えも、言い方は悪いですが、上から目線で相手を下に見ている為に出てくる思考です。自分より上のものに対して憐れみなど抱かないのが生物ですから。だから、まずは人間のことを考えなければいけないのではないでしょうか。
余所様に迷惑をかけないために、というのは、ひいては猫たちを守ることにも繋がる部分があるのだと思います。
ちなみにうちの地元は、保健所に送られる動物が全国一少ないのだそうです。そんな活動が全国に根付いてほしいものです。