猫アレルギーでアナフィラキシーショック!注意したいアレルギーの症状

猫アレルギーでアナフィラキシーショック!注意したいアレルギーの症状

私のように猫好きだけれども猫アレルギーという方がいると思います。アレルギー症状で1番恐いのが重篤な症状をおこし命の危険があるアナフィラキシーショックです。そのため猫アレルギーでもアナフィラキシーになる可能性はあります。アナフィラキシー時にみられる注意すべき症状も踏まえてお話ししたいと思います。

7955view

アナフィラキシーショックとは?

壁に手をついて咳をする女性

アナフィラキシーショックとは、アレルギーをおこす原因であるアレルゲンが、体の中に入ることで急激に全身に重度のアレルギー症状をおこし、ショック状態に陥ることを指します。

循環器や呼吸器、消化器、皮膚症状や血圧低下、意識障害などの症状がおこり、最悪の場合は死亡することがある、命の危険性が高い状態です。

症状

  • 皮膚の赤み・蕁麻疹
  • 激しい痒
  • 呼吸困難
  • 下痢・嘔吐

アナフィラキシーショックは、原因であるアレルゲンが体内に侵入した後、短時間に強いアレルギー症状がおこり、場合によっては重度の症状をおこすことがあります。よくみられる症状としては、皮膚の赤みや蕁麻疹、激しい痒みなどの皮膚症状が多く、続いて息が苦しいなどの呼吸器・循環器症状や下痢・嘔吐などの消化器症状など、全身の臓器に複数または同時に症状をおこします。

猫アレルギーでもアナフィラキシーショックになる?

遠くにいる黒猫と苦しそうな女性

アレルギーに対する症状の度合いによっては、どのアレルギーもアナフィラキシーをおこす可能性があるため、猫アレルギー患者もアナフィラキシーになる場合があります。

アレルギー検査をすることで猫アレルギーをはじめ、アレルギーの有無や陽性レベルが分かります。 一般的なアレルギー検査のレベルは、0〜6に分けられています。0は陰性で、1から6にかけて陽性反応の度合いによってクラス分けしています。

猫アレルギーだった場合

同じ猫アレルギーでもレベルが1や2の場合は、比較的症状が軽いことが多いですが、レベル5や6などの場合は症状が重症になりやすく、猫に軽く触れただけでも蕁麻疹が起きたり触れてなくても同じ環境中にいるだけでも、呼吸困難になったりするなどアナフィラキシーをおこす危険があります。

そのため、猫アレルギーに対する反応が非常に強い人(陽性レベルが高い)は、アナフィラキシーをおこす可能性が高いため、猫との接触を控える必要があります。

また猫アレルギーでも元々喘息持ちの人はアレルギー症状が重度になりやすく、場合によってはアナフィラキシーをおこすことがあります。喘息患者が亡くなるおよそ3割は猫が原因であるというデータがあります。

レベル別猫アレルギーの症状

猫を撫でながら鼻をかむアレルギーの女性

軽度

猫アレルギーでもアレルギー検査で、陽性レベルが1や2と比較的低く、アレルギー症状が軽い場合は、主に透明な鼻水がダラダラと出たり、何回もくしゃみが出たりして、場合によっては鼻づまりをおこすことがあります。鼻の症状以外にも目の痒みや腫れ、充血などがみられたり、が出たり、喉の痛みなどの呼吸器系症状が出ることがあります。

重度

アレルギー検査で、猫に対する反応が高く陽性レベルが5や6など、重度な猫アレルギーの人はアレルギー症状がひどくなりやすく、猫に軽く触れただけで皮膚の激しい痒みや発疹、蕁麻疹が出てきます。

また、咳が止まらず出て喘息発作をおこし、胸が苦しく呼吸困難になるなどのアナフィラキシーをおこす危険性があります。

猫アレルギーになる原因

鼻をかむ男の子の膝に乗ろうとする猫

免疫反応は私たちの体の中に侵入したウイルスや、細菌などに対して体を守ろうとして働いていますが、害がないものに対して、異物と捉え過剰な免疫反応を起こしてしまうその反応のことを、一般的にアレルギーといい、全身または局所に反応をおこします。

そのため猫アレルギーの人はアレルゲンが体内に入った際に、アレルゲンが猫を異物とみなして過剰反応をおこすのです。猫アレルギーをはじめ、アレルギーは1型〜4型に分類され、猫アレルギーは花粉症と同じ1型アレルギーに属しています。

アレルギーを引き起こす原因

猫アレルギーを引き起こす原因であるアレルゲンは猫の唾液や涙、フケ、分泌物などに含まれているタンパク質で、全て8種類あります。

特に皮脂から出るタンパク質と、唾液に含まれているタンパク質が主な猫アレルギーの原因といわれています。そのアレルゲンであるタンパク質は、ホコリや花粉の10/1ほどととても小さく軽いため、空気中に舞いやすいので、同じ環境中にいるだけでも症状が出ることがあります。

また、毛づくろいすることで猫の唾液が被毛に付着するので、猫に触るだけで皮膚の痒みなどのアレルギー症状がでたり、蕁麻疹などのアナフィラキシーをおこしたりします。

猫アレルギーの症状を緩和する方法

本を読む女性の膝でくつろいでいる猫

定期的にブラッシングをする

猫の唾液には、猫アレルギーを引き起こすアレルゲンが多く存在しており、毛づくろいすることで猫の被毛に唾液が付着します。

換毛時期になると抜け毛の量が多くなり、家中に猫の被毛が落ち、空気中に舞ってしまうためアレルギー症状をおこしやすく、重度な人は症状が重くでたり、アナフィラキシーになるリスクが高くなったりします。

そのため、日頃から定期的にブラッシングをして、抜け毛の量を取り除くことでアレルギー症状を緩和することができます。ブラッシングする際に抜けた被毛に対してアレルギー反応が出てしまうため、必ずマスクをしたり、すぐに着替えたりするなどの対策が必要です。

寝室に猫を入れない

猫アレルギーの人でも、寝室に猫が入れないように猫の行動範囲の制限をしてはいないと思います。ですが、寝室にまで猫が入ってしまうとアレルゲンに侵されてしまい、睡眠中でも常にアレルゲンと接触することになるので、いつアレルギー症状をおこすか分かりません。

また、夜中や朝方の時間帯は自律神経の関係により、アレルギー症状をおこしやすく、症状が悪化しやすい傾向があります。そのため、猫を寝室に入れないだけでもかなりアレルギー症状を緩和することができます。

また、布団カバーやシーツなどはこまめに洗濯したり、寝る前には部屋着からパジャマなどに着替えたりすることも効果があります。

こまめに部屋の掃除をする

猫の被毛により鼻水やくしゃみ、咳などのアレルギー症状をおこすため、部屋中に猫の被毛が抜け落ちていると、アレルギー症状を引き起こしやすくなります。

原因であるアレルゲンは空気中に舞いやすいため、抜け毛の量が多くなる換毛期や、ラグドールやノルウェージャン・フォレスト・キャットなど、長毛猫の場合は注意が必要なため、こまめに掃除することが大事です。

特にカーペットやソファーなどは、猫の被毛が付着しやすいので念入りに掃除機をかけます。また空気清浄機を使うことで、空気中に舞っているアレルゲンを除去してくれるので、猫アレルギーの人は使用することをおすすめします。

猫に触れたあとは手洗いをする

猫に触れたあとは、すぐ手を洗い清潔を保つことが大事です。猫アレルギー患者の多くが、アトピー性皮膚炎をもっているといわれており、猫に触れたところの皮膚が赤くなったり激しい痒みや、重度の場合は蕁麻疹などのアナフィラキシーをおこしたりすることもあるからです。過度なスキンシップは、アレルギーを引き起こす要因になりますので絶対に控えてください。

アレルギー薬を服用する

抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬を服用することで鼻水やくしゃみ、咳などのアレルギー症状を緩和することができます。また、服用することで喘息やアレルギー性鼻炎などの症状を改善することもできます。副作用で眠気がありますので、日頃から車を運転する人は注意が必要です。

まとめ

笑顔の女性に抱っこされている白猫

年々アレルギー患者数が増えてきており、猫アレルギーの患者数も増加傾向にあり、主に鼻水やくしゃみ、咳、眼の腫れや充血などの症状がみられます。アレルギーは過剰に反応をおこすとアナフィラキシーをおこす場合があります。

猫アレルギーでも、最悪の場合は命を落とす危険性があるアナフィラキシーをおこす可能性はあります。特に重度な猫アレルギー患者や、喘息持ちの人などは、アレルギー症状が重症になりやすくアナフィラキシーをおこす危険性リスクが高いため、注意する必要があります。

アレルギーを引き起こすそのアレルゲンは非常に小さく空気中に舞いやすいので、猫がいる環境中にいるだけでもアレルギー症状をおこす場合があります。そのため、こまめに部屋の掃除やブラッシングをしたり、寝室に猫を入れたりしないなど、対策をすることで猫アレルギーによる症状を緩和することができます。

30代 女性 しおり

猫アレルギーなので、昔は猫ちゃんに触れることもままなりませんでした!
しかし、本格的な治療をして猫アレルギーをほぼ完治させました。治療法は、減感作療法というもので数年かかって治療しました。少しずつアレルゲンを体内にいれてゆき、うまく作用するように考えながらの治療ですが、最終的にはアレルギー症状が出ないようにするものでした。
お陰さまで今は、猫ちゃんを飼うことができています。ですが、掃除を徹底したりブラッシングをこまめにしたりして、アレルギー症状が出ないように工夫しています。猫ちゃんのことが好きで飼いたいと思いまして、学生時代から、治療を頑張って良かったなと思いました。