猫アレルギーを突然発症した!その原因と対策とは

【獣医師監修】猫アレルギーを突然発症した!その原因と対策とは

猫アレルギーを突然発症してしまうと猫好きな人や猫を飼っている人は本当に困ってしまいますよね。では、猫アレルギーが突然発症してしまったときにどのように対策をすれば良いのでしょうか。今回は「猫アレルギーが突然発症した!その原因と対策とは」についてご紹介させていただきます。

8501view

SupervisorImage

記事の監修

日本獣医生命科学大学卒業。北海道の大学病院で獣医師として勤務。一般診療をメインに行いながら、大学にて麻酔の研究も並行して行う。「動物と飼い主さんに寄り添った治療」を目標に掲げ、日々診療に励んでいます。

猫アレルギーを突然発症した原因

茶白猫とティッシュで鼻をおさえる少年

猫アレルギーのアレルゲン

猫アレルギーの原因、つまりアレルゲンとなりうるものは

  • 被毛
  • だ液
  • 尿
  • フケ

などがあげられます。

これらを鼻から吸い込んだり、猫を撫でたあとに目などの粘膜を触ってしまったりしたときに、猫アレルギーの人は猫アレルギーの症状が出てしまいます。

猫アレルギーは突然発症しない

猫アレルギーを突然発症したとき、「今まで大丈夫だったのにどうして?」と思ってしまいますよね。猫アレルギーを発症すると、「突然」なったようにみえますが、実はそうではありません。

これは、花粉症と同じ原理なのですが、人間の体には有害な物質が侵入してくると排除しようとする働きがあります。この働きが過剰になったのがアレルギーです。よく花粉症が発症するメカニズムをコップに入れた水で例えたりしますが、猫アレルギーもこれと一緒で、今までは大丈夫であってもコップの水があふれた時に発症してしまいます。

猫アレルギーもある一定のラインを越えると突然症状が出るので、年齢や性別は関係がないのです。

そして、猫アレルギーを突然発症してしまうと以下のような症状が出ます。

猫アレルギーの症状

鼻に出る症状

猫アレルギーを発症すると、

  • 鼻水がたくさんでる
  • くしゃみが止まらなくなる

などといった症状が出ます。

喉に出る症状

喉に出る症状としては、

  • 咳が止まらなくなる
  • 喉が赤くなる
  • イガイガと痛くなる
  • 喉がかゆくなる
  • 声がかれる

などがあります。

目に出る症状

猫アレルギーの人は

  • 目が赤くなる
  • 目が腫れる
  • まぶたや結膜が腫れる
  • 涙がでる
  • 目がかゆくなる

など、目にも症状がでます。

皮膚に出る症状

猫アレルギーを突然発症すると、猫の近くにいるだけで、

  • 皮膚がかゆくなる
  • 皮膚が赤くなる
  • じんましんがでる

などの症状がでます。

猫アレルギーを発症したときの対策

ソファーで長毛猫を抱く女性

猫アレルギーを突然発症すると、「猫がいるのにどうしよう」「猫好きなのにどうしよう」と困ってしまいますよね。

では、そのようなときに猫アレルギーにできる対策は、どのようなことがあるのでしょうか。ここでは、猫アレルギーを発症したときの対策について、ご紹介させていただきます。

皮膚を清潔にたもつ

ブラッシングをしたり、皮膚が弱い子であれば皮膚に配慮したフードをあたえたりすることもアレルゲンを減らす方法の一つになります。

猫アレルギーになりにくいといわれている品種を飼う

こちらは、今後猫を飼う場合なのですが、猫ちゃんの品種の中には猫アレルギーが発症しにくいといわれている猫ちゃんがいます。サイベリアンは代表的な猫ちゃんです。ただし、立証はされていませんので注意しましょう。

部屋を掃除をする

猫アレルギーを突然発症してしまったときには、こまめに掃除をして、できるだけアレルゲンを除去するようにしましょう。

あちこちに付いたり、落ちている被毛を取り除いたりすることで、猫アレルギーの症状も軽減されるでしょう。

空気清浄機を使う

空気清浄機は、浮遊している猫アレルギーのアレルゲンを除去してくれます。花粉症や猫アレルギーを持っている場合には、各部屋に空気清浄機を設置すると症状が軽減されますよ。

布類などをなくす

布製のカーテンや製品類などを止めれば、猫の被毛が付着しにくくなるので、猫アレルギーが突然発症してしまっても軽度で済みます。

ブラインドカーテンにしたり、布類のものを減らしたりしてみてください。

猫にシャンプーをする

猫アレルギーを引き起こす猫のフケや抜け毛を減らすためにも、シャンプーを定期的にすると良いでしょう。また、「ブラッシングをする」というのも対策になるので、毎日心がけてください。

ただし、わんちゃんと違って猫ちゃんはシャンプーが苦手な子が多いので、場合によってはストレスを与えてしまうことがありますので無理しないようにしましょう。

飼い主が手洗いやうがいをする

飼い主自身が、きちんと手洗いうがいを頻繁にして、猫アレルギーが突然発症しても軽度で済むように対策をしましょう。

猫アレルギーを発症したときの注意点

猫を遠目に抱っこをする男性

猫アレルギーは軽度であれば、まだ問題ないのですが、重度になると命に関わってしまう場合があります。そこでここでは、猫アレルギーを突然発症したときの注意点についてご紹介させていただきます。

きちんと受診する

猫アレルギーかな?と思ったときには放置をせずに、必ず病院を受診して血液検査などをしてもらいましょう。猫アレルギーかどうかは、

  • 皮膚科
  • 内科
  • アレルギー科

などで検査をすることができます。

猫アレルギーを突然発症して、なおかつ気管支喘息など呼吸器系に持病をもっている人などであると、呼吸困難などになってしまうこともあります。ですので、猫アレルギーになってしまったときにはそのままにせず、きちんと検査をするようにしてください。

猫アレルギーの症状を我慢しない

猫アレルギーに突然なってしまったとき、「今まで一緒にいたから」「耐久性や免疫をつけたいから」などと無理をしてはいけません。

猫アレルギーの治療法はまだ見つかっておらず、完治などでなく、症状を緩和させる治療法しかありません。

無理に猫と過ごしても、猫アレルギーが完治するわけではありませんので、一緒に猫ちゃんと過ごすためにもきちんと症状を緩和させるための薬を処方してもらいましょう。

まとめ

鼻をかむ少女と猫と抱っこする笑顔の少女

猫アレルギーは、体質上今まで平気だったのに、突然発症をしてしまうことがあります。猫アレルギーになってしまったときには、なるべく症状を出さないためにも、

  • 猫ちゃんを清潔にたもつ
  • 猫アレルギーを発症しにくいといわれている猫を今後飼う
  • 掃除をする
  • 空気清浄機を使う
  • 布類をなくす
  • シャンプーやブラッシングをする

これらのような対策をしてみてください。猫アレルギーを突然発症してもこれまで通り愛猫と過ごせるように少しずつ環境を整えてくださいね。