飼い主を”子供”と思っている猫がする6つの仕草

飼い主を”子供”と思っている猫がする6つの仕草

猫は飼い主を母猫だと思っている、という説は良く耳にしますが、一方で飼い主を子供だと思っている猫もいるようです。猫の仕草から飼い主を母猫だと思っているのか、それとも子猫だと思っているのかを知ることができます。猫が飼い主を子供だと思っている仕草、見ていきましょう!

6393view

愛猫に子供だと思われてる?

寝そべるキジ猫

猫は母性本能が強い生き物と言われているのをご存知ですか?もしかしたら愛猫はあなたの事を子供、あるいは子猫だと思っているのかもしれません。そんなとき、猫はどんな仕草をするのでしょう?

1.毛づくろいしてくれる

茶色と白猫に舐められる女性

母猫は子猫をペロペロして、毛づくろいをし、排泄の面倒をみたりします。飼い主のことを子供だと思っている場合、毛づくろいをしてくれても不思議ではありません。

我が家にも毛づくろいが好きな猫がいますが、もしかしたら子供だと思って、面倒をみてくれているのかも?献身的な様子に癒されます。

ただ猫の舌はザラザラしているので、痛いのが難点…、お化粧した後やハンドクリームを塗った後は、猫が舐めてしまうと良くないので、せっかくですが断った方が良さそうです。

毛づくろいは仲間同士でもするので、飼い主のことを確実に子供だと思っているかどうかは分かりませんが、ご紹介する他の仕草も参考にしてみてください。

当てはまるものが多かったらきっと、飼い主を子供だと思っているのでしょう。

2.温めてくれる

長毛種猫と寝る女の子

飼い主が寝ると必ず添い寝をして、寒い足元などを温めてくれる…正に母猫の行動です。

添い寝しながら子守歌を歌うように飼い主の胸あたりをポンポンと叩く猫も、いるとかいないとか。

寒い冬に温めてくれるのは有り難いですね。

母猫が子猫とお団子になって寝るイメージでしょうか。飼い主はかなり大きな子猫ですが、母猫の愛情をたっぷりに受け、スクスクと育ちます。

3.心配そうに後をついてくる

お風呂場に入る女性と猫

飼い主がどこへ行っても、たとえお風呂の中でも心配そうについてくる場合があります。
いわゆるストーカー猫ですが、子猫である飼い主が何をするのか心配でたまらないのでしょう。

事故に遭わないか、危ないことはしないかなど、何かあったら助けようと思っているに違いありません。

お風呂なんて、あんな水がたくさんあるところに行くのは危ない!とハラハラしながら見守っているのかも。

猫の心情を考えると、お風呂は避けたいところですがそうもいきません。せいぜい母猫に心配をかけないように、行動を慎重にして安心して貰いましょう。

4.獲物の取り方を教えてくれる

黄色のものをくわえた黒白の猫

猫が獲物を飼い主の元へ持ってくる行動。褒めてほしいから、狩りができない飼い主の代わりに取ってきてくれたなど、様々な説があります。

その中の一つに獲物の取り方を飼い主に教えてくれている、という説も。どうもドドメをさしてみて、ということのようなのです。

獲物の取り方を教えるのは母猫の役目。「一日も早く獲物の取り方をマスターさせて、自立させなきゃ」と、ビシバシ鍛えてもらえるかも?

母猫のおかげで立派なハンターになれそうです!

5.夜更かししてると叱る

時計と子猫

驚きなのが、夜更かししている飼い主を叱る猫。まさか?と思いましたが、本当にいるようです。

子猫と言えば寝るのが仕事ですから、ずっと寝ない飼い主が心配になるのかもしれません。
「早く寝なさい!何時だと思ってるの?」そんな母猫の声が聞こえてきます。

6.友人をもてなしてくれる

魚と猫

ある方の飼い猫は、自宅へ友人を連れて来た際、おやつの煮干しを飼い主と友人の前に一つずつ置いてくれたそうです。

どうやら、もてなしてくれた様子。すごく気がきく、猫がいるようです。

猫目線で見ると、「あら?いつの間にか子猫が2匹に?お腹すいてないかにゃ?」と思ったのかも。可愛い勘違いが止まりません!

まとめ

子どもと猫

猫に子供だと思われている飼い主曰く「まるで母親のよう…」、飼い主側も、猫が母猫に見えてくるようです。

嬉しいような何とも言えない気分になりますが、猫に愛されていることに違いはありません。

甲斐甲斐しい母猫に親孝行できるよう、心がけたいですね!

人気のキーワード