ラグドールの値段と飼う際に必要なもの

ラグドールの値段と飼う際に必要なもの

近年、日本は大変な猫ブームとなっています。ラグドールは純血種の中でも上位に入る人気の猫です。そんなラグドールの値段はやはりお高めなのでしょうか?ここではラグドールの値段や飼育の際に必要なものについてまとめました。

4207view

ラグドールの値段

石垣の上でたたずむラグドール

ラグドールの値段
  • 14~25万円
  • 希少カラーの場合は70万円

ラグドールの値段はだいたい14~25万円ほどとされています。希少色だとなんと70万円を超えることもあります!

ラグドールバイカラーの値段

ラグドールバイカラー

ラグドールのバイカラーのお値段は20~25万円程と、単色の猫とあまり変わらないようです。ラグドールのバイカラーとは、被毛カラーが2色以上混ざった毛色のことをいいます。パーティーカラーやサビ柄とも呼ばれていますね。ラグドールのバイカラーは白地に「パッチ」と呼ばれる濃い色の模様が入っているのが一般的ですが、中にはブラックとブラウン、ブラックとオレンジといったカラーの猫も存在しています。耳と顔が濃い色合いが特徴的で顔が「ㇵ」の字のような模様になっているのが特徴です。

ラグドールブルーポイントの値段

ラグドールブルーポイント

ブルーポイントのラグドールはお値段は少々高めの25~30万円が相場となっています。やはり人気のカラーだけあって、単色のラグドールよりかは高めに金額設定がされているようです。ブルーポイントと呼ばれているこのタイプの猫は大変人気が高いカラーとして知られています。濃い青色が末端にある、白地の被毛で覆われており、ロシアンブルーにも似たカラーをしています。カラーポイントというのは、顔の周りだけ色が異なる被毛を持つ猫のことで、手足やしっぽの部分も同じくポイントの色が入っています。

ラグドールシールポイントの値段

ラグドールシールポイント

シールポイントのお値段はブルーポイントと同じ25~30万円程となっています。しかし、場合によっては20万円代前半のこともあるようです。シールポイントとは、白地に焦げ茶色のパッチがついているカラーのことでシャム猫のような模様が特徴的です。鼻周りが濃いグラデーションとなっています。大変特徴的なカラーで、人気も高くなっています。ちなみにシールポイントの「シール」とは焦げ茶色のことをいいます。

ラグドールはブリーダーが少ないので値段が高い

猫ランキング上位に入るラグドールではありますが、ブリーダーの数が少ないため、他の人気猫マンチカンやスコティッシュフォールドに比べると最低平均価格は少し高めとなっています。

また、ペットショップなどの流通市場にラグドールが出るのは少ないことも値段が高い理由のひとつにあげられます。

ではラグドールはどこで購入した方が良いのでしょうか?
ラグドールを購入する場合はペットショップで気長に待つよりも、ネットを通してブリーダーから購入したほうが早いのかもしれません。

ラグドールをお迎えする時必要なものと値段

まっすぐ見つめるラグドール

ラグドールにかかわらずペットを飼育する上で事前準備は必要です。ここでは大まかではありますが、準備に必要なものを紹介します。

ラグドールの飼育に必要なもの

エサ500円~3,000円
トイレ500円~3,000円
ブラシ1,000円~5,000円
キャットタワー5,000円~2万円
猫のおもちゃ1,000円~3,000円
病院代(予防接種、避妊去勢代など)5,000円~3万円
ワクチン3,000円~8,000円

ラグドールは猫の中でも比較的に体型の大きい方に入るため、エサも高タンパク質な物がオススメです。
室内向きの猫ですので、運動不足解消のためにも省スペースで上下運動をすることのできるキャットタワーをつけるのも良いでしょう。 また、ラグドールは長毛種ですので皮膚病や毛球症の予防やスキンシップのためにも、まめにブラシでブラッシングしていきましょう。

ワクチンの種類によりますが予防接種代はおよそ3,000円~8,000円程かかります。

ラグドールってどんな猫?

下から睨むラグドール
ラグドールの特徴
  • アメリカ原産
  • 長毛種の猫
  • 大型
  • 体重は3~8kg
  • 穏やかな性格

人気猫ランキング上位に入るラグドールですが、一体どんな猫なのでしょうか?
簡単ではありますがご紹介したいと思います。

ラグドールはアメリカが原産国の猫で、ふわふわの長毛が特徴です。
体重は3~8kgとやや大きめの体格に成長していきますが、性格は比較的おだやかであまり鳴くこともないことからマンションなどの集合住宅で飼うことに適しています。

ラグドールについて少しですが知ることができました。
では、実際にラグドールを飼う時に必要な事前準備とは何でしょうか?

ラグドールの値段に関するまとめ

以上、ラグドールの値段やラグドールを飼う上でかかる金額について紹介させていただきました。
ペットを飼育する上で費用を考えることはとても重要です。愛猫のためにもしっかりと準備をして楽しい猫ライフにしていきましょう。

▼ラグドールについて詳しく知りたい方はこちら
ラグドールの性格5選!飼い方や平均寿命、かかりやすい病気まで

女性 ケロキ

人気ランキングに入るほどなのに、ラグドールのブリーダーが少ないとは知りませんでした。
ぬいぐるみのような見た目や大人しい性格が好まれるのでしょうか。以前、猫カフェに行った時にラグドールがいましたが、大人しかったです。蝶ネクタイの首輪がとても似合うジェントルマンでした。
被毛は柔らかく絡みやすいのでブラッシングは重要ですね。ラグドールは夏の暑さに弱いので、ブラッシングで体温がこもらないようにすることも必要だと思います。ブラシの種類は多いので、どういったものがあるのか下見しておくのも良いと思います。猫にもブラシの好みがあるので、せっかく買ったのにブラッシングを嫌がる場合もあります。本来は用途の合わせてブラシとコームを使い分けるのですが、我が家の猫は「ブラシ」と名のつく物よりも「コーム」の方が好きなようです。

20代 女性 モモ

日本は今猫ブームなんですね。確かに最近テレビなどで猫特集などをみかける機会が多くなったように思います。
たくさん可愛らしい猫ちゃんがいますが、ラグドールは特に人気なんですね。確かにあのフワフワの長い毛には癒されそうですよね。
ですが、お値段はかなり高めですね・・・。
希少色がどんな色なのかわかりませんが、70万を越えるというのには驚きです。
中古で車が買えてしまいますね。ですが、それだけの価値がラグドールにはあるということなんですね!
ラグドールに限らず長毛種はお手入れが大変ですよね。我が家の猫は短毛なのであまりブラッシングはしなくてもいいんですが、スキンシップになるので愛猫にはよくブラッシングしています。
初めてブラッシングする時は緊張するかもしれませんが、慣れてくればとても幸せな時間になるはずです。
ラグドールに限らず、どんな猫ちゃんでも家族に迎えるためにはたくさんの準備とお金がかかります。
猫ちゃんとの幸せな生活のためにはきちんした準備・予備知識は必要不可欠になってきます。
少し面倒に感じるかもしれませんが、大切なことだと思います。

女性 梨々花

確かに、日本の猫ブームは凄いようですね。毎日のように、テレビで猫ちゃんの特集をしているし、可愛い猫動画もいっぱいあるみたいですよね。
私は、正直言ってラグドールについてはあまり知らなかったのですが、人気ランキングに入るほどの人気というので驚きました。わりと被毛が長いので、ブラッシングなどのお手入れも欠かせない猫種なのではないでしょうか?
ラグドールの写真を見ると、人気になるのもうなづける可愛らしさですね。少し高級感があってお茶目な感じがシャム猫を連想させますよね。すごく可愛らしい雰囲気の猫種なので、機会があったら一度本物に触ってみたいです。何となく小首をかしげたような感じが、愛らしいので私も好きになれそうな猫種だと思います。お値段は高額だけれど、一緒に住んでみたい人が多いのでしょうね。
人気のキーワード