気付いてあげよう!猫の「寒い」サイン8つ

気付いてあげよう!猫の「寒い」サイン8つ

猫は寒くなってくると、夏とは行動に違いがあります。でも、言葉で「寒い!」とは、もちろん言わないため、飼い主さんが気がついてあげないといけません。猫は、個体差がありますが、暑さよりも寒さに弱い動物です。この記事を読み、寒い冬も猫が病気一つせず快適に過ごせるように、早めに猫の寒いサインに気がついてあげてくださいね。

14380view

猫の寒いサインとは?

雪の中に埋もれて驚いている猫

猫が寒いときに出すサインには、こんなものがあります。

サイン1 丸まる

布団の上で丸まって眠る猫

アンモナイトのように丸くなるのは、猫が寒いと感じているときです。俗に言う、「アンモにゃイト」です。

猫は気温により、体勢を変化させます。寒ければ寒いほど、丸くなるのです。夏には伸びきった猫の姿を、冬には丸くなった猫を見て、季節を感じる飼い主さんも少なくないのでは?

サイン2 潜り込む

毛布に包まれている猫

ごそごそと、毛布やこたつなどに潜り込む猫。これも、猫の寒いサインです。カーペットの下に潜る猫もいますね。

猫は狭い場所でも平気で入り込めるので、「えっ!こんなトコに?」と言う場所にも、潜ってしまいます。事故に遭わないように、気をつけてあげてください。

猫が変な場所に入らないように、温かい場所を用意してあげることも必要です。

サイン3 膝乗り猫になる

飼い主の膝の上で丸くなって眠る猫

座っている飼い主さんの膝の上は、猫にとって格好のカイロです。音もなく忍び寄る影…それは、膝の上を狙っている、冬の猫の姿です。

温かくて柔らかいその場所は、取り合いになることもあります。膝乗り猫は可愛いですが、動けなくなし足が痺れるので、飼い主さん的にはちょっと困ることも。

サイン4 暖房器具の前に陣取る

暖房の前に座る猫

ストーブやヒーターの前、エアコンの吹き出し口の下などは、冬の超人気スポット。せっかく出した暖房器具を猫に占領されて、全く温かくない…と言う場合もあるでしょう。

猫用のこたつやホットカーペットがありますので、取り入れてみてはいかがでしょうか?人用の暖房器具は、猫が火傷してしまう可能性もありますので、猫用の方が安全です。

サイン5 ブルブル震える

ブランケットをかぶって寄り添う二匹の猫

寒いとブルブル震えるのは、人も猫も同じです。相当寒いと感じているので、早く温めてあげましょう。特に留守番時に、家の中が冷えすぎないように注意してください。

体調を崩している猫がいる場合、必ず安全に温める策を、施しておいてください。体を冷やすと、症状が悪化してしまうかもしれません。取り返しのつかないことにならないよう、ポカポカにしておきましょう。

もちろん、温めすぎには注意です!

サイン6 くしゃみをする

くしゃみをする茶トラ猫

猫も寒いと、くしゃみをすることがあります。

単発のくしゃみであれば、温かくしてあげればおさまるでしょうが、もし猫風邪などをひいている場合は連続でしたり鼻水が伴ったりします。様子がおかしかったら受診して、しっかりと治療してあげてくださいね。

サイン7 毛が逆立つ

降る雪を見上げる猫

毛を逆立てると毛の間に空気が入り、保温効果があります。ダウンジャケットと同じ原理です。おとなしくしているのに、体中の毛が逆立っていたら、寒いと思ってあげてください。

サイン8 やたらと寝る

布団をかけて眠る猫

基本的に1日の睡眠時間の長い猫ですが、寒いと余計に寝るようになります。猫の起きている姿を目にするのが少なくなったと感じたら、寒いと思ってください。

寒いときはとにかく寝て、体力を温存するのです。温めるのも大事ですが、寝心地の良いふっかふかベッドを用意するのも、大事かもしれません。

まとめ

布団の間に挟まる猫

ぬくぬくと温かい場所でくつろぐ猫。可愛いですね。

猫の幸せそうな顔を見ていると、こちらまで幸せにさせてもらえます。

猫が寒い思いをしないよう温かい環境を整え、幸せのおすそ分け、受け取りましょう!

人気のキーワード