ナデナデしてあげよう!猫の『触って良いよ』7つのサイン

ナデナデしてあげよう!猫の『触って良いよ』7つのサイン

猫のさわっても良いのサインをご存知ですか?さわって良いのサインを見逃していませんか?気まぐれな猫が、飼い主さんに「さわっても良いよ」というアピールをしてきたら撫でてあげましょう。

3990view

猫の「さわっても良いよ」のサイン

顎の下を触られる猫

猫は気分によって撫でられたい時もあります。どんな時に「さわっても良いよ」と思うのでしょうか?猫のさわっても良いサインに気づいてあげましょう。

サイン1 お腹を出す時

ゴロンする猫

猫が飼い主さんの目の前でお腹を出してゴロンとしてきたら、触ってもも良いサインです。横たわって体をくねくねさせて「撫でていいよ」と言っています。猫がお腹を見せるのは、信頼関係のある相手だけなので喜んで撫でてあげてください。

しかしお腹は猫の急所なので、しつこくさわると噛まれたり、蹴られたりするので気を付けましょう。もちろん、力強く撫でたり叩いたりしてはいけません。

サイン2 頭をすりすりする時

スリスリする猫

猫のさわっても良いよと言うサインは、頭をすりすりしてくる時です。

猫は体のさわってほしい所を、ぶつけてくる事が多いかもしれません。猫が頭を飼い主さんにくっつけてくるのは、自分の物というアピールでもあるのです。猫がすりすりしてきたら甘えてるサインなので撫でてあげましょう。

サイン3 尻尾を立てる時

尻尾を立てる猫

猫は尻尾を上にピンと立てる時は、嬉しい気持ちなのです。猫が尻尾を立てて、寄ってきたらさわってほしいのサインです。

尻尾を立ててすりすりしてきたら、逆にさわらないと失礼かもしれませんね。

サイン4 のどを鳴らす時

喉を撫でられる猫

猫がのどをゴロゴロと鳴らすタイミングがあります。猫がゴロゴロと、のどを鳴らしてきたら触って良いのサインでしょう。しかし、猫一人でうずくまっている時に、ゴロゴロという時は「しんどい」可能性があるのでそっと見守って、様子がおかしいなと思ったら病気の可能性もありますので、動物病院に連れていくようにしてあげましょう。

サイン5 体の上に乗ってくる時

お腹の上に乗る猫

猫が飼い主さんの膝の上に乗ってくる時は、触って良いのサインです。

飼い主さんの膝に乗ってくるという事は安心できる場所のようです。ゆっくりと寛いでいるので、優しく撫でてあげてください。また飼い主さんの体に乗ってくる時も撫でてほしい時のサインです。

サイン6 眠そうにしている時

眠そうな猫

猫が眠そうにしている時は、絶好のチャンスと言えます。猫が眠くて、気が緩んでいるので触って良いよのサインと言えるでしょう。

ふだん、あまり猫をさわることに慣れていない人は、この時に撫でてあげてスキンシップをとるのも良いかも知れませんね。猫の顔がくしゃーとしてきたら、喜んでくれていると思います。

サイン7 近寄ってじっと見つめてくる時

飼い主に近寄る猫

猫がそばまで寄ってくるのは、甘えたい、寂しい、構ってなどの要求が多いようです。猫が飼い主さんのそばまで来て、じっと見つめてきたら、触って良いのサインです。反対に触られたくない時は、遠くからじっと見つめているはずです。

撫でてあげる時に、いきなり大きな手が伸びるとびっくりして逃げてしまく事があります。まずは、指先を差し出して猫が鼻をくっ付けてきたらOKの合図です。

まとめ

茶トラ白

猫が「さわっても良いよ」のサインを出している時は、気持ちいいとこや喜ぶところを撫でてあげましょう。猫は気まぐれな部分もあるので、触ると逃げて、噛む事もあります。

猫が撫でて欲しい時に触ってあげるのが嬉しいようですね。

猫は甘えたい時に、さわって良いのサインがでるようです。もしも猫をさわると嫌がってしまう場合は、猫が油断している時に撫でてあげて、さわられる事に慣れさせましょう。

次第にさわってほしいと近寄って来ることや、すりすりしてくるようになると思います。