猫が飼い主より偉い!と思ってるかもしれない5つの仕草

猫が飼い主より偉い!と思ってるかもしれない5つの仕草

犬のように、猫は序列を作らない動物だと考えられています。ボス猫は存在するようですが、それ以外は皆対等な関係だそうです。その猫の上に君臨するのが飼い主だと思いがちですが、実は飼い主よりも猫の方が上かもしれません。それが猫の仕草の端々に見えていませんか?

9510view

猫が飼い主より自分が偉いと思っている時の仕草

くしゃみしそうな猫

猫が飼い主よりも偉いと思っている時はどんな仕草をするのでしょうか?猫の仕草の意味には様々な意見があり、実際に猫と会話ができない限りは推測となります。ご参考程度に見てくださいね。

1 都合の良い時だけしか寄ってこない

足の間にすり寄る猫

猫が飼い主に何かをしてほしい時にしか、寄ってこない場合。しもべだと思われているでしょう。逆に飼い主が何かをしようとすると、さっとどこかへ逃げたり、迷惑そうな顔をしたりします。

まぁ、基本的に猫はそんな生き物ではあるのですが、あまりに顕著な場合は、猫の方が偉いと思っているに違いありません。

こうなったらこのまましもべ街道まっしぐらに進むのが懸命です。下手に逆らったら、どんな猫の逆襲が待っているか分かったものではありませんから。

2 邪魔猫になる

パソコンに乗る子猫

パソコンや本などを見ている時、わざと上に乗るなどして邪魔猫になるのは構ってほしいからだと言う話もありますが…

実はそんな可愛いものではなく、猫が自分の方が上だと思っているから、自分以外のものに飼い主が関心を示すのは許さないのではないか、と言う説もあるのです。どんな暴君っぷりでしょう。

我が家のオス猫を見ていると、しつこいくらいに邪魔してくることがありますので、この説も一理あると筆者は思います。

「オレ以外の何見てんの?」と言う俺様っぷり。どこかにいそうなキャラクターです。これがイケメンだったらキュンときてしまう女子もいるのかもしれません。

3 体の上に乗る

女性の上に乗る猫

飼い主の体の上に乗るのは信頼の証とともに、「コイツをクッションにしても怒らにゃい。」と思われている可能性があります。

確かに体の上に乗っている猫をどかそうとすると、やたらと「どかそうとするなんて、信じられにゃ~い!」と言う顔、されませんか?あれは猫が、クッション(飼い主)は大人しく敷かれていにゃさい、と思っているからに他なりません。

猫が体に乗ってきて喜んでいる皆様、正に猫の思うつぼにハマっておられます。

そうやって猫の良いクッションとなるべく躾けられているのですよ。たまには断る勇気も必要かもしれません。心を鬼にして「No!」と言え…ませんね。

4 体を擦り付ける

擦り付ける猫

体を擦り付けてくるのは、猫の持ち物だと匂い付けされています。既に「物扱い」されている時点で、完全に猫の勝利です。「可愛い~!」と翻弄されている側で猫はほくそ笑んでいます。飼い主なんて、ちょろいちょろい!と思われているかも。

お返しに飼い主の匂いを猫に擦り付けてやっても良いかもしれません。

恐らく毛づくろいで匂いは瞬殺はされますが、一矢報いてやることくらいはできるでしょう。

5 自分でもできることをやれと言う

開けてほしく見上げる猫

ドアを開ける、ご飯を食べるなど、自分でもできることを飼い主がいると、なぜか、やれと言ってくる…。

例えば我が家の女王猫は、ご飯を手に乗せないと食べないことがあります。甘えているのかな~?とも思いますが、いや、ちょっと待て!それで「かわいい」と思わせるのがヤツの手です。

猫の行動を簡単に信用しては危険です。基本的に飼い主を丸め込んで、しもべにするのが猫の目的ですから、いつの間にか猫の言いなりになっていた、とならないよう十分に注意が必要なのです。猫との暮らしは気が抜けませんね。

まとめ

王冠をかぶった白猫

世の中にはNNN(ネコネコネットワーク)なるものがあり、猫たちが飼い猫として幸せに暮らせる事だできるように暗躍している謎の組織が存在する、という都市伝説があります。NNNの陰謀により、飼い主がより良い物件となるよう手懐けられているのかも!?

「それでもい~い!」と言う猫好きな方もいらっしゃるでしょうが気をつけてください。そのような方はNNNから優良物件と見なされ、次々に飼い猫候補が送り込まれる可能性があります。

猫と暮らすのは、そのようなリスクもはらんでいるのです、と言うのは冗談ですが、猫にしもべにされるか否かは飼い主次第!どちらの道を選びますか?