亡くなった猫が飼い主にして欲しくない4つの事

亡くなった猫が飼い主にして欲しくない4つの事

家族のように育てたペットが旅立つのは、とても悲しいことです。飼い主さんが亡くなった猫を、受け入れられない気持ちになるのも当然だと思います。しかし、猫は飼い主さんにして欲しくない事があるようです。

6834view

亡くなった猫が飼い主さんにして欲しくない事

空の猫

1.いつまでも泣かないで欲しい

亡くなった猫が、飼い主さんに『悲しまないで』、『いつまでも泣かないで』と思うのではないでしょうか。猫が自分を想って泣いてくれているのが嬉しい気持ちもあり、飼い主さんを心配する気持ちもあるのです。猫が飼い主さんに、いつまでも泣かないで早く立ち直って欲しいと言う気持ちでいるようです。

2.忘れないで欲しい

猫が飼い主さんに『悲しいけど泣かないでね、私を忘れないでね』と思っているのでしょう。猫も飼い主さんとのお別れが辛いのです。

飼い主さんと同じ気持ちでいることを忘れないで欲しい、たまには自分の思い出話をして欲しい、忘れないで顔を思い浮かべて欲しいと言う気持ちでいるのでしょう。そして、いつまでも飼い主さんの心の中にいるようです。

3.すぐに家族を迎え入れないで欲しい

猫とお別れして、新しくペットを飼うことはよくある話ですよね。飼い主さんや他の家族が、ペットロスになってしまい、それを克服するのに新しく家族を迎え入れる人も多いでしょう。

しかし猫が亡くなってすぐにペットを飼うのは、亡くなった猫が「自分のことを忘れられた」と思ってしまうかも知れません。しっかりと猫とお別れをして、少しの期間をおいてあげるのが理想ではないかと思います。

人間には四十九日に供養する法要があります。
猫も同じように、安心して天国にいけるよう四十九日まで待ってから新しくペットを飼う人も多いようです。決して形にこだわる必要はないのです。飼い主さんの気持ちが、どのくらいかが重要になるのです。

4.悔やまないで欲しい

猫が亡くなった後に、後悔してしまう飼い主さんもいます。忙しくて猫とあまりいてあげられなかった、最後に看取ってやれなかったなど、悔やんでしまう事もあるそうです。

しかし猫は飼い主さんとの時間を胸に刻んで、良い思い出としてくれているでしょう。
きっと、飼い主さんが悔やむ姿を見たくないのだと思います。

亡くなった猫が飼い主さんに伝えたい事

鳴く猫

楽しい時間をありがとう

猫にここまでの感情があるのか?と疑問に思ってしまうかも知れませんが、二人の関係性や深い絆がそう思わせるのではないでしょうか。猫は飼い主さんと過ごした日々が、とても幸せだったと思います。猫が飼い主さんにありがとうと伝えているようです。

近くで見守っているよ

大好きな人や動物が亡くなってしまった時、誰もが「近くで見守っていてね」と心で思うようです。安心してください、ずっとそばで見守ってくれています。

飼い主が何かに迷ったり、苦しんだりしている時は枕もとに現れて微笑んでくれているでしょう。飼い主さんが忘れないでいる限り、忠実に恩返しをしてくれると思います。

ちゃんと可愛いがってあげてね

虹の橋を渡った猫が、飼い主さんに新しい家族を迎えて欲しいと思っていることもあります。飼い主さんが、とても暖かい人とわかっているので、寂しい気持ちにならないように新しくペットを飼うことに賛成してくれるでしょう。
きっと猫は、飼い主さんが自分と同じように可愛いがってくれる事を願っているのではないでしょうか。

なるべく一緒にいてあげてね

飼い主さんが同じ後悔をしないように、次に来る家族に「猫との時間も忘れないでね、なるべく一緒にいてあげてね」と伝えています。

動物はペットとして飼われると、寂しさや悲しみと言う気持ちを持つのです。「ほんとはもっと一緒にいたかったのに」と後悔しないように、たくさん思い出を作っていきたいですね。

まとめ

お花と猫

亡くなった猫が飼い主にして欲しくないことについて書いてみました。
これは猫が実際に、そう思っている!とは言いきれません。きっとこう思っているだろうと言う仮説です。

猫が飼い主さんを思う気持ちは、猫を飼っていれば気づくと思います。猫は飼い主さんを心配させないように隠れて息を引き取るのです。

また、死ぬ間際に最後の力を振り絞って飼い主の寝床までお別れをしに来るのです。
猫が愛されて育てられたからこそ、飼い主さんに”ありがとう”を伝えようとするのではないでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード