構って!子猫が遊びたい時にする4つのしぐさ

構って!子猫が遊びたい時にする4つのしぐさ

遊び盛りの子猫の場合、飼い主さんが遊び相手になることがありますが、子猫が「遊ぼう!」と言ってくる時どんなしぐさをするかご存知ですか?子猫は遊びを通して様々なことを覚えていきますし、エネルギーの発散にもなります。子猫が遊びたい時にするしぐさを知って、一緒に遊んであげましょう!

1969view

子猫が遊びたい時にするしぐさ

ピンクの毛糸で遊ぶ子猫

子猫が飼い主さんに遊んでほしい時にするしぐさには、どんなものがあるでしょうか?

子猫が遊びたい時にするしぐさ1 お腹を見せる

手を舐めてお腹を出す子猫

ゴロン、と寝っ転がってお腹を見せるのは「遊ぼう!」のしぐさです。
ここで勘違いしがちなのが、子猫は「お腹を触ってほしい」訳ではないことです。お腹を触ろうとすると怒られるかもしれません。

急所であるお腹を見せるのは、飼い主さんを信頼している証しでもあります。たくさん遊んであげましょう!

子猫にとって遊びは、他の猫や飼い主さんなどとの接し方を覚える上で大切ですし、ストレスの発散にもなります。体が強くなるメリットもありますので、ぜひたくさん遊ばせてあげてください。

子猫が遊びたい時にするしぐさ2 スリスリ

顎を撫でられて嬉しい子猫

頭をスリスリしてきて「遊ぼう」アピールをしてきます。とにかく飼い主さんの気をひきたくて仕方がないのです。遊べる時は遊んであげましょう。

時間がない時は撫でてあげるだけでも喜ぶでしょう。
子猫のスリスリには他にも、ご飯の催促の場合もあります。どちらなのか見極め方は、時間や状況で判断できます。しばらくご飯を食べていなければ空腹だと予測できますし、ご飯を食べた後だったら遊びたいのだな、と判断できます。

子猫が何を要求しているのか、飼い主さんはそのしぐさで察するしかありませんが、不思議と一緒に過ごしているうちに何となく分かってきます。

恐らく子猫と飼い主さんにしか分からない、共通言語が構築されていくのです。
それって何か良いですね!二人にしか分からない言葉、築いていってくださいね。

子猫が遊びたい時にするしぐさ3 熱い視線を送ってくる

寝転がるブリティッシュ猫

何かの視線を感じて振り返ると、そこには熱い視線の子猫が…、これも遊んでほしい時のしぐさです。無言の圧力と言うものでしょうか。飼い主さんの後をついて回ることも。
時間に余裕があれば、遊んであげましょう!

子猫が遊びたい時にするしぐさ4 攻撃してくる

爪を出す茶色の子猫

飼い主さんの手や足、ヒラヒラとした洋服などをめがけて攻撃を仕掛けてきます。
子猫は既に戦闘モードに突入しているのです。あまりにヒートアップすると飼い主さんのケガの素になるのでご注意ください。

子猫があまりにやる気満々の場合は遊んであげると良いでしょう。遊ぶ時間がない時は、電動猫おもちゃに任せると楽チンです。きっと夢中で遊んでくれます。

我が家の猫が子猫の時は夢中で電動猫おもちゃで遊びましたが、成長するにつれ動きが単調な事に気が付くのか、残念ながらすぐに飽きてしまうようになりました。

でも子猫のうちならハマるでしょう。時間のない時は取り入れてみるのも一つの案です。

まとめ

爪とぎで玉を遊ぶ灰色の子猫

子猫と遊ぶことで、子猫と飼い主さんの絆が深まることにもつながります。
もし子猫が爪や歯を立てて痛い時は、大きめの声で「痛い!」と言いましょう。すると子猫は加減を覚えていきます。

子猫の遊びはとても大切です。忙しくても少し時間を取って遊んであげることをオススメします!

スポンサーリンク

人気のキーワード