猫用虫よけの特徴や売れ筋商品

猫用虫よけの特徴や売れ筋商品

猫にも虫除けのスプレーや首輪があるのをご存知ですか?猫のための虫除けは蚊よけとして活用することができます。そこで今回は「猫用虫よけの特徴や売れ筋商品」についてご紹介させていただきます。

636view

猫用虫よけの特徴

猫の虫除け首輪

実は猫も蚊に刺されるのをご存知ですか?猫は蚊に刺されてしまうと人間と同じような症状も見られるのできちんと虫よけで対策をしなくてはいけません。

そんなときにおすすめなのが「猫用虫除け」なのですが、猫用虫除けの特徴についてご紹介させていただきます。

天然由来成分

猫の虫除けの特徴は「猫のために天然由来成分100%」で作られています。
猫のためにつけ心地も悪くなく、さっぱりとした天然ハーブなどのスプレーがたくさん販売されています。

ペット向けで安全

猫用の虫除けは「猫用スプレー」や「ペット用スプレー」などとして販売をしています。
猫に虫除けをつけているとグルーミングなどで舐めることを想定して、猫にとっては無毒のもので安全に作られています。

虫除け以外の効果

猫用の虫除けは、虫除け以外の効果があるものもあります。
具体的には虫除けの効果と毛づやをだす効果のあるものなどの虫除けスプレーがあります。

首輪タイプ

猫用の虫除けはスプレータイプだけでなく首輪タイプのものもあります。
スプレーをしようとすると逃げてしまう猫でも、首輪だと楽々とつけられるのでおすすめです。

手作りでもできる

猫用の虫除けスプレーは、手作りでもできます。水とスプレーボトル、アロマがあれば簡単に作ることができます。

アロマであれば、猫に使わなくても部屋に置くことができるので良さそうですね。
アロマは猫にとって安全なものにしてくださいね。

猫用の虫よけを使う時の注意点

猫の蚊取り線香

猫用の虫除けを使う時の注意点はどのようなことがあるのでしょうか。
猫用の虫よけを使う時には猫にとって安全に使ってあげたいですよね。猫の虫除けは手作りするときなどには特に注意しなければいけないことがあります。

そこでここでは、猫用の虫除けを使う時の注意点についてご紹介させていただきます。

アロマを使っての手作りは気をつけて

猫の虫除けを手作りするときにはアロマを使いますよね。しかし、アロマは猫にとって安全ではない成分もあります。ですのでアロマオイルを使うときには調合前に必ず猫に安全かどうかを確かめるようにしてください。

猫にとって危険なアロマオイルは

  • ティートゥリー
  • シナモンなどのフェノール類
  • ユーカリなどのケトン類
  • ベルガモットなどのモノテルピン炭化水素類

これらのようなものは、猫が中毒症状を引き起こしてしまう可能性もあるので、避けてください。

必ず虫除けは猫用のものを使う

猫が蚊に刺されるのが可愛そうだからといって、人間用の虫除けは使わないようにしてください。人間用虫除けの殺虫成分は猫にとって有害なものが含まれています。

猫がグルーミングなとで舐めてしまうと下痢や嘔吐などの中毒症状を引き起こしてしまう可能性もあるので気をつけてください。

猫用の虫よけ売れ筋商品

猫の虫除け首輪

猫用の虫よけ売れ筋商品はどのようなものがあるのでしょうか。
猫用の虫よけは口コミや売れ筋商品も参考にみんなが使っているものを自分の猫にも使いたいですよね。

そこでここでは、猫用の虫よけ売れ筋商品についてご紹介させていただきます。

ペット虫除けスプレー

Natural Beauty 猫 虫除けスプレー 100ml
1,280円(税込)

商品情報
・天然ハーブティーツリー配合
・無着色・無香料で安心安全!ペットの健康に留意
・容量:100ml

こちらは、ペットのための虫除けスプレーです。お値段は1280円です。
天然ハーブティーツリーが配合されており、全身に吹きかけて使うことができます。

無着色、無香料なので猫も安心して使うことができます。内容量は100mlです。



ペット虫除け首輪

ペット 首輪 天然アロマ抗菌 ノミ取り対策 シリコン素材 犬猫用 2個
1,399円(税込)

商品情報
・精油含有量:2%
・抗菌・ノミを駆ける効果あり
・サイズ:40cm
・対象:3ヶ月以上の猫または犬

こちらは、ペットのための虫除け首輪です。お値段は1399円です。
ノミやダニ対策にも効果があり、精油が2%含まれています。かけ心地も違和感なくできるので猫も安心して使えます。

まとめ

虫と子猫

猫も蚊に刺されることがあります。
猫の虫除け対策は

  • 猫用虫除けスプレー
  • 猫用虫除け首輪

を使ってあげると良いでしょう。

猫の虫除けにはアロマオイルを使って手作りをすることもできますが、アロマオイルの成分によっては猫に有毒のものもあるのできちんと安全かどうかを確かめてから使ってくださいね。

スポンサーリンク

人気のキーワード