猫がフレーメン反応をする理由

猫がフレーメン反応をする理由

猫のフレーメン反応をご存じでしょうか?猫ブームが起きている近年、テレビや動画で猫のしぐさや表情を観ることも少なくありません。中でも面白いのが一定時間「ぽかん」と口を開けて止まるフレーメン反応と呼ばれる猫の行動です。ここでは猫のフレーメン反応についてその意味や役割をご紹介します。

5100view

猫のフレーメン反応が起る場面とその理由

にらむ猫

さて、飼い主の靴を嗅いだときや他の猫のにおいを嗅いだ様々な場面で見かける「フレーメン反応」ですが、なぜこのような反応が起こるのか、その意味をシュチエーション別に調べてみました。

猫のにおいを嗅ぐ⇒フェロモンを確かめるため

オスもメスも発情期に「性フェロモン」を分泌します。この時期、互いの性フェロモンを相手に伝えやすくするために尿をまき散らしたり、相手のお尻を嗅ぐ行動が見られます。この時期、性フェロモンをより多く感じ取るため、より過敏にフレーメン反応を起こすようです。

人や衣類を嗅ぐ⇒未知の「におい」を調べている

飼い主の靴下や足、飼い主以外のヒトのにおいなどを嗅ぐときに、フレーメン反応を起こす場合があります。これはフェロモンを感じ取るためではなく、フレーメン反応をして自分に害が及ばないのか、調べる行動です。

人を嗅ぐ場合、この人間が「どんな人間なのか?」と、においを通して調べているためではないかと言われています。なので、もしあなたが愛猫にニオイを嗅がれフレーメン反応を起こしてしまっても、決して嫌がっているわけではありませんので、ご安心ください。

縄張り内の物を嗅ぐ⇒安全かを調べている

自分の縄張りにある物の匂いを嗅いで、フレーメン反応を起こす場合があります。この場合、安全かどうかにおいを通してチェックしている場合があります。人間だって嗅いだことのない臭いやキツイ臭いには、つい警戒してしまいますよね。猫も同様に空気中のにおい物質を嗅いで、安全性を調べているのです。

猫のフレーメン反応とは

口をあけて上を向く猫
  • 猫が「におい」に反応してぽかーんと口を開ける仕草

フレーメン反応とは、「におい」に反応してぽかーんと口を開けてしまう仕草のことをいいます。このフレーメン反応は、猫だけではなくウマやウシ、ヒツジなどの哺乳類にも見られる行動です。

猫のフレーメン反応が起こる原因

  • 猫がフェロモンを感じ取る器官(ヤコブソン器官)が口の中にある
  • フェロモンを感じ取る時口を開けてしまう!

爬虫類、両生類、哺乳類などの生き物にはフェロモンを感じ取るときに必要な器官のひとつ「ヤコブソン器官」があります。この「ヤコブソン器官」は嗅覚器官でありますがおもに鼻ではなく口の中(前歯の裏側付近)にあります。このヤコブソン器官では、においを嗅ぐというよりも、「フェロモンを感じ取る」働きをする器官です。

この器官が口に存在するため、より多くのニオイを口に取り入れようとして、あのような「口をポカーン」とする仕草、フレーメン反応が見られるのです。

「哺乳類にあるのなら、私たち人間にもあるのではないか?」と思ってしまいますが、私たちには存在しない器官です。進化する過程で「ヤコブソン器官」を含む神経系が退化したためと考えられています。 もし、私たちにも、「ヤコブソン器官」があったら、臭いを嗅ぐたびに他の哺乳類同様に「ぽか~ん」と開けてフレーメン反応してしまうのかもしれませんね。

                                        

猫のマーキングとフレーメン反応

凝視する猫

猫を飼っている方でおしっこを家の中でかけられて困ったという方もいるはず。そのおしっこを嗅いだ場合でも、フレーメン反応が起こる場合があります。なぜ猫はおしっこをかけるのか?フレーメン反応との関係性と合わせて見て行きましょう。

意思表示のため

まず、猫は自分のことを相手に知ってもらうためにマーキングという行動を行います。 マーキングとは、おしっこと一緒にフェロモンが分泌し、自分のテリトリーを示す行動です。 そのため、そのニオイを嗅いだ他の猫は、フレーメン反応を起こし、この場所が他の猫のテリトリーだと認識するのです。また、マーキングの種類は以下のような行動もあります。

  • 尿を吹きかける
  • 爪をとぐ(※頬の器官からフェロモンが出る)
  • 頬や頭をすり寄せる(※頬の器官からフェロモンが出る)

猫のフレーメン反応についてのまとめ

フレーメン反応を起こす猫
  • 猫がフェロモンを感じ取る際、口を開ける仕草の事をフレーメン反応という
  • 猫のにおいを嗅ぐ時は猫のフェロモンを感じ取っている
  • 人や衣類を嗅ぐ時は、何なのか調べている
  • 縄張り内の物を嗅いでいる時は安全かどうか調べている

フレーメン反応は縄張りやフェロモンを調べるときに出てしまう、大切な生理現象だと解りました。もし身近なところや動物園などで猫や他の哺乳類がフレーメン反応を起こしている時には「何を調べているのかな?」と思って観察してみるのも面白いかもしれませんね♪

女性 ケロキ

猫のフレーメン反応の顔は良いですよね。ポカーンとしているのでつい笑ってしまいますが、いつものツンとした顔からは全く違う表情を見せてくれるのが好きです。他の動物のフレーメン反応と比べて猫の場合、目を見開いているから面白く見えてしまうのかもしれませんね。
フェロモンを嗅いで確認しているということですが、なぜあんな顔になってしまうのか不思議ですね。人間も進化の仕方ではあの顔をしていたと思うと笑ってしまいます。我が家の猫は滅多にフレーメン反応をすることはないですが、時々床や座布団のにおいを真剣に嗅いでポカーンとしています。おそらくトイレの後に座っておしっこがついてしまったのだと思います。ただ下を向いてあの顔をしているので、「ん?フレーメン反応か?」と思ったら猫の顔を覗き込みます。多頭飼いになると頻繁に見られるのかなと思いました。

40代 女性 nii

猫のポカーンとした顔…面白いですよね。まるで「くさっ!」と言わんばかりの表情なのに、まさかよりニオイを詳しく嗅ごうとしているとは思いませんでした。猫がフレーメン反応をしている動画なんかもたくさんありますが、何故か飼い主さんの靴下や足を臭ってフレーメン反応している猫ちゃんが多いんですよね(笑)他の猫ちゃんのお尻のニオイを嗅いでフレーメン反応する子も多いようですが、お尻と足…同じニオイなの?と落ち込んでしまいそうです(笑)

うちの猫は息子と遊んでいる時に、ポカーンとした顔をしている事がよくあります。やはり思春期真っ盛りの男の子は臭いのか…なんて思っていましたが、やはり人によって発しているニオイも違うのでしょうから、好みもあるのかもしれませんね(笑)遊びの最中に興奮している時にフレーメン反応をする事が多いので、より相手をよく知ろうとしているのかもしれません。猫って詳しく知れば知る程面白い生き物ですよね。

40代 女性 nekomic

猫の嗅覚は、人間の1万からもっと、10万倍はあると言われています。人間が感知できる臭いよりもずっと濃度が低くてもわかる、ということですね。

ただ、犬ほど臭いで色々なものを判断できるわけではないということで、目で見たり耳で聞いたりすることで判断したものの最終確認を、臭いでするようです。

フレーメン反応は、ヤコブソン器官の開口部を広げ、嗅いだ臭いの刺激をヤコブソン器官に送っているので、あのような口を開けた状態になると言われています。
ヤコブソン器官の開口部とは前歯の門歯の裏にあって、そこを広げているのです。そうすると口は半開き、というあんな表情になってしまうんですね。

ヤコブソン器官は、主にフェロモンを感知できるものなので、猫のおしっこやお尻など、人間からするとちょっと微妙なものに対してフレーメン反応をしてしまいますよね。

どうしても、「とてもクサそう」とか、「ポカーンとしている」という表情に見えてしまいます。

だからこそ、何度も猫がフレーメン反応をしていると、その表情からも「そんなにひどい臭いなのかな」「クサイのかな」と思ってしまうのですね。

うちの猫だと、トイレ周りの臭いを嗅いでよくフレーメン反応をしています。うちには2匹いるので、いったいどちらのおしっこで?なんて考えてしまいます。

人間には見えないので、臭いを嗅いでフレーメン反応をした家具は、拭き掃除をすることにしています。必ずしもおしっこがついている、というわけではないかと思いますけれど、気になってしまうので…。

また、何度も臭いを嗅いでも、ヤコブソン器官は機能が衰えない、ということです。人間だと、同じ匂いを嗅ぎ続けると、鼻の神経が効かなくなってわからなくなってしまうところです。

人間にはすでに退化してしまって持っていない感覚を駆使して、フェロモンの臭いを感じているわけです。ポカーンとしたりクサかったりするわけではなく、猫はとてもすごい行動をしているところなのですよね。
人気のキーワード