猫が寂しかった時にする5つのサイン

猫が寂しかった時にする5つのサイン

猫は単独行動をするので、寂しさなど感じない、と言う説がありますが、実際はそんな事はありません。大好きな飼い主さんがいないと寂しさを感じ、その気持ちを行動で表すことも多いのです。猫が寂しいと感じた時、どんなサインで知らせてくれるのでしょう?詳しく見ていきましょう!

9858view

猫が寂しいときにする行動とは?

寂しげな表情の猫

猫が寂しいとき、どんなサインを出すのかチェックしましょう。
きちんと見ておかないと信頼関係にヒビが入ってしまうかもしれません。注意しましょう。

  • 大きな長めの声で鳴く
  • いたずらをする
  • ふみふみする
  • 邪魔猫に変身する
  • ストーカー猫になる

大きな長めの声で鳴く

鳴いて訴える子猫

まるで母猫を探すかのように大きな長めの鳴き声で鳴くときは、「寂しいよぉ〜。誰かぁ〜」と探し回っているときです。猫を家に迎えてすぐのときは、今まで住んでいた場所と環境が違い、家族猫などと一緒にいた場合は突然1匹になり寂しさが募って鳴くことがあります。

下手に構うとクセになるので、かわいそうに思っても放っておくのが正解です。
しばらくすれば鳴かなくなるでしょう。

我が家の猫は、動物シェルターから家に来てもう数年経ちますが、未だにふと寂しくなるのか、鳴くことがあります。特に昼寝から起きたとき、周りに誰もいないと寂しくなるようです。
しばらくうにゃうにゃ鳴いた後、皆がいる場所にくると鳴きやみます。ちょっと可愛いと思う愛猫の行動です。

いたずらをする

椅子で爪研ぎをする猫

飼い主さんの気をひきたくて、物を落としたり、わざと爪を立ててはいけない場所をガリガリしたりすることがあります。たとえ叱られても、飼い主さんが自分に関心を寄せてくれたことが、嬉しくなるのでしょう。
けなげですね。

ふみふみする

毛布にふみふみしながら眠る猫

母猫との時間が十分ではなく、満たされずに育った猫が良く、前足で飼い主さんの体や毛布などをふみふみする、と言われています。眠いとき寝る前にすることも多いです。
元々甘えん坊の性格の猫も良くするようです。

寂しさを満たしている行動でもあるのでしょうが、このときの猫は自分の世界に浸っていますので、下手に構わず、そっと見守っておく方が良いようです。

邪魔猫に変身する

パソコンの上に寝転ぶ子猫

飼い主さんが読んでいる雑誌や、パソコンのキーボードの上にドデッと陣取る、いわゆる「邪魔猫」。顔の前に立ったり、わざと横切ったりすることも。
愛猫が邪魔猫に変身してしまったときは、自分に注目してほしいときなので構ってあげましょう。

ストーカー猫になる

物陰から見つめる猫

寂しがりや甘えん坊の猫は、ストーカー猫になることも。
飼い主さんの後を付いて回り、トイレやお風呂の出待ちをする場合も。一緒に入ってしまう猫もいるようですが。とっても可愛い行動なのですが、足元に絡まれると、蹴飛ばしてしまいそうで困ることもあります。足を取られないように十分ご注意ください。

猫の寂しさが募りすぎると・・・

悲しい表情で見つめる猫

分離不安症

猫の寂しさが募りすぎると「分離不安症」という症状に発展することがあります。
親しい存在と離れるのを寂しがるのは、猫をはじめとした動物でも決して珍しいことではありませんが、その度合いが病的なまでに発展すると分離不安症に分類されます。

分離不安症は常に飼い主さんが側にいないと不安になってしまう症状で、粗相や破壊行動、過剰な鳴き声やグルーミングなどが見られます。分離不安に陥った猫の扱いに困り、猫を手放してしまう飼い主さんもいます。

気持ちは分からなくもないですが絶対にしてはいけないことです。お互いが不幸にならないよう猫の不安を和らげる対処が必要です。もし愛猫が分離不安かも?という場合は早めに受診して獣医師の意見を聞くと良いでしょう。

まとめ

目が潤んでいる子猫

寂しさ全開の猫、とっても可愛いですね!
飼い主としては愛猫に「寂しいよ!」と言われたら、デレデレになってしまいます。

分離不安には気をつけなければいけませんが。愛猫が可愛いからと言って、過度に飼い主さんに依存させるような接し方は、あまりしない方がお互いのためなのかもしれません。

節度を持って愛猫と楽しい暮らしを送りたいですね!

スポンサーリンク

人気のキーワード