猫に水分補給をさせる5つの方法

猫に水分補給をさせる5つの方法

猫は、あまり水を飲みたがらないようです。しかし、水分補給は猫にも必要なのです。1日に必要な量を飲むように、飼い主さんの工夫次第で解決するかも知れません。猫と水分に関する情報をまとめました。

2019view

猫に水分補給をさせる5つの方法

水道から水を飲む猫

猫は、祖先の名残から、水はあまり飲まないと言われています。
しかし、成猫でも体内60%~70%を水分が占めているそうです。なのであまり水を飲まない猫には、水を飲ませてあげなくてはいけません。工夫をしてあげると、簡単に飲んでくれる場合もあるので、紹介していきます。

1.容器を変えてあげる

いつも使っている水の容器が飲みにくい、気に入らないということはありませんか?
猫はヒゲが濡れたり汚れたりするのをとても嫌がります。飲み口が広く、高さのある容器に変えてみると良いかもしれません。

2.水の温度を変える

猫は水の温度に好みがあり、氷水のように冷たい水が好きだったり、ぬるま湯ならよく飲んだりする猫もいます。お風呂のお湯を舐めているようなら、きっとぬるま湯の方が飲みやすいのかも知れません。
温度は、人肌くらいがちょうどいいようです。

3.水の置場を変える

ご飯の横に水を置いている場合、衛生的に良くはありません。ご飯が飛び散って水に入ると、水が傷みやすく、鮮度も落ちてしまいます。
ご飯のそばに置く水は、適度に取り替えてあげましょう。また、水飲み場を増やしてあげると、好きなときに飲めるので効果があると思います。

4.フードに入れる

水をなかなか飲んでくれない猫も多いので、ドライフードに水を入れると自然に飲めるので、いいと思います。ぬるま湯を入れると、フードの香りもひきたち嗜好性効果もあります。

また、ウエットフードにしてあげるのも良いと思います。今はスープ仕立てやゼリー仕立てなど水分の取りやすいフードがたくさん出ています。

5.新鮮な水をあげる

猫の特徴から、水の飲み方はいろいろです。

猫は水の匂いには敏感で、新鮮な水を好みます。なので蛇口から出る水を好む猫は、ほとんどそこからしか飲もうとしません。また、猫は流れるものに興味を示しやすいと言います。

水の容器を循環式の給水器に変えてあげると、喜んで飲んでくれるかも知れません。

猫と水分の関係

バケツから水を飲む猫

猫が水を飲まないのはどうして?

自然に生きるリビアヤマネコ

先ほど少しお伝えしましたが、祖先のリビアヤマネコが、砂漠で暮らしていたことの名残も関係しているようです。

乾燥地帯の動物であったこともあり、あまり飲む習慣がない、喉の乾きに強いようになっているとも言われています。そして、猫が水を飲まないのは室内が涼しいのも原因です。冬の寒い季節、夏のエアコンの効いた部屋の中では、水を飲まないようです。

猫が水分を取らなくてはいけない理由

トイレに入る猫

猫は、水分をあまり取らなくてもいいように、体から水分の排出を守るために体内で濃縮しています。なのでおしっこは濃く、少ない量しか出ません。しかし、濃いおしっこをするので腎臓の病気、尿結石になりやすいようです。
つまり、水を飲まないと尿が濃くなることで腎臓に負担がかかりやすいのです。

猫が水を飲みすぎている理由

獣医師に診察される黒猫

あまりに水を飲みすぎているのは要注意です。
水をよく飲むとおしっこの量も増える、排尿が増えれば水分が奪われ、喉が渇きやすくなります。腎臓の機能が低下している可能性があります。
特に高齢の猫は、腎臓病が増えるので気を付けてあげないといけません。

実は猫の死因で多いのは慢性腎不全と言われています。他にも、水を飲みすぎている病気で考えられるのは、糖尿病、甲状腺機能亢進症、子宮蓄膿症があります。

まとめ

コップから水を飲む猫

猫の水分補給はとても大切です。
毎日の必要な量を飲んでくれるために、猫の飲みやすい水を見つけてあげるといいですね。

私が飼っている猫にも、フードに水を入れるようにしています。ドライフードだけだと食べにくいと言う理由もありますが。水を受け入れないときには、味を付けてあげたらいいですね。ささみのゆで汁がよく使われて効果があるようです。

そして、水を飲みすぎるときの注意も必要です。
しょっちゅう水を飲むのを見たら、食欲や元気の低下を気にしてあげ動物病院に受診してください。

猫が少しでも長く健康でいられるために、病気にならないように心がけてあげなければいけませんね。

人気のキーワード