猫の飲み水は水道水でいいのか 与え方と気をつけたいこと

猫の飲み水は水道水でいいのか 与え方と気をつけたいこと

大切な愛猫だから品質の良い安全な水を与えたいという思いから水道水ではなく、ミネラルウォーターを飲ませている飼い主様もいらっしゃるでしょう。しかし、ミネラルウォーターは場合によっては、猫にとって逆効果になる可能性もあります。本日は猫に水道水を与えることについて考えてみましょう。

1570view

猫の飲み水は水道水で良いのか

蛇口から水を飲んでいる猫

猫に水道水を与えていいのか?結論からいうと猫に水道水を与えることは問題なく、むしろミネラルウォーターを与えるほうが危険な場合もあります。

猫の飲み水は水道水で良い理由1

まず猫の飲み水が水道水でいい理由について考えてみましょう。日本の水道水はヒトが飲んでも猫が飲んでも問題ないほど水質が綺麗です。実際に日本水道協会は「蛇口から出た水がそのまま飲めないところはない」と自信を持って宣言していますので、まず間違いはありません。

猫の飲み水は水道水で良い理由2

日本の水道水は猫に優しい「軟水」です。軟水とは水に含まれているカルシウムやマグネシウムなどの量が少ない水のことです。この水に含まれるミネラル成分が少ない軟水は、猫が病気になるリスクが少ない大変適した水なのです。

そのため、猫に水道水を与えるのは全く問題がないといえます。

猫に水道水やその他水を与える注意点

蛇口に鼻をつけている猫

猫にミネラルウォーターは危険

逆に猫にミネラルウォーターを与えてしまうと、病気になる可能性があります。理由はミネラルウォーターにはミネラル成分が多く含まれているため結石になりやすいためです。特に硬水の場合はミネラル成分によって結石になりやすいのです。

そのため猫にミネラルウォーターを与えたい場合は、結石の原因となるマグネシウムやカルシウムの含有量の少ない軟水を選ぶか、ペット用のミネラルウォーターを与えるようにしましょう。

猫に水道水を与えるときの注意点

水道水に限らず、水を飲まないときは何らかの病気を疑いましょう。というのも、猫はもともと水をあまり飲まない動物ですが、水をあまりにも飲まない場合は腎臓に負担がかかり疾患を引き起こす恐れがありますし、結石になりやすくなる場合もあります。

逆に猫が水を飲みすぎるのも病気のサインとなりますので注意をしましょう。また、水を吐くという場合は内臓疾患の恐れが非常に強いため十分に気を付けてくださいね。

猫が水をあまりにも飲まない場合は、水が新鮮ではなかったり、お皿が気に入らなかったり、水を飲む場所が汚いと感じている場合が考えられます。水道水に限らず、猫が水を飲まないということは病気を引き起こす可能性がありますので、しっかりと気を付けるようにしましょうね。

猫に水道水を与えるときに活用したい浄水器

水を飲んでいる猫

猫に水道水を与えるのがいいとわかったけど、どうしても抵抗を感じてしまう、大切な愛猫だから水道水ではなく、ちゃんとしたお水を与えてあげたい、そんな思いを抱いている方もいるでしょう。

そんな方は、水道に浄水器をつけてみてはいかがでしょうか?水道水に浄水器を取り付ければ、ヒトも使えますし猫も大活用できます。また浄水器を蛇口に使えない方は、猫のお水を入れるものを自動給水装置に変えるのもおすすめです。

例えばこちらの給水器はフィルターがついていますので愛猫にいつでも新鮮な水を提供できます。とってもおすすめなので興味のある方はぜひ一度使ってみてはいかがでしょうか?

ジェックス ピュアクリスタル 全猫用
3,425円(税込)

商品情報
・抗菌活性炭入りフィルター
・カートリッジ式



浄水器を使ってもやはり愛猫には品質のよい水を!という猫愛に溢れた方はこちらがおすすめです。

こちらはペットが飲むように開発されら水素水です。猫が飲んでも問題が無いようにミネラルはゼロですし、若返り効果のある水素がふんだんに使われています。ぜひ、水素水を使って愛猫に快適な生活を与えてあげましょう。

ペットの水素水
3,980円(税込)

商品情報
・ミネラルゼロのお水
・水素が抜けにくい製法で2004年に特許取得

まとめ

水道水を飲んでいる猫

猫にとって水は健康を守るために大変重要なものです。そのため大切な愛猫を守るために水道水ではない高価な水を与えたいと考える気持ちも十分にわかります。しかし、ミネラルは猫にとって病気を引き起こす原因となる可能性もありますので、できるだけ与えないようにして、代わりに新鮮な水道水を与えてあげましょうね。
 

スポンサーリンク

人気のキーワード