猫が助けて欲しい時にする3つの仕草

猫が助けて欲しい時にする3つの仕草

猫の仕草には、助けて欲しい!と訴えている時があります。飼い主さんに助けを求める時は、自力で解決が出来ないのかも知れません。猫の仕草がいつもと違う時のサインに気づいてあげましょう。

21628view

猫が助けて欲しい時にする3つの仕草

鳴いて訴える子猫

子猫は、母猫に助けを求める様に鳴く事があります。猫は、苦痛や痛みを隠す習性がありますが、どうやら飼い主さんには助けを求めてくる猫もいるのです。猫が助けて欲しい時にする仕草を紹介します。

1.鳴き声がいつもと違う

よくなく猫とあまり鳴かない猫がいますが、どちらでも鳴き声がおかしいとなればSOSを出している事があります。

訴えるように声が大きい、苦しそうに声で鳴く、鳴き止まないなど明らかにいつもと違う鳴き方には、助けを求めるサインです。また、声がかすれている、声が出ない時も原因があります。

2.隠れる

丸まって寝る白黒ぶち

一日中姿を見せないで、部屋の隅っこに隠れている時は何かおかしいと思った方が良いかもしれません。猫は隠れるのが好きな事もあり、狭い場所にぴたっと収まるサイズが落ち着く場所にもなります。

そして、体が弱っている時に姿を隠すのは本能からも来ています。ご飯の時間になっても出てこなかったり、うずくまっているようであれば、飼い主さんが気づいてあげなければ行けない猫のSOSになります。

3.尻尾を隠す

猫の尻尾の動きで喜怒哀楽がわかると言われる事から、尻尾がどう反応しているかで猫の気持ちを読み取ってあげましょう。

尻尾をお腹の中に隠してる仕草は、恐怖から怖いと思う気持ちで体を小さくしているのです。尻尾を隠す仕草の時に不安そうに鳴く場合は、飼い主さんに助けを求めているのかも知れません。

飼い主に訴えるストレス行動

不機嫌そうにうなだれる猫

猫が助けて欲しい時にする仕草は、ストレスが原因の場合もあります。ストレスが原因で飼い主さんに気づいて欲しいと訴えてくる行動を紹介します。

飼い主に攻撃的になる

いつもは穏やかな猫も、ストレスを溜めると飼い主さんに攻撃的になる事があります。イライラして、上手くストレスが発散できない時にも、飼い主さんに八つ当たりするかも知れません。

ご飯を食べない

ぐったりと眠るキジトラ

猫も食欲がない時があるかも知れませんが、食べない日が続けばさすがにおかしいと思うものです。体調が悪くて食欲がないのか、何かに対してストレスからご飯を食べない時もあります。

喉を鳴らす

猫のゴロゴロと喉を鳴らすのは、甘えている時やリラックスしている時だけではなく、ストレスを解消させる時にも鳴らすのです。私の猫は怖いと感じている時に喉を鳴らしている事があります。

声がかすれている、声が出ない

環境の変化や、同居猫が増えた、不安、等からいつもより猫の声がかすれてしまう、また声が出ない事があります。私の猫も同居猫が増えた時は、ストレスから何日間も声がかすれてしまいました。

まとめ

手を伸ばしてアピールする猫

猫は弱い部分を見せない習性がありますが、飼い主さんに助けを求める事があるのは信頼しているからではないでしょうか。

猫の助けを求めてくる仕草をしてきたら、いち早く見抜いてあげる事が大事です。猫はストレスなのか、体の調子が悪いのか等、猫のサインを見逃さないようにしなくては行けません。

スポンサーリンク

人気のキーワード