猫よけトゲトゲシートの効果と選び方のポイント

猫よけトゲトゲシートの効果と選び方のポイント

猫は人とトラブルになることもあります。原因は敷地内で猫がフンをすることなどです。そんな猫と平和的に共存するためにあるのが、猫よけトゲトゲです。今回は猫よけのトゲトゲについてのまとめになります。

1019view

猫よけのトゲトゲシート

花で遊んでいる猫

よく隣家などでトゲトゲとしたものが付いているマットを見かけることがありますが、これが猫避けのトゲトゲです。トゲトゲしているとはいっても実際に危険な素材でできているわけではないのですが、猫は足の裏などが敏感なため、チクチクする感覚を嫌がり花壇など近づいてほしくない所を避けるようになるという効果を期待するものです。

猫用トゲトゲシートを利用する人でとても多いのは、花壇で糞をされるからといった理由で、その他にも塀の上から家に入ってくる、バイク、芽が出る前のプランターの上で糞や尿をされるといったことです。猫よけトゲトゲはちょっとかわいそうにも思えますが、猫は言葉が通じませんので、人間と敷地の問題で険悪になった結果、より猫に思わしくない方法が用いられるということも可能性としてはあり得えます。

猫よけトゲトゲシートは言葉の通じない猫にここはやめて!と伝えるできる限りの平和的解決方法の道具であると言えるでしょう。

猫用トゲトゲシートの効果とは

植木鉢を見ている猫

上記にも書きましたが、猫の敷地内での行動として一番困っている人が多いのが、糞や尿です。花壇やプランターなどは土があることから、猫にとっては非常にトイレをしやすい場所でありそのためそこで排泄するのです。こうなると花壇で手塩にかけて育てた植物は猫の尿によって枯れてしまいますし、もちろん見た目も糞があることは気持ちがよくありません。そのため花壇の周囲にトゲトゲを置いて猫よけをするのです。

他にも塀の上やバイクの上など人間が乗ってほしくない所に猫は登ることもあり、それを防ぐために上に設置することもあります。このトゲトゲの効果については効果があることもありますが、中には上に乗ってくつろいでいるなど全く苦にしない猫もいます。

しかし、やはり足の裏の不快感はあるようなので、糞や尿の回数があきらかに減ったという意見も多数あります。猫用トゲトゲがより効果を発揮している場合、同じトゲトゲでも猫を避けやすいポイントを満たしているかどうかがポイントとなってくるようです。

猫よけトゲトゲシートの選び方のポイント

蝶を見ている子猫

猫用トゲトゲは100円ショップやホームセンター、アマゾンなどのネット通販などでも購入できます。しかし同じトゲトゲでもきちんと猫をよけるポイントが満たされた商品でなければ、効果を発揮しづらく、猫が簡単に飛び越える、上を歩いて渡るということになります。

例えば100円ショップのトゲトゲは安いですが、トゲとトゲの間が広いので猫がそこに足を置きながら歩いて渡ることができてしまうということがあります。トゲトゲはできる限り隙間の狭いものが良いです。また、またいで渡れる、ジャンプして飛び越えられる幅のものもNGです。

他のポイントとしては植木鉢、狭い隙間などに置く時は、切り分けしやすくなっていることなどが挙げられます。アマゾンで変えるトゲトゲではキャットカット、ハリハリ、ここダメシートというものがありますが、トゲ間隔、幅、使い勝手などの条件を満たしている商品はここダメシートが良いようです。

猫よけトゲトゲシートの設置ポイント

落ち葉の上で寝ている猫

猫よけトゲトゲシートを花壇に置く場合などは、猫の侵入経路全てを囲むようにすることが効果的です。そうしないと隅っこなど隙間を見つけるように糞などをされてしまうことがあるからです。

また、トゲトゲの上に土や枯葉が乗ってしまうとチクチクが弱まり、猫が上を歩いてしまうので注意しましょう。また、シートを複数枚使う場合、シート同士の隙間も作らないようにしましょう。塀の上などに置く場合は雨風や、猫が落として歩いてしまうことがあるので、きちんと固定することが必要です。プランターの上に置く場合は切り分けて使います。

隣家との隙間、物置の裏なども猫の侵入経路として多いので、このような所に猫よけトゲトゲを置くのも効果的かもしれません。トゲトゲシートだけではイマイチ効果がないという場合、シートに猫の嫌いな臭いを付けておくという方法もあるようです。

まとめ

眠っている子猫

いかがでしたか?猫のトゲトゲシートはちょっと見た目がものものしいですが、言葉の通じない猫と人間の間を険悪にならないようにしてくれるために役立ちます。猫によって効果の差はあるようですが、困っている方は一度試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

人気のキーワード