猫が自分の手をギュッと握りしめるのはどんな気持ちの時?

猫が自分の手をギュッと握りしめるのはどんな気持ちの時?

猫のとる仕草は、本当にかわいいものが多いです。猫好きな人にとってみれば何をしてもかわいいと思うと思いますが、猫が手をぎゅっと握りしめる仕草は、好きな方も多いのではないでしょうか?タダでさえかわいいあの猫のもふもふとした手が、ぎゅと丸くなる瞬間、そこには猫のどんな気持ちが、隠れているのでしょうか?

8889view

猫が手をぎゅっと握りしめる理由

気持ち

猫が手をぎゅっと握りしめる時はどんな気持ちなのでしょう?

  • 甘えている
  • 愛情表現
  • 眠い
  • 伸び

甘えている

猫が手を交互にぎゅっと握ることがあります。

これは子猫気分を思い出し、幸せに浸っている時だと言われています。飼い主さんの体に向かってぎゅっと握りしめる時もありますし、毛布や布団など、ふわふわしている物をぎゅっと握ることも。猫が安心しているからこそする行為です。

愛情表現

飼い主さんの指や手を、ぎゅっと握ることも。猫の飼い主さんに対する愛情表現だと考えて良いでしょう。ゴロゴロ言いながら目を細め、気持ちが良さそうな顔でぎゅっぎゅするようです。

猫によっては、ぎゅ〜っとする人としない人がいるようです。朝起きたら猫が隣で飼い主さんの手を握って寝ていた、なんていう羨ましいエピソードもあります!

眠い

猫が眠い時や夢を見ている時も、手をぎゅっと握るタイミングです。眠くなるとおもむろに、どこを見ているか分からないようなボ〜ッとした目で手を交互にぎゅっぎゅさせている事はありませんか?

この時の猫は完全に自分の世界に入っているようなので、撫でずにそっと見守ってあげましょう。また、夢を見ているのか寝ている時にぎゅっとする場合も。いずれにせよ、とってもかわいい猫の仕草です。

伸び

大抵が寝る直前の横になっている時に見られますが、伸びをする時に手がぎゅっ〜となることがあります。

両手を握るように伸びをするのは、何となく人間っぽい仕草なので親近感を持ってしまいます。伸びをして手がぎゅっとなったまま、気持ち良さそうに寝入る場合も多いです。

ぎゅっと握る以外の猫の手の仕草とは?

仕草

ぎゅっと握る以外に猫がする手の仕草には次のものがあります。

  • 飼い主さんの方に手を伸ばす
  • 顔を洗う
  • 手でちょいちょいする
  • 手をチュパチュパする
  • 片手を上げて止まる

飼い主さんの方に手を伸ばす

猫が飼い主さんの方に手をギュ〜っと伸ばしてくることがあります。手先で飼い主さんにタッチする場合も。これは甘えているのです。大好きな飼い主さんに甘えたくて、手を伸ばして「大好きニャァァ!構ってニャァァァ!」とアピールしているのでしょう。

顔を洗う

猫の仕草でおなじみなのが手で顔を洗うことです。猫は本当に良く毛づくろいをします。暇さえあれば毛づくろい、と言っても過言ではないのではないでしょうか?気持ち良さそうに顔を洗う猫の仕草、本当に可愛いですよね!

手でちょいちょいする

猫の興味がある物を手でちょいちょいする姿も良く見られます。堂々とちょいちょいしたり、少し怖そうに恐る恐るちょいちょいしたり、その時の猫の気持ちによってちょいちょいの仕方も微妙に違います。

手で水をちょいちょいして、それをペロペロして飲む猫もいます。

水は飲みたいけど口を直接つけて飲むのはちょっと怖い、という時にやる仕草のようです。他にも小さな穴の中の物を取り出そうとしている時や、他の猫に向かってちょっかいを出す時など、猫のちょいちょいは至るところで見られます。

手をチュパチュパする

猫が手をチュパチュパするのは、一説には子猫の頃、手についた母乳を舐めている名残だ、と言われています。爪のお手入れでチュパチュパすることもあるようです。良く見ていると爪を噛んでそのまま引っ張っていることも。体のお手入れは隅々まで、余念のない猫なのですね。

片手を上げて止まる

猫が動きを止め、片手を上げていることがあります。

とってもかわいいのですが、この時の猫は逃げようかどうしようか考えている時のようです。自分が置かれている状況が、危険なのか安全なのか、判断しかねているのでしょう。危ないと分かればすぐに逃げられるよう、片手を上げて準備万端にしているのです。

まとめ

まとめ

丸っこくてもふもふしていて、加えてぷにぷにの肉球が付いている猫の手。ファンが多いパーツの一つです。

ぎゅっとしたり開いたり、猫の手の動きは魅力に溢れています。猫の手は繊細な部分でもありますので、不用意にぎゅっと握る事は避けましょう。

猫によって感度はまちまちで、触ろうとするとシュッと引っ込める猫もいれば、触られてもあまり気にしない猫もいます。かわいいかわいい猫の手。大切に守っていきましょう!