猫がバンザイする意味とその時の気持ち

猫がバンザイする意味とその時の気持ち

寝ている猫によくみられるバンザイ、とっても可愛いですよね。ついクスッと笑えてしまうあのバンザイには、どんな意味が込められているのでしょうか。猫がバンザイする理由について紹介していきたいと思います。

1371view

猫がバンザイする意味

バンザイしている子猫

安心している

動物全般に言えることですが、お腹は肋骨に守られていない箇所なので急に襲われたらひとたまりもありません。それ故、急所であるお腹は本来は隠すべき場所です。
しかも、お腹を見せるあのバンザイのポーズは、襲われそうになってもすぐに逃げられる体制ではないですよね。ですから、いつ身に危険が迫るか分からない野良猫の殆どはバンザイのポーズをしません。

それなのに飼い猫があんなにのびのびバンザイしているのは、飼い主さんを信頼しているからです。この人は安全だ、この場所は危険ではないと分かっているので、あの無防備なポーズをすることが出来るのです。

リラックス中

日が当たる場所でバンザイしている時はリラックスしていると言えます。
温かくて心地よいので嬉しいのでしょう。

遊んでアピール

遊んでほしい時にもバンザイをします。
子猫の時、バンザイして母猫に甘えることがあります。兄弟猫にもバンザイをして「遊ぼう!」とアピールします。
成猫になってからもその名残で、ゴロンと横になり、お腹を見せて「遊んで」と訴えかけることがあります。バンザイでアピールされたら一緒に遊んであげると喜びますよ。

なお、この時は遊んで欲しいのであって撫でて欲しいわけではないので、撫でたりすると「違う!」と言わんばかりに噛まれたり猫キックを食らうハメになります…

暑い

夏や暖房がかかっている部屋でだらーんとバンザイをしていたら、それは暑いと感じている可能性があります。
猫は肉球からでしか汗をかけないので、暑いときは身体を伸ばし、身体全体を使って熱を逃がそうとします。

最近よくバンザイで寝ている、食欲も落ちたと感じたら、それは夏バテや熱中症などが原因かもしれません。
暑くなり過ぎないよう、室温には十分注意しましょう。

退屈

飼い主さんを見ずに短時間で終わるバンザイは、退屈に感じていたり、なにか嫌なことがあったなど、あまり良い理由ではないときがあります。
こういう時は猫なりに気分転換をしようと思ってバンザイをしているので、無理に構おうとはせず、しばらくそっとしておいてあげるといいかもしれません。

猫がバンザイしたまま寝る

バンザイして眠っている猫

バンザイしている姿の多くは寝ている時に見ることが出来ます。
その多くは、安全な場所だと思っているからつい気が抜けてあんな寝相になってしまったといったところでしょう。
室温や気温が高い日なら暑いということもあるかもしれません。
どちらにせよ、飼い主さんに気を許している証拠と言えます。

猫がバンザイして抱っこをせがむ

仰向けでバンザイする子猫

まれに、飼い主さんに抱っこして欲しくて立ち上がり両手を伸ばしてバンザイする子もいます。

こちらの猫、バンザイで抱っこされています。
身体をまっすぐに伸ばし、持ち上げられても崩れることのない完璧なバンザイ、もうこれは飼い主さんに全てを委ねきっていますよね。

こんな風にバンザイして抱っこをせがむ猫は結構珍しいのではないかと思います。
愛猫に「抱っこ」と言わんばかりにバンザイされたら、どんなに忙しくても抱っこしてあげたくなっちゃいますね。

猫がバンザイしている可愛い画像まとめ

ベッドで寝ていたけど、次第に暑くなってきて出てきちゃった感じでしょうか?かなり海老反りなところがまた可愛いですね。

こちらの猫もバイザイ寝をしています。
小さな頃から変わらずの寝相、ほのぼのしてしまいます。

ソファーのへこみでバンザイ 。
このままだといつか落ちてしまいそうです。
バランス感覚の優れた猫だから出来ることなのでしょうね。

何かを訴えていることは分かりますが、何を訴えているのかはちょっと分かりそうもありません。
こちらの猫も、もしかしたら抱っこをせがんでいるのかもしれないですね。それとも遊んで欲しいのでしょうか?
どちらにせよ、可愛いことには変わりありません。

まとめ

バンザイで伸びている子猫

沢山のバンザイとその意味を紹介致しましたがいかがだったでしょうか?
これからの季節、暖かいを通り越して時折暑い日もあり、さらにバンザイを見る機会は増えてくると思います。
これが信頼からくるポーズなんだと思うと愛しさも増しますよね。熱中症には気をつけて、今年もたくさんのバンザイを見せて貰いましょう。

人気のキーワード