江戸時代にタイムスリップできる猫カフェ!?「江戸ねこ茶屋」とは?

江戸時代にタイムスリップできる猫カフェ!?「江戸ねこ茶屋」とは?

江戸の町と猫には、深いつながりがあったと言います。特に、話題の「江戸ねこ茶屋」が開催される地、両国は、猫の報恩伝説で有名な猫塚のある回向院など、猫との縁がある土地です。そんな歴史ある町で開かれる「江戸ねこ茶屋」とは、一体どんなイベントなのでしょうか?

1280view

「江戸ねこ茶屋」とは?

「江戸ねこ茶屋」は、2018年6月15日(金)から8月31日(金)までJP両国駅西口、徒歩1分のイベント広間にて開催される、保護猫カフェです。

浮世絵を使い、江戸の長屋町を再現した会場内の住人は、全て「猫」。

保護猫がメインとなっているので、お気に入りの猫と出会った場合は、里親になる事も可能です。浮世絵と江戸の町、そして猫との触れ合いが融合した、またとない猫カフェ。

2018年の夏は、タイムスリップしたような歴史を感じる町に住む猫たちに、会いに行ってはいかがでしょうか?

江戸ねこ茶屋の詳細

江戸ねこ茶屋さん(@edonekochaya)がシェアした投稿 -

江戸ねこ茶屋は、どんな猫カフェなのでしょうか?

詳細をチェックしていきましょう。

会場

会場内は、神社やお茶屋、遊郭やお風呂まであります。粋な江戸の町並みにマッチする、猫たちの姿が至るところに。どこもかしこもフォトスポットですから、心置きなく、江戸の町にいる猫たちの姿を写真やビデオに納めてください。ただし、フラッシュは、避けて。

猫たち

江戸ねこ茶屋に住む猫たちは、新宿や吉祥寺に店舗を構える「里親募集型猫カフェきゃりこ武蔵野店」から来た猫たちです。

お気に入りの猫を見つけたらスタップに声をかければ、里親希望を出すことができます。

里親になる場合は、面談や審査を受けた上、江戸ねこ茶屋の会期終了後に、自宅へ迎える事が可能です。ただ、必ず里親になれるとは限りませんので、その辺りはご了承を。

グッズ販売

江戸ねこ茶屋には、そこでしか買えないオリジナルグッズも多数用意されています。巾着や手ぬぐい、豆皿、Tシャツなど、バラエティ富んだグッズの中から、お気に入りを選べます!「ねこ土産屋」で購入できますので、ぜひ、お立ち寄りを。

チケット

江戸ねこ茶屋のチケットは、全国のローソンやミニストップにあるLoppiで購入できます。

インターネット予約も可能。当日券が大人¥1,500、中学生・高校生¥1,200に対し、前売券は大人¥1,000、中学生・高校生¥800ですので、前売券を購入した方が断然お得です。

基本的に60分間の利用となりますので、延長する場合は20分ごとに¥500です。延長チケットは会場内の券売機にて、当日お買い求めください。残念ながら小学生以下は、入場不可となります。

開催概要

江戸ねこ茶屋の概要です。

  • 会期:2018年5月15日(金)〜8月31日(金)
  • 開場時間:11時〜20時(最終入場19時)
  • 開催場所:JR両国駅前 両国駅広小路(JR両国駅西口から徒歩1分)

公式Twitter
公式Instagram
公式Facebook:

まとめ

江戸ねこ茶屋さん(@edonekochaya)がシェアした投稿 -

浮世絵好きにも猫好きにも、たまらないイベントである、「江戸ねこ茶屋」。

歴史ある町、両国で、かわいい猫たちに触れ合ってください!江戸の町には「猫又伝説」があり、しっぽの長い猫ではなく、鍵しっぽの猫が好まれたと言います。

もしかしたら当日も、鍵しっぽの猫に人気が集中するかもしれませんね(笑)。江戸ねこ茶屋で、暑い夏に江戸の風情を感じつつ、自由気ままな猫たちの姿が、人々に癒しを与えてくれることでしょう。

人気のキーワード