猫に手ぬぐいを使う活用術とかわいい商品5選

猫に手ぬぐいを使う活用術とかわいい商品5選

猫の手ぬぐいを最近よく見かける事はありませんか?世の中には、猫の柄が入った商品がたくさんありますが、その中でも、昔ながらの日本の生活用品の一つである、「手ぬぐい」に焦点を当ててみました。タオルとはまた少し違った手ぬぐい。猫が手ぬぐいを使う方法と、人が猫の手ぬぐいを使う方法があります。猫に対してどのような手ぬぐい活用術があるのか、また、人が使う猫の手ぬぐいには、どのようなおすすめ商品があるのか、みていきましょう!

758view

猫の手ぬぐい活用術

猫とタオル

猫の手ぬぐいは、以下のような活用術があります。

  • 被り
  • 敷き
  • 引き立て
  • キャベツ巻き

オーソドックスな「手ぬぐい被り」

ピョン子さん(@neconecori)がシェアした投稿 -

こちらは、豆絞りの手ぬぐいを頭に巻いただけの、オーソドックスな手ぬぐい活用術です。どの猫さまにも似合いますので、一番活用しやすい方法でもあります。

ただ、手ぬぐいを猫が嫌がった時は、無理じいしてはなりません。しかし、手ぬぐいのちょっと古風な雰囲気がなんとも可愛らしいです。被りにちょうど良いサイズの手ぬぐいがにゃい!という方は、こちらをどうぞ。

ねこのかぶりもの かわいい かわいい ねこ泥棒 ふんわり和カラー 全5種セット

ねこのかぶりもの かわいい かわいい ねこ泥棒 ふんわり和カラー 全5種セット
1,730円(税込)

手ぬぐいを猫がかぶった雰囲気が楽しめます。

一番簡単な「手ぬぐい敷き」

sanankoさん(@sana_anko)がシェアした投稿 -

一番簡単な猫への手ぬぐい活用術である「敷き」です。猫は基本、暑い時以外は床などに直接座ることは少ないです。手ぬぐい、紙1枚でも、何かの上にお座りになる事がご作法のよう。

ですから、いつものお気に入りのお昼寝スポットに手ぬぐいを敷いておけば、自然とご活用頂ける事でしょう。

撮影時の背景に手ぬぐいを使った「引き立て」

maiko kagawaさん(@maicoro_28)がシェアした投稿 -

猫さまを撮影する際、手ぬぐいを背景にすればそれだけで、写真スタジオのような仕上がりに。猫さまのお身体の柄やカラーを引き立てるような、手ぬぐいを選ぶと良いでしょう。手ぬぐいは猫さまの引き立て役としても活用できるのです。

猫に手ぬぐいを使った「キャベツ巻き」

ぷるさん(@hakka0629)がシェアした投稿 -

手ぬぐいを猫さまの頭からすっぽりと被せ、首や胸の前で止めただけの「キャベツ巻き」。そのお姿はエイリアン…いえ、徳の高い老師のよう。

手ぬぐいを巻くだけで、猫さまの格がグッとアップします。もちろん可愛さも格段にアップ!某映画から広まった手ぬぐいを使った「キャベツ巻き」。一時ブームが起こりましたが、まだまだ、健在です。

手ぬぐいを使ったかわいい「服」


100円ショップに売っているお手軽な手ぬぐいで、猫さまの服を作る術も。粋なアロハシャツ、晴れ着、ウエディングドレス、浴衣まで作れてしまいます。これは画期的ですねぇ!作り方動画を参照して、猫さまに似合う服、作ってあげてくださいね。

手ぬぐいを使った晴れ着

手ぬぐいを使ったウエディングドレス

手ぬぐいを使った浴衣

かわいい猫の手ぬぐいおすすめ5選

洗濯ものと猫

猫さまに手ぬぐいを活用するのも良いですが、猫柄の手ぬぐいには、かわいいものが盛りだくさんです!おすすめの猫柄手ぬぐいを、ご紹介しましょう。

浮世絵手ぬぐい

猫の曲手まり国芳の浮世絵二重ガーゼ手ぬぐい
648円(税込)

浮世絵といえば、江戸時代を代表する日本文化の一つですが、江戸時代にも猫好きな人は、たくさんいました。浮世絵師である歌川国芳もその一人。猫を人に例えた大胆な浮世絵が、手ぬぐいになっています。

猫づくしな手ぬぐい

kenema 手ぬぐい 注染 生き物 猫づくし 36×90cm 51692
1,296円(税込)

手ぬぐいの全面、猫!猫!猫!正に「猫づくし」とは、この事です。手ぬぐいとして使うだけではなく、テーブルクロスや壁に飾っても○。外国の方へのお土産にしても、喜ばれそうです。

LINE FRIENDSが招き猫になった手ぬぐい

LINE FRIENDS 手ぬぐい 招き猫
1,404円(税込)

おなじみのLINEメンバーが縁起物である招き猫になった手ぬぐいです。1枚の手ぬぐいの中にたくさんの招き猫がいるので、見ているだけも楽しい手ぬぐいです。

猫柄手ぬぐいタオル

今治産タオル フェイスタオル 布ごよみ ネコ サンドベージュ
648円(税込)

日本最大級のタオルの名産地である、愛媛県今治市から、手ぬぐいの良さとタオルの吸水力を併せ持った、猫柄手ぬぐいタオルが届きました。渋めな色とデザインなので、老若男女、年齢性別関係なしに、使えます。普段使いにも良し、温泉で使っても良し。猫好きさんとの会話が盛り上がりそうな、手ぬぐいです。

注染手ぬぐい

airashika(あいらしか) 和雑貨 注染手ぬぐい『花火猫』 下町花火と親子猫 夏祭り 33×90cm
1,620円(税込)

伝統的な技法である「注染」を使って、1枚1枚丁寧に、職人さんによって染められている猫柄の手ぬぐいです。柄が美しいのはもちろんですが、その風合いは、機械染めでは出せない美しさを感じさせます。手ぬぐいとタペストリー棒、額縁のセットもありますので、飾って楽しむのも、良いですね!

まとめ

洗濯ものの中にいる猫

今では、手ぬぐいを使う日本人は少なくなったでしょうが、それでも後世に残していきたい、日本文化の一つです。もちろん猫さまにも手ぬぐいを活用して貰い、次の世代へと伝えていって貰いましょう!

人気のキーワード