猫が前足で顔を触ってくる時の4つの気持ち

猫が前足で顔を触ってくる時の4つの気持ち

猫が前足で顔を触ってくる経験をした飼い主は多いのではないでしょうか。猫が前足で顔を触ってくることにはちゃんと理由があるんですよ。今回は、猫が前足で顔を触ってくる理由と対処法についてまとめました。

6209view

猫が前足で顔を触ってくる4つの理由

仰向けで手を伸ばす猫

1.猫が前足で顔を触ってくるのは何か伝えたい事がある

猫が前足で顔を触ってくるのは、「お腹空いた」「トイレを掃除して」など猫から飼い主にお願いがある場合があります。

早朝に飼い主の顔をちょんちょんと触って起こす、という話をよく聞きますよね。飼い主に気付いてもらうために前足で顔を触ってくるのです。

シニア猫や病気などでトイレに行くのに介助が必要な猫の中には、「トイレに行きたい」と飼い主に知らせるときに、前足で顔を触ってくることがあるようです。

以上のような要求をするときに猫が前足で顔を触ってくるのは、「顔を触った方が飼い主が反応をしてくれる」と学習したからとも言えるでしょう。

2.猫が前足で顔を触ってくるのは「遊ぼう!」の意味

猫が前足で顔を触ってくるのは、遊んで欲しい時や構って欲しい時にもする仕草です。猫が前足で顔を触ってきたあとに、走って去る場合は、「遊ぼう!」と誘っています。

他には、顔を触った後に少し歩いて振り返るという行動も猫からの遊びのお誘いです。「こっちで遊ぼう」と言っているのでしょう。

3.猫が前足で顔を触ってくるのは「注目して欲しい」

猫が前足で顔を触ってくるのは、ごはんやトイレなどのはっきりとした要求だけではありません。飼い主が自分に注目してくれないときに、前足で顔を触ってくるのです。

例えば、飼い主がごはんを食べたり、他の家族と仲良く話したりしているときに、顔や体を前足で触って「こっちを見て」とアピールする猫がいます。顔を触ることで気を引こうとしているのですね。

4.猫が前足で顔を触ってくる理由「甘えている、愛情表現」

飼い主に甘えたり、信頼している気持ちを表現するために、前足で顔を触ってくることがあります。猫を抱っこすると顔に手を伸ばしてくる、一緒に布団で寝ていると顔に手を置く、といった経験をした飼い主もいると思います。

猫が前足で顔を触ってくる場所は、飼い主の頬や口元が多くありませんか?頬や口元は柔らかく、母猫といたころを思い出しているのかもしれません。また、顔を触ることで飼い主に対して、話しかけていると感じている飼い主も多いです。

「ねえねえ」「ここ、暖かくて気持ちいいね」など、猫が飼い主に話しかけていると思うととてもかわいいですよね。時には、朝飼い主に「起きて」という理由だけで触ってくることもあります。

猫が顔を触ってきたあとに、目を合わせたり、返事をしてあげたりするだけで満足気な時は、一緒にいて幸せという気持ちを伝えているのでしょう。

猫が前足で顔を触ってくる時の対処法

人間の鼻を触る猫の前足

猫が前足で顔を触ってくる時はゆっくりまばたきをする

猫が前足で顔を触ってくるのが信頼しているサインである時は、ゆっくりとまばたきをしてお返ししてあげましょう。猫にゆっくりまばたきをする事でこちらも信頼している、大好きだよと猫に伝える事ができるのです。

猫が前足で顔を触ってくるのを止めて欲しい時

猫が前足で顔を触ってくると「うれしい」と感じる人もいますが、頻繁にされると困ってしまうこともあります。顔を触ってくるときの対処法は以下のようなものがありますが、猫の性格にもよるので必ずやめさせるのは難しい場合があります。

  • 猫が要求してくる前に行動する
  • 「待っててね」など話しかける
  • 寝る部屋を分ける

早朝に猫が前足で顔を触ってくることで起こされるという場合は、飼い主とは別の部屋で夜を過ごすようにしたり、ケージを使用するという方法があります。

また、朝は自動給餌器の設置や、転がすとフードが出るエッグササイザーを寝る前に用意しておくと、飼い主を起こすことが少なくなるでしょう。

猫は甘えたり要求をしたりするときに爪を出すことはありませんが、甘えの中でも前足をグーパーグーパーと動かす「フミフミ」をするときは爪を出している場合があります。

よく前足で顔を触ってくる時は爪切りをしておく

また、猫が何度も訴えているのに飼い主に気づいてもらえないときも、爪を出していることがあります。前足で顔を触ってくるという猫を飼っている場合は、ケガの予防のためにも、爪切りを欠かさず行いましょう。

猫が前足で顔を触ってくるのは「やめて」のサインのときもある

爪を出して前足を伸ばす猫

猫の愛情表現や要求で前足で顔を触ってくるケース以外に、猫が「やめて」と感じているときも顔を触ることがあります。猫を構いすぎてしまったときに、前足で顔を触ってくることがあるのです。

その時の猫の表情を見ればなんとなくわかりますよね。爪を出して「猫パンチ」になってしまっていることもあります。中には、その時の飼い主の反応を面白がって前足で顔を触ってくる猫もいるのです。そんな時は、反応をせずにその場から離れましょう。

まとめ

前足を伸ばして寝ている猫

猫が前足で顔を触ってくると猫好きはうれしいと感じますよね。「おいでおいで」のような前足の動きや、肉球がそっと触れる感覚などがかわいくもあり、幸せな気持ちになります。

前足で顔を触ってくるのは、猫から飼い主への愛情表現やしてほしいことがあると伝えたいためです。猫は人間でいうと2歳から3歳程度の知能があるとされています。

そのぐらいの子どもだと思うと、なんとなく猫の気持ちもわかりやすいかもしれませんね。とは言っても、相手は猫です。抱っこしてほしいのかと思えば違ったり、遊びたいのかと思えばそうではなかったりと、気まぐれなときもあるでしょう。

猫と言葉で会話はできませんが、前足で顔を触ってくる時の猫の気持ちを理解して、猫との絆を深める参考にしてみてください。

人気のキーワード