猫が嫌がる事や仕草について~触る場所、音や香り、人の仕草~

猫が嫌がる事や仕草について~触る場所、音や香り、人の仕草~

猫が嫌がる事は極力したくないものです。愛猫に快適な暮らしを送ってもらうために、猫ちゃんと仲良くなるために、猫の嫌がることを極力しないようにしたいですよね。猫が嫌がることとは具体的にどのようなことがあるのでしょうか?猫が嫌がる時の仕草も併せてご紹介します。

2640view

猫が嫌がる触ってほしくないところ

嫌がる猫

後ろ足

猫が触られてもっとも嫌がるのは、後ろ足です。後ろ足を触ったり撫でたりするとキックをされるので注意をしましょう!さらに足の先も嫌がる猫が多いので足は触らないよにしてあげる、触るとしても優しく触ってあげるようにしてください。

しっぽ

尻尾を触ると猫は嫌がります。猫にとってしっぽは敏感な箇所らしく、踏まれるのはもちろん触られるのも嫌がる猫は多いのです。愛猫に嫌がるようなことをしないためにも、しっぽは極力触らないようにしましょう。

猫が嫌がる匂い

伸びる猫

柑橘系

猫は柑橘系の匂いを嫌がる子が多いです。ミカンやグレープフルーツなどの匂いはもちろん歯磨き粉などに使われるミントの香りを嫌がることもあります。お部屋の中に芳香剤を置くときは柑橘系の匂いを避けるようにするだけではなく、ご自身でつける制汗剤の匂いも柑橘系の匂いは避けるようにしましょう。

アロマの匂い

人間にとっては癒しアイテムであるアロマの匂いも猫にとっては嫌がる匂いなのです。

またハーブの匂いや香辛料の匂いなど、刺激が強く香りを楽しむようなものは猫が嫌がる匂いである傾向が強いので極力お部屋に置かないようにするだけではなく、猫が嫌がるハーブは猫の前で使わないようにしましょう。

男性の汗の匂い

猫だけではなく、哺乳類全般が男性の汗の匂いを苦手としている。そんな男性にとってはショックな結果が最近の研究でわかってきています。理由ははっきりとしていませんが、自然界で雄が単独でいるのは攻撃的になっている時のため嫌がる猫が多いのでは言われています。とにかく男性の汗の匂いを嫌がる猫ちゃんが多いので、男性は常に清潔な状態を保つように心がけましょう。

タバコの匂い

猫にとってタバコの匂いは嫌がる匂いの1つとして知られています。タバコは受動喫煙によって、肺がんなどのリスクを高めることもわかっていますので、猫の前ではタバコを吸わないようにしましょう。

猫が嫌がる音

耳を掻く猫

大きな音

猫は基本的に大きな音を嫌がる傾向にあります。猫は人間の10倍の聴力を持っていますので、いきなり大きな音がなったら驚いてしまいます。猫が嫌がるようなことをしたくないならば、極力大きな音はたてないように気を付けてあげましょう。

低くて大きな声

低くて大きな声は猫が嫌がる音です。

猫は男性よりも女性に懐きやすい。そんな話を聞いたことはありませんか?そのように言われる理由は、猫は低くて大きな声よりも少し高めの優しい声を好む傾向にあるためです。そのため、男性を嫌うというよりは低くて大きな声の人を嫌がる猫が多いというほうが正しいのです。

また猫が怒鳴り声も嫌がる傾向にありますので、男性の低くて大きな声で怒鳴られたらすぐに嫌われてしまいます。猫に嫌がるようなことをしたくないのであれば、少々高い声で優しく話しかけてあげることを心がけましょう。

金属音

金属音は猫が嫌がる音です。猫は高い周波数でも聞こえるとても高性能な聴力を持っている動物です。そのため、人間でも耳につくような高い金属音は人間が感じている以上に不快に感じる音のため、金属音を嫌がる猫はとても多いです。

また猫の耳は人間では感じられないような機会が動作する音も不快に感じるため、パソコンの邪魔をする猫達はかまって欲しいと思っているのと同時に、パソコンの動作音に不快感を覚えているため作業を邪魔しようとしているのでは?とも言われています。

くしゃみ

猫にとって嫌がる音として意外なのがくしゃみの音です。人間のくしゃみの音は、猫にとっては雷などの嫌がる音に聞こえ、人間がくしゃみをするたびにストレスを感じている可能性もあります。

そのような無用なストレスを与えない為にも、くしゃみをするときには極力大きな音が鳴らないように、口元を布で抑えるなどの工夫をして猫の嫌がる音を抑えるようにしましょう。

猫が嫌がる人の仕草

ちょっかいを出す猫

いきなり近づく

猫はいきなり近づいてくる人を反射的に嫌がる傾向にあります。急に動き出したり、寛いでいるところにいきなり抱き着いたりする人にはとても不快感を覚え嫌がる傾向にありますので、愛猫に嫌われたくないと思うならばいきなり近づくのはゆっくりと近づいてあげるようにしましょう。

目を見つめる

人間は信頼している人や、話を真剣に聞くときなどは目をしっかりと見るのがいいとされていますが、猫の世界では目をジッとみつめるのは喧嘩を売っている合図になります。

そのため愛猫があまりにもかわいいからと、目をジッと見つめているという方は愛猫が嫌がる行動を取っている可能性があります。猫が嫌がるので十分に注意をしましょう。

寝ているところを邪魔する

猫にとって寝ているところを邪魔されるのは、とても嫌がることです。せっかくの至福の時を邪魔されるのは不快以外の何物でもありません。寝ているところを無理矢理撫でたり、寝ているところにちょっかいを出すようなことをするのは大変よくありません。猫が嫌がる事はやめるようにしましょう。

猫が嫌がるときにする仕草

外を見る集団でいる猫

猫は嫌がる行動をされると言葉で抗議をしないかわりに仕草で意思を伝えます。そのような仕草にはつぎのようなものがあります。

  • しっぽを床に叩きつけ激しく降る
  • 耳を倒す
  • ひげを寝かせる
  • 目をジッと見つめる

このような仕草がみられたら愛猫が嫌がる態度を見せている証拠です。ぜひ愛猫が今嫌がっているのか嫌がっていないのか、基準にしてくださいね。

まとめ

見上げる猫

猫が嫌がる13の事をご紹介しました。今回ご紹介できなかった嫌がることもまだまだあります。

猫がストレスをため込むような嫌がることは何か?しっかりと理解するようにして、愛猫が嫌がることをしないようにしましょう。

人気のキーワード