保護猫を飼っている、飼う予定の方へ!『ウイルス感染症』知っていますか?

保護猫を飼っている、飼う予定の方へ!『ウイルス感染症』知っていますか?

保護猫は元々外で生活していたためウイルス感染症にかかっている可能性が高いです。もし感染症にかかっていた場合、予後が悪く命にかかわります。また同居猫にうつってしまいます。血液検査で感染症にかかっているか分かりますが大半の猫ちゃんは検査を受けていません。感染症を拡大させないためにもウイルス感染症について知っておく必要があります。

953view

野良猫はウイルス感染している割合が高い!

横たわる黒猫

猫ちゃんを飼っている7割〜8割は雑種猫といわれています。私の愛猫チャロと同じ野良猫を拾ってきたり保護団体から譲ってもらった経由が多いです。外で生活をしていたためウイルスに感染している可能性があります。

見た目は元気でもある日症状を発症した場合、治療法がなく高い確率で命を落としてしまいます。また同居猫に感染症を移ってしまいます。

猫の感染症にはどんな物がある?

感染症の猫

猫白血病ウイルス感染症

感染猫の唾液や涙、排泄物、血液にウイルスが含まれいるため食器の共有やグルーミング、喧嘩の傷などで感染おきやすいです。また母猫が感染していた場合、仔猫は胎盤を介しての感染や母乳を飲む事で感染します。

ウイルスに感染しても100%病気を発症する事はありませんが免疫力が低下した場合に発症します。様々な臓器に障害をあたえ腎臓疾患や貧血などの骨髄疾患(血液病)、リンパ腫(悪性腫瘍)、敗血症、肺炎、口内炎を発症します。

発熱や下痢、貧血、リンパが腫れる事により食欲不振や元気喪失になります。対症療法しかないため免疫力が低下し症状が治りにくく命を落としてしまう事があります。

この猫白血病ウイルス感染症はワクチン接種で予防する事ができるため感染猫と暮らしている同居猫や外に出る習慣のある猫ちゃんは特にワクチン接種をする必要があります。

もし感染猫がいた場合は他の猫にうつさないように接触を控えてください。食器を別々にしたりゲージに入れて隔離する必要があります。

猫免疫不全ウイルス感染症

唾液にウイルスが多く含まれているため感染猫との喧嘩による傷から感染します。グルーミングによる感染はしにくいといわれています。症状は主に5つのステージに分けられています。

①急性期
感染してから約1〜4ヶ月後に発熱や下痢、リンパの腫れなどの症状がおきます。

②無症状キャリア
無症状となりますが抗体(免疫の元)が陽性反応のまま数ヶ月〜数年間持続します。
その間に病気に対する免疫力が低下してしまうためウイルスや細菌等に感染が受けやすくなります。

③持続性全身性リンパ肉腫
全身にリンパ節の腫大がおこります。

④AIDS関連症候群
呼吸器疾患、消化器疾患、皮膚炎、口内炎、傷が治りにくい、緑内障などがおこります。
大半の場合は余命1年程といわれています。

⑤AIDS期
重度の削痩や貧血、日和見感染、悪性腫瘍をおこしやすくなります。

対症療法しかないため傷が治りにくくなり、症状を発症した場合予後がよくありません。
予防は喧嘩防止のため外に出さない事です。

まとめ

病院で診察を受ける猫

ウイルスに感染している場合、何らかのきっかけで症状を発症してしまいます。現在では対処療法しかなく予後はとても厳しいです。感染しないように予防をするしかありません。

猫白血病ウイルス感染症に関しましてはワクチン接種で予防する事ができます。また同居猫がいる場合は接触をしないように隔離したり食器やトイレをそれぞれ分けてください。予防策は非常に大事ですが1番は愛猫が感染症にかかっているかウイルス検査をする必要があります。

特に野良猫で拾ってきた、保護団体に譲っていただいた猫ちゃんは要注意です。ウイルス検査は血液で陽性か陰性か調べる事ができます。もしまだ調べてなかったり、今後保護団体で猫ちゃんを飼おうと考えている方はウイルス検査をしてください。

スポンサーリンク

人気のキーワード