猫の心臓の働きが低下する病気『肥大型心筋症(HCM)』最新の研究でわかった早期発見の方法とは?

猫の心臓の働きが低下する病気『肥大型心筋症(HCM)』最新の研究でわかった早期発見の方法とは?

ペルシャ、メインクーン、アメショなどで好発する肥大型心筋症。遺伝子がかかわると言われていますが、ミックスちゃんにも実は多い病気です。早期発見は難しい病気ですが、最近は研究が進んできたようです。

701view

肥大型心筋症(HCM)は見つかりにくい

猫と♡

HCMの一般的な症状

HCMは、人間でも見つかっている心筋症の一種です。心臓の筋肉が厚くなり、血液を送り出す心室が小さくなってしまいます。その結果、運動したくなくなったり、ぜえぜえと喘いだり、あるいは、から咳を繰り返したりします。

また、心臓でできた血栓が後ろ足の血管に詰まり、痛みと共に足を引きずったりして気が付かれることもあります。(この場合は昼夜を問わず緊急受診してください)

メインクーンが有名ですが、ペルシャ、アメショでも同じ変異が多いとされており、また、ミックスちゃんにも普通に見られる病気です。

猫のHCMを早期発見する新たな方法

猫心音を効く獣医

いままでは、早期発見は定期健診で心雑音がして偶然見つかったり、大きな病院で心室の血流を見られる特殊なエコーなどが使われてきました。

しかし最近、血液検査でかなりの精度でわかる検査方法が出てきたようです。
※実際は高感度の検査装置が必要なため、まだ一般的ではないようです。

その検査とは、心臓の機能にかかわるタンパク質、【心筋トロポニンI】と言われる物質を高精度ではかることです。

心筋トロポニンIは高感度かつ、特異的に、他の点で健康な猫(基準値0.06ng/mL)からHCMを診断するスクリーニングテストとして利用することが可能であろう。しかし、確定診断には心エコーが必要である。

出典:Cardiac troponin I can be used as a sensitive and specific screening test for the diagnosis of HCM in otherwise healthy cats (cutoff, >0.06 ng/mL). However, echocardiography is needed to confirm the diagnosis.
(Journal of veterinary internal medicine2019May01Vol. 33issue(3))

HCMの早期発見でそなえられること

気になる品種、症状の子は早めに検査

ねこと飼い主

HCMの中はいろいろな種類があるため、早期発見し、詳しい検査をすることで的確なお薬を使い始めることができます。肥大を抑える可能性のあるACE阻害剤や、血栓を抑えたり不整脈のケアをすることができるのです。

また、日常でも体重を適正に保ったり、ストレスをさけ、心臓に負担の少ない生活にすることができます。これは、猫の生活の質をあげ、健康な時間をのばしてあげることにもつながります。

参考文献:
ネコの肥大型心筋症の診断のためのスクリーニング検査としての敏感な心臓トロポニンIアッセイの評価

九州大学大学院

スポンサーリンク