猫の愛情表現における4つの仕草とその意味

猫の愛情表現における4つの仕草とその意味

どの行動が猫の愛情表現なのか知っていますか?愛猫と飼い主の信頼関係を築くために、愛情表現の行動パターンをぜひ知っておきたいですよね。それでは、いろいろある猫の愛情表現をご紹介します。

5495view

猫の愛情表現の行動はいくつかあります。意味を知って絆関係を深めましょう。

猫の愛情表現① キックする

猫の愛情表現として、猫がタオルや座布団をがっちり捕まえて噛みついたり、後ろ足で切蹴りを出すことをいいます。【けりけり】ともいいます。飼い主さんの腕にもする場合がありますので怪我をしてしまう場合もあります。なぜ猫キックをするのでしょうか?
これは野生時代のなごりで狩りの一つで前足で押さえつけて後ろ足で蹴り、獲物にダメージを与えるための行動なのだといいます。どうしてこのような行動をするのでしょうか?

遊びたい

遊んでいる猫

猫キックをした時は遊びたくて構ってほしい気分の行動だと思われます。家族が帰ってきた時もけりけりをします。嬉しい気分の表れの時もします。

ケンカごっこ

猫同士で行われる時は本気のケンカではなくケンカごっこをしているだけなのです。実際は爪は出ておらず噛み方も控えめです。猫同士でじゃれて遊んでいるだけなのです。

猫の愛情表現② 顔すり寄せる

足元の猫

猫の愛情表現で、急にゴロゴロと喉を鳴らして頭すりすりしてくる行動はよく見ます。私の家の愛猫もよくします。この行動は「こすりつけ行動」の現れと思われます。顔にこすりつけてくるのは匂いの分泌腺があり分泌されるホルモンは「フェイシャルホルモン」といい、猫同士のコミュニケーションに使われています。飼い主さんの服やタオルの上に座っているのは落ち着くためだと考えられます。なぜこのような行動をするのでしょうか?

大好き行動

先ほどのように匂いをこすりつけるような行動は猫の好きな場所だったり物だったりします。飼い主さんの顔にもすりすりしてきます。このような考えから飼い主さんとコミュニケーションをすることで愛情表現しているものと考えられます。またこの人は私の物と勝手に所有物扱いしているとも考えられます。

ご飯が食べたい時やおねだりの時

猫は賢い動物であるため、飼い主さんがどんな反応をしたかをきちんと覚えています。つまり飼い主さんがいつもより構ってくれたということをきちんと覚えているということです。飼い主さんが食事の準備やキッチンに行くとついて来てご飯のおねだりをしてくるのです。

構ってほしい時

猫がすりすり寄ってくるのは甘えたいと感じている時です。飼い主さんに大好きアピールの愛情表現をしているのです。このような時は猫が満足するまで構ってあげましょう。満足すると猫から離れてくれます。

猫の愛情表現③ 前足で踏む

飼い主さんが寝る時や抱っこした時に前足でふみふみしている時があります。愛猫もよくふみふみしています。これは仔猫の時に母親のお乳を飲む時に乳腺をふみふみすることで刺激して母乳を飲んでいるのです。猫は気持ちよく甘えているので満足するまでやらせてあげましょう。無理にやめさせる必要はありません。

愛情表現

これは最大の愛情表現を飼い主さんに伝えていると考えられます。抱っこをした時や背中に乗ってきた時にすることが多いです。母親を連想してふみふみしているとも考えられます。

猫の愛情表現④ 喉をゴロゴロ鳴らす

喉を触らている猫

猫を構ってあげた時喉をゴロゴロ鳴らしてきます。これは猫の習性で嬉しい時や安心している時に鳴らします。一般的な理由としては赤ちゃん返りが挙げられます。他に気持ちはあるのでしょうか?

幸せを感じている時

大好きな人と一緒にいて幸せを感じた時に喉を鳴らす事があります。飼い主さんの膝に乗ってる時や気持よく寝ている時に優しく撫でると喉を鳴らす事がありますが、これは幸せを感じている時のサインといえます。

気持ちを落ち着かせる時

びっくりした時やストレスを感じた時に落ち着かせるために喉を鳴らす事があります。ゴロゴロという音は人をリラックスさせる効果があります。ゴロゴロ音の周波数は20〜50hzの低周波で体の緊張をほぐす副交感神経を優位に立たせる効果があることがわかっています。自律神経やホルモンバランスを整える力があるといえます。たしかに私の愛猫のゴロゴロ音を聞くと気持ちが和らぐ感じがします。

まとめ

頭を撫でられている猫

私も猫を飼っていますが愛情表現をきちんとしてきます。飼い主さんとの信頼関係は大切なコミュニケーションといえます。気持ちを理解して幸せな時間を過ごしましょう。

40代 女性 かえまり

ねこちゃんの愛情表現とゆうのは、昔かっていた3びきのねこちゃんそれぞれで違いました‼長男は長い尻尾をパタンパタンしたりして甘えていたし、じなんはゴロゴロころがってきてあまえてきたし、末っ子はのどをごろごろゆわしてあまえていました。
長男はせいご数ヵ月でひろったので、天真爛漫で甘えかたが上手でスーパーボールであそんでいたら、ボールをくわえてもってきて、投げてといってきたり、わかりやすい愛情表現のしかたでした。次男は捨て猫さんだったので甘えるのがへたでしたがゆいいつの愛情表現としては家族がいるばしょにごろごろと転がってきてひっつくとゆうことでせいいっぱいだったようですし、末っ子は、お話をしたり寂しくなるとのどをごろごろゆわしてすりすりひっついてきました。それぞれの、愛情表現でしたが、ものすごく可愛かったし性格もさまざまでたのしくもあり、面白かったです!

40代 男性 ちゃたのちゃんこ

四つの愛情表現、 うちの猫もよくやります。けりけりなどは猫が食事中に私をじっと見ていることがあり、指でテーブルの柱をコツコツ叩いたり、チョコチョコ動かしていると狙いを定めて飛びつき、前足でしがみついて盛大にやってくれます。
多分遊んで欲しいのだと思うのですが、なかなかの威力で痛い時もあります。
足でふみふみもよくしますが、あれって爪が当たって結構痛いですよね。でも赤ん坊の頃を思い出してやっていると思うと、なんだか切ない気持ちにもなり、いつも我慢しています。ちなみに、ふみふみと同時に服に吸い付くので、我が家では「チュパチュパ」と呼んでいます。そういえば立って用事をしている時、後ろ足で私の足を踏むのはどうしてなんでしょうか? 何か意味があるのでしょうが、これも愛情表現だと勝手に解釈しています。

20代 女性 サン

猫の愛情表現で一番びっくりしたのがキックをすることです。
タオルなどを捕まえて噛みついたり後ろ足で切り蹴りを出すことを言うそうです。
けりけりとも言われています。蹴られるので飼い主さんがけがをする場合もあるので気を付けなければいけません。
どうしてキックをするのかというと、狩りをしていた野生時代に前足を押さえて後ろ足でけって敵にダメージを与える行動として使われていました。
他には遊びたいときにもするみたいです。うれしい気分の時に遊んでほしくてけりけりします。
猫同士が喧嘩しているときもあるかと思います。それは、喧嘩しているのではなくごっこをしてじゃれあって遊んでいます。

ゴロゴロと鳴らして頭すりすりしていることもあります。
こすりつけ行動と言って匂いの分泌されているフェイシャルホルモンという猫同士のコミュニケーションに使われているからです。よくうちの猫も帰宅したときにふくらはぎに頭をこすりつけたりします。
飼い主さんにする場合は落ち着くための意味もある服の上に乗ったりする行為もあります。
匂いをこすりつけるのは猫の好きな場所や物です。ご飯を食べたいときにもおねだりとして使ったりとか大好きアピールとして飼い主さんにかまってアピールに使ったりします。