猫が悲しいと感じた時にする5つの仕草

猫が悲しいと感じた時にする5つの仕草

猫が悲しいと思った時のしぐさとは?猫は様々な感情を私たちに向けてくれる動物ですが、悲しいと感じた時どのような仕草を見せるのかご存知ですか?悲しいと感じる理由は猫によってそれぞれですが、悲しいと感じているとき、どのような仕草をみせてくれるのかわかっていれば、愛猫の悲しい感情を読み取ることができます。もっと愛猫と仲良くなるためにぜひ悲しいと感じた時の猫の仕草を覚えておきましょう。

4805view

猫が悲しいと感じた時の仕草

悲しそうな猫

猫は悲しい時、しょんぼりと下を向く

猫は悲しいと感じた時、背中を丸めて下を向いてしょぼんというような仕草を見せます。まるで人間みたいな行動ですが、何か悲しいことがあるとしょんぼりしてしまうのは人間と一緒なのでしょう。愛猫を怒った後などに悲しそうに背中を丸めて下を向いていたら反省をしている証拠です。その可愛い背中に免じて許してあげてはいかがでしょうか?

猫は悲しい時、小さめの声で鳴く

猫が悲しいと感じている時の鳴き声は大変小さい物になりがちです。とても小さな消え入りそうな声で「ニャ・・・」「ニャーン・・・」と鳴いている場合は、悲しいことがあったのかもしれませんね。または飼い主が構ってくれないことに寂しくなって悲しい気持ちになっているのかもしれません。消え入りそうな声で鳴いている愛猫を見たら、優しく撫でながら「どうしたの?」と聞いてあげてはいかがでしょうか?きっと何か答えてくれるかもしれませんよ。

猫は悲しい時、ふみふみする

甘えるときにする行動として知られるふみふみですが、猫は悲しいと感じた時にもふみふみをすることがあります。悲しい気持ちをふみふみすることで自分自身を癒しているのでしょう。またふみふみは母猫の事を思い出して悲しい気持ちになっている時にも見られる行動でもあります。愛猫がふみふみしながらしょんぼりしているなら、きっと悲しい気持ちになっているのです。母猫のような大きな愛情でナデナデしてあげましょうね。

猫は悲しい時、飼い主をチラッとみる

落ち込んでいる時や悲しい時、飼い主をチラッと見る猫もいます。これは悲しい気持ちを飼い主に慰めてほしいのかもしれませんね。悲しい時以外にも、怒られて反省している最中に、もう怒ってないかな?と横目で確認をしているのかもしれませんね。いずれにしても、愛猫がチラッと見てきたら悲しい気持ちを慰めてあげるようにしましょう。

猫は悲しい時、尻尾をだらりと垂らす

悲しい気持ちの時の猫の尻尾の状態は力なくダラリとした状態になります。人間でも悲しい時は何もする気が起きず脱力してしまいますよね。それと同じで猫も悲しい気持ちの時は尻尾を動かす元気もなくなりダラリと垂れ下がった状態になります。

ただ猫はリラックスしている状態の時も尻尾をダラリとしていますので、尻尾だけではなく他の様子も参考にして愛猫が悲しい気持ちなのかどうか判断しましょう。

猫は悲しいと思っている飼い主を慰めてくれる?

ハートと猫

愛猫が悲しい気持ちの時に慰めてくれた!そんな経験はありませんか?猫は果たして飼い主の気持ちがわかるのかと聞かれると、猫と会話をすることはできませんので明確な答えを得るのは難しいでしょう。

ただ、猫は敏感に飼い主の雰囲気を感じ取ることができる、と考えられていますのでおそらく飼い主が悲しい気持ちになった時がわかるのだと思います。

その悲しい気持ちになっているのを汲み取って心配して寄り添ってくれたり、顔を舐めたりして慰めてくれるのですね。

もちろん、愛猫の性格によっては興味なさそうにしている猫もいるでしょうが、愛情深い性格の猫ならきっと悲しい気持ちの飼い主に寄り添うことで慰めようと頑張ってくれるはずです。

時には悲しい顔をしている飼い主をみて、猫ちゃんも悲しい気持ちになってしょんぼりしてしまうかもしれませんね。その時は、愛猫に心配をかけないためにも悲しい気持ちを愛猫の優しさで癒してみてはいかがでしょうか?

猫が悲しいと感じている時に慰める方法

猫を慰める

猫が悲しいと感じてしょんぼりしている時に慰めてあげる方法を最後にご紹介しましょう。

その方法とは、愛猫をたくさん撫でながら慰めの言葉をかけてあげることです。言葉はわからなくても、その言葉のニュアンスで慰めてくれているということが猫にも伝わるはずです。もし愛猫が嫌がらないのであればぎゅっと抱きしめながら愛猫のいい所を言葉で伝えてあげましょう。

何かよくわからないが飼い主に褒められている!とわかれば愛猫も嬉しくなって悲しい気持ちが吹き飛ぶかもしれません。悲しい気持ちになっている愛猫を慰めたいと思ったなら、一度試してみてはいかがでしょうか?

まとめ

膝の上にいる猫

愛猫が悲しい気持ちの時に見せる行動は様々でしたが、どれも何となく悲しいのかなとわかるような仕草ばかりですよね。愛猫と毎日接している飼い主様なら愛猫の感情にも気づくことができるはずです。

愛猫が悲しい仕草を見せた時、その悲しい気持ちを癒してあげるのも飼い主の役目ですよ。

人気のキーワード